dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.05.11(Sun) 20:14
やっとジレの片方の袖が完成した。

フィルダーの片袖、完成


長かった。ここまで本当に長かった。
一体何が辛いのかうまく説明出来ないんだけど、とにかく、辛い。
「あと1枚だから。あと1枚同じのを編めば終わるから」って必死に自分に言い聞かせてるんだけど、そう言っている自分の目がもうね、電池切れのパンダの目になってるから。

野の花(白)


このブログがなければ私、とっくの昔にこのジレ投げ出していたと思う。ブログのおかげでここまで来ることが出来たから、そのことには本当に感謝。

閉じたボタンの花


このところ秋田はググッと気温が下がって、朝晩寒いくらいになったけど、ゴールデン・ウィーク頃は連日30度を越すような陽気だったんだよね。

ゴールデン・ウィークのそんなある暑い日、私はとある実験を、この古ぼけた6畳間で地味に行っておりました。
その名も、「夏にウールは着用可能か?実験」

青空と雲 その2


みんなが旅行だ、海外だ、と華々しくレジャーに出かけるさなか、私はこの夏「本当におシャレなニットファン」になるため、ウールが気温何度まで着用可能か、粛々と実験を行っていたのです。

キッドクラシック試着の図 その3


着用したのはローワンのキッド・クラシックで編んだ半袖プル。
これは2年前の冬にフィルダーの英語版から編んだ私の記念すべきファースト・セーターで、なおかつ大失敗したセーターで、ほどくのが決定しているブツ。

半袖でオフタートル、という理由からこのセーターを実験対象に選んだけど、これがもう激しくチクチクして辛かった。が、歯を食い縛ってがんばる。

朝9時頃からスタートして、スタート時の気温は20度ちょっと。この位だと全然平気。暑くないよ。
湿度が低いせいもあったんだろうね。

その後気温は上昇して・・・・
温度計(26度)


26度に。
この位まで上がってもまだ平気。モヘア入りのウールでこれだけ行けるんだから、糸を選べば真夏でもウールOKな気がしてきた。

それから正午が近付くにつれて気温はさらに上昇。27度・・・28度・・・30度・・・・・

そしてドキドキの実験結果は?!

キッドクラシック試着の図 その2



「暑かったよ」

結論。
「やっぱ夏は、素直にTシャツ」

でも意外だったのは、26、7度くらいまでなら平気だったってこと。
「夏でもウール」の記事が書かれたのは今から20年以上も前だから、今より気温の低かった当時は夏でも本当に半袖ウールOKだったのかもしれない。

私の住んでいる土地の気候では、初夏の頃までなら普通にウールの半袖ニットとか着られるかもしれない。
今編んでいるジレが完成していたら、この時期ちょうど良いはおり物になっていたんだけどな。

気を取り直して、袖、編も。


ウール・コットンの1日も早い到着を念じて激しくサイババ・ペンダントを振り回しつつ、ブログランキングに参加中 ↓

はよ届け~、はよ~。 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。