dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.04.28(Mon) 19:39
「VK春夏号」の中にナチュラル・セレクションという記事があって、自然界の動植物から取れる繊維について各々手短に解説してあった。

Qiviutという高級繊維、私は今回初めて知ったんだけど、みなさんご存知でしたか?ジャコウウシから取れるとても貴重な毛だとか。カシミアよりも柔らかくて、ウールの8倍暖かいって。

興味を持たれた方は検索してみてください。目が飛び出るくらい高い糸だったよ。

動物から取れる繊維の一番最後に、シルクのことが載ってあった。つまり、おカイコ様のことが。

タイツリ草 その2


実は私、かつておカイコ様を飼ったことがあります。

小学4年生の時担任だった先生が、知り合いの養蚕家の方からおカイコ様を分けてもらえることになり、「クラスのみんなで育てましょう」なんて言い出したがために。

すでに「這い回る虫恐怖症」に冒されていた私は戦慄した。ほんと、転校したかったもん。

編みかけの前身ごろ、夜


カイコは数日後、段ボール箱に入れられて教室にやって来ました。

私は同じく虫嫌いな友人達と教室の隅に固まって、カイコの館(ダンボール箱)には絶対近付かなかった。でも世話はみんな交替ですることになっていたから、ある日とうとう順番が回ってきて、おそるおそる箱の中をのぞき込んだ。

するとこれが案外、気持ち悪くなかったのね。でっかい芋虫みたいなもんなのに、見ていると段々「めんけ~」ってなってくるから不思議。

ちなみに体の色は、自然界ではありえない真っ白。

編みかけの左右の身ごろ


カイコは基本的に桑の葉っぱしか食べない。人工飼料で育てる場合もあるみたいだけど、私達は桑の葉だけで育てることにしました。

カイコは新鮮な桑の葉しか食べなくて、何日も敷きっ放しの万年床化した古い葉は食べない。さらに育ち過ぎた固い葉も食べず、汚れた葉も食べず、まだ柔らかくてけがれを知らない若葉しか食べなかった。

左右の身ごろを重ねてみた


新鮮な葉が無くなるとカイコは後ろ足(?)で立ち上がり、ゆらゆら頭を揺らしながら、「葉っぱちょうだ~い、新しい葉っぱちょうだ~い」って催促するのね。

それで急いで葉っぱを取りに行って、「はいよ」ってあげても、それが固かったり汚れていたりすると再び立ち上がって、「もっと柔らかいのちょうだ~い、汚れてないのちょうだ~い」って訴える。

重ねた左右の身ごろを右から見る


彼らの食事は豪快で、まるで金歯で草加せんべい食べてるかのような「バリバリバリ」って音が、よく教室中に響き渡ってました。

気が付くとクラス中がおカイコ様に魅せられちゃって、その箱の周りにみんなよく集まって飽きることなく眺めてました。

長期の休みに入ると、みんなで数匹ずつ家に持ち帰って世話をして、途中病気で死んでしまったカイコのためにはちゃんとお墓を作ってそこに埋めてあげてた。

毎日がカイコ中心に回っていて、すごく楽しかったんだよ。でもやがて、カイコ達ともお別れする時がやってきた。

重ねた身ごろを左から見る


元気いっぱい「バリバリ」桑の葉を食べていたカイコ達が、あまり葉っぱを食べなくなり、「葉っぱちょうだい」ダンスもしなくなり、動きが緩慢になって、箱の隅でじっとしていることが多くなった。

体の色も次第に変わってきてね、ついにさなぎの季節が近付いたのです。

ある日、養蚕家の男性がカイコを引き取りに教室に現れました。先生と男性は箱の中のカイコを数えていて、これならクラスのみんなに一個ずつ繭がいき渡る、って頷いてた。それから私達のカイコを連れて行きました。

グッジョブ


「どんな繭が出来てくるか楽しみに待ちましょう」って先生は言ったけど、私達は繭のことなんかどうでも良くて、カイコ達の身にこれから何が起こるのか、そのことばかり心配していました。

「繭を取るって言うけど、一体どうやって取るんだろう?その時カイコ達はどうなるんだろう?」って。



ちょっと長くなったので、その後カイコ達がどうなったかは次回に続きます。

みんなたぶん知っていると思うけど。



「カイコたちの身に一体何が?!」とせいいっぱい盛り上げつつ、ブログランキングに参加中 ↓

↑の一連の写真は重ね合わせた三郎と四郎です。四郎は無事育っている模様。  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ   

Trackback(0) Comment(0) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。