dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.09.04(Wed) 11:40
 
 写真の整理をしていたら、去年の夏、田沢湖をおとずれたさい立ち寄った「潟分校」の写真がでてきた。今回は、その一部をご紹介。


水曜日は休館日らしい




正面玄関



教室の外観



体育館



教室



 
 潟分校は、田沢湖の南に位置する田子ノ木(たこのき)地区と大沢地区の子どもたちが通っていた小学校で、開設は明治15年(1882)。田子ノ木地区のはずれにあったので、近隣の人たちからは田子ノ木分校とも呼ばれていたらしい。
 タコノキブンコウ。
 なんだか楽しそうな名前。


 同校は生保内(おぼない)小学校の分校にあたる。
 生保内は、田子ノ木、大沢集落の東側にひろがる町で、潟分校から本校の生保内小学校までは13キロほど離れていた。
 徒歩オンリーの時代にあっては、13キロは大変な距離よね。
 
 同分校には小学1年生から4年生までが通い、雪に閉ざされる冬になると、同校は生保内中学校の冬季分校としても機能した。
 ちなみに中学校の冬季分校は昭和38年に廃止され、以後、生徒たちは生保内にある寄宿舎で共同生活をしながら学校に通うようになったんだとか。

 同分校に通う子どもたちの数は昭和33年度の58名をピークに、だんだん減っていった。
 昭和41年度が36名、44年度にはピーク時のおよそ半分の29名、閉校時には18名がのこるだけとなっていた。

 昭和49年(1974)3月をもって、同校は閉校。90年以上つづいた分校の歴史は幕をとじた。






教室 その2



椅子も机も頑丈でしっかりしていた



愛の百科事典・・・・



視線を感じてふりかえると、謎のダルマが見おろしていた・・・・



つめたい麦茶と海苔せんべいをふるまっていただきました





 昭和44年、NHK教育テレビが、雪国の入学式風景を撮影しに同校をおとずれたことがあったらしい。
 ところが当時、このあたりはテレビ難視聴地区で、その春に放映されたテレビの内容を当の子どもたちは見ることができなかったんだって。
 残念がる子どもたちの顔が目にうかぶ。

 でもね。人生、なにが起こるかわからない。

 あくる年の昭和45年、9月18日夜、田沢湖の東北東にそびえる秋田駒ヶ岳が、38年ぶりに、噴火。するとこの噴火の様子が、同校2階の5、6年生の教室の窓からよく見えた。
 休み時間になると、子どもたちはみんなこの教室の窓辺にあつまって、駒ヶ岳の噴火活動をとくと見物したらしい。

 全国放送は見逃しても、火山の噴火は見逃さない。
 そんな不思議があたりまえ。それが潟分校。





無題



箱型オルガン!なつかしい~



窓のそとには蝉の声





 同校は現在、潟分校保存会によって管理運営されている。年間をとおして様々なイベントも企画されている模様。
 蝉の声につつまれた夏の潟分校も郷愁をさそって素敵だったけれど、雪をかぶった冬の木造校舎もまた特別な趣きがあっていいよね。機会があれば冬にもきてみたいと思いつつ、同校を後にした。


 
 さいごに。これは昭和40年代、生保内中学校に勤めていた人からきいた話。

 当時、潟分校出身の生徒たちは寄宿舎で共同生活をしながら学校に通っていたんだけれど、この子たちがまた、みんな素直で、純朴で、いい子ばかりだったという。先生のいうことは絶対と信じ、口ごたえはおろか、疑うことすらしないで、みんないいつけを守った、と。

 寄宿舎には舎監役の先生がひとり、生徒らと一緒に泊まりこんで生活していた。
 ある日、先生は生徒たちに言ったそうな。

 「朝は早起きして、そうじをしたり、学校にいく準備をしたりしなさい」

 子どもたちはにこにこしながら先生のいうことを聞いていた。

 翌朝。まだ日ものぼりきらない早朝4時。
 子どもたちがいっせいに起き出してそうじを始めた。
 やらされている感や悲壮感はまるでなく、みんなでキャッキャ、キャッキャいいながら一生懸命そうじしている。
 
 「感心、感心」
 先生がほめると、やっぱりみんな、にこにこしていた。

 以来、子どもたちは毎朝4時には起き出して、まだ暗い中、キャッキャ、キャッキャいいながら窓ふきをしたり、廊下のぞうきんがけをしたり、玄関先を掃いたりして、思いつくかぎりのそうじに励んだ。
 当の先生はというと、毎朝毎朝これをやられるために、うるさくって、とてもゆっくり寝ていられない。
 とうとうある朝たまりかねて、「いいからもう、早起き、すなっ!」と子どもたちを叱った・・・・・・という。

 素直な子どもたちが、つぎの朝から何時起きになったのかは、知らない。





参考資料 『秋田・消えた分校の記録』 佐藤晃之輔 (無明舎出版 2001) 

Trackback(0) Comment(1) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

しまねこ様
はじめまして。
いつもふるさと便り代わりにのぞいてました。
が、懐かしい地名に思わず反応。

木造の校舎って、あの頃は…だったけど
なんかいいね。

NAME:コマクサ | 2013.09.04(水) 13:04 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。