dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.05.13(Tue) 20:03
プリンセスアニーで再度編み始めた「WAIST-CINCHER TOP」、↓まで進んだ。

プリアニで編んだブル


そして突然だけれど、もう「ウエスト何とか~」っていちいち英語で打ち込むのが面倒なので、このプルのこと、これからは便宜的に「サユリ」って呼ぶことにします。

何でサユリかって言うと、そんな気がしたから。

ボタンの花、赤


このサユリ、編み始めの頃は、途中のかけ目を忘れてしまって模様がずれるというハプニングに見舞われて数回ほどいたけれど、今はコツをつかんでスイスイと平和に進んでいる。

「ああ、やっぱりこれだなぁ、シンプルな模様をサクサク編んで無我の境地。これこそ編み物の醍醐味♪」ってルンルン気分で休日の午後をサユリと過ごしていたら、突然、奴が、現れた。

こぶ。

プリアニのこぶ


あやしか!これはまたアニーさん、ずいぶんと思い切ったコブ結びにしましたね。

その大きく飛び出た糸端は、燃え上がる不死鳥の翼のごとし。
その固く結ばれたコブの強度たるや、草加せんべいをバリバリ噛み砕く金歯のごとし。

イチジクの赤ちゃん


1年前の私なら、このような邪悪なこぶを前に、ただもう怯えるだけだった。子鹿のように震えて首を振るだけだった。
自信無かったもの。無情に襲いかかって来るこぶを、編地の裏側にうまく追い込める自信が無かった。

でも、今の私は違う。

「さあ、こぶ!どこからでもかかって来なさい」

ケヤキに藤の花


こぶは、息を潜めてこちらの手元に忍び寄って来た。
一針一針編み進むごとに、「フッフッフ・・・フッフッフ・・・」って不気味な笑いを洩らしながら私の手元ににじり寄って来た。

ああ。哀れなこぶ。この私に勝てると思って?昼にコロッケを5個も食べたのよ?

私は残忍な笑みを浮かべながらこぶを手元に引き寄せ、それから目を閉じて大きく息を吸って、そして・・・・一気に表編み!!

プリアニのコブ(裏地より)


邪悪なこぶは無事処理されて、編地の裏に。ふう。

私、この一年で確実に成長してる。前はここまで完璧にやりこなせなかったもん。
糸端が表に出ちゃったりして、後で閉じ針でねちねちと編地の間に押し込めないといけなかったもん。

プリアニのコブとキューピー 2


こぶと闘った、そんな1日。



今日も自分の食べ過ぎを人のせいにしながら、ブログランキングに参加中 ↓

だってクッキーとかスナック菓子とか和菓子とか「鮮度の落ちやすいもの」をたくさん買って来るんだもん。食べた私が悪いんじゃないもん、買って来た人と「鮮度の落ちやすい」お菓子が悪いんだもん。私の言ってること、間違ってる?  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:水色のプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。