dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.15(Tue) 12:50

IMG_0348.jpg


クリスマスケーキの予約。
どこのケーキにするか迷い中。

最初はケーキ屋さんのものって考えていたけど、段々コンビニのケーキも食べてみたいような気がしてきた。
どこのコンビニのケーキがおすすめか聞いても、みんなちがうコンビニ名をあげるので、ますます決断がゆらぐ。

ファミリーマートのミルフィーユ・シャンティ、和栗のモンブランも心惹かれるし、セブンイレブンのいちごのプリンセスショートケーキもおいしそうだし、ローソンの四角いケーキ詰め合わせ(9個入り)がいいって家族はいうし、一体どうすればいいものやら。

ケーキだけじゃなく、ピザやサンドイッチも魅力的。お肉もおいしそう。
いろんなものをちょっとずつ食べたいんだよねー。


毎年、今年こそはブッシュ・ド・ノエルを食べたいって欲望に駆られるんだけど、量が多くていつも断念してる。
周りにブッシュ・ド・ノエル好きがいないんだよね。
だからせっかく買っても、基本、よろこんで食べるのは私ひとりで、家族はつき合い程度につつくだけになるからね。
1人で食べるには、あの切り株、どう考えたって多いでしょ。
にもかかわらず、食べきれないはずの量の切り株をきっと自分なら食べきってしまうであろう現実が怖いから、断腸の思いで毎シーズン諦めている。


↑の写真は、岩手サファリパークのサル園にいた、ワオキツネザル。
おやつの果物を買って、サルの檻の中にはいって一緒に遊ぶことができるんだよ。
で、さっそくリンゴかなんか入った紙カップを持ってワオキツネザルさんたちのお宅にお邪魔したんだけど、ものの10秒もしないうちに肩に飛び乗ってきた方々(何匹も一気にきた)にカップを奪われ、コンクリートの床上にリンゴがばらまかれ、それを見た仲間がわらわらと樹上から降りてきてリンゴにむらがるさまを呆然と眺めるしかなかった。

ワオキツネザルは好奇心がものすごく旺盛で、頭がいい。

檻の入り口にある注意書きを読むと、ハンドバッグ等の口はかならずしめておくよう書かれてあった。
じゃないとバッグやポケットの中に手を入れて、中のものを抜き取ってしまうんだって。お財布とかスマホとかね。

そうなんだ、気を付けよー・・・・・ってな(いま思うと生半可な)気持ちで扉のむこうに回った途端、注意書きに書かれてあったことの重大性っつうか深刻性っつうかその度合いのすさまじさっつうか、「ああ、そうなんだ、ワオキツネザルの世界には、遠慮とかためらいとかものおじって概念は存在しないんだ」って思い知らされたよね。

ワオキツネザルの手ってつめたいの。感触はぺたぺたして、やわらかい。
その冷たくてやわらかくてぺたぺたした無数の黒い手がバッグに伸びてくる、伸びてくる。
注意書きを見て、バッグのファスナーはしめていた。
そのファスナーの先についてる飾りのタッセルがワオキツネザルの好奇心のツボにはまったらしく、やたらみんなでタッセルをにぎって、かじって、ひっぱって、あわよくば持ち去ろうとする。
はいてるジーンズのお尻のポケットにガンガン手をつっこんできて、何か抜き取れるものがないか探してる子もいるし、着ているパーカーのフードもやたらみんなにめくられた。
体には常時、6、7匹以上のワオキツネザルがよじ登って離れない。
ワオキツネザル・ツリーと化す人間たち。
もう満員御礼状態なのに、それでもまだガンガン飛び乗ってくる。肩にも、背中にも、腰にも。



ホントにもうね・・・・・楽しかった!!(動物好き)
旦那は、もう勘弁!!って言ってたけど(動物興味なし。ただし、黒猫以外)

ワオキツネザルに思いっきりたかられてみたい人には、お勧めのスポットだったよ。
 

Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。