dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.25(Wed) 10:26

マント、完成



『乙女のソーイング BOOK 2』 から



 『乙女のソーイングBOOK 2』(ブティック社 2012)から、9のマントを縫ってみた。『ジェーン・エア』っぽいこういうマント、欲しかったんだよね。

 くわしい写真入りで作り方が解説されてあるので、その通りに縫っていくと意外とかんたんに出来た。ただ、マントだけにね、だんだん形ができあがってくるにつれてブツも巨大化して、扱いには苦労した。ミシンのワイドテーブルをひっぱり出してみたところで、あまり効果なし。生地の重みも手伝って、でらっでら、すべる。

 たとえるなら、浜に打ちあげられた瀕死のマンタをちいさな丸盆にのせて保護先の水族館まで運ぼうとしているかのような感じ。重いわ、でかいわ、すべるわ、ズレるわで、まいった。


 最大の難関は(予想していたとおり)ボタンホール作りだった。
 何回も練習してから挑んでみたものの、2回つづけて失敗した時点で、外注を決意。せっかくここまで骨を折ってマンタを運んできて、水族館まえで死なせたくない。

 父の洋服のお直し等でお世話になっている、昔ながらの紳士服の仕立て屋さんに電話をかけて、婦人物だけれど、マントのボタンホールを作ってもらえないか尋ねてみると、やって下さるという。へたっぴな自作マントをプロのところへ持ちこむのは恥ずかしくて気がひけたけど、勇気をだして門をたたいてみた。

 お店のご主人は、穴かがりばかりかボタンつけもやって下さり、ついでにぐにゃ曲がりしていた前身ごろのステッチもほどいてやり直して下さり、さらについでに衿や前身ごろのアイロンがけもやり直していただいた(←見違えるようになった!アイロンがけって大事・・・) 

 プロの手を借りて完成したマントのできに大満足しているのはもちろんなんだけど、今回いちばんの収穫は、ご主人から興味深いお話をいろいろうかがえたこと。それに仕事ぶりを実際に見せてもらえたのも大きな経験になった。ご主人の手つきひとつひとつにしびれ、ひるがえって、自分の甘さにうなだれた。へたっぴ、不器用うんぬん以前に、甘かったんだな、ってわかった。


 お手本のマントは衿がぴったりくっついているけども、自分のはちょっと離してボタンをつけてみた。裏地なしで着心地はどんなものかと心配したものの、大丈夫みたい。ただしこのマント、車の運転にだけは向かない。いちおう手を出す口はあるんだけどね──
 

 手だし口


 ──ここから手を出してハンドルを握ろうとしても、シートベルトをすると拘束衣状態になっちゃう。なので運転席じゃなくて助手席に座っていられるような日、車窓をながれる冬景色とか幻想的な街のイルミネーションなどを楽しみながら、おしゃべりしたり、飲み物をのんだり、チョコレート菓子やガムの包装紙をとって運転席のだれかに手渡してあげたり・・・・なんてかんじで過ごせる日なら、このマントで車にのっても大丈夫かもしれない。

「そんな日、ねえよ!!」というあなたは、残念ながら、乗車したら速攻、マントを脱ぐしかない。ちなみにわたしは後ろの席に置いている。(助手席だと邪魔)
 
 車の暖房がきいてくるまでかなり寒いけども、人生、忍耐も必要だからさ。
 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:縫い物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。