dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.07.31(Wed) 19:07

 コキュプリンをしとめようとして、多くの人が武器を手に取る。
 まるめた週刊誌だとかスリッパ、ハエたたき・・・・いろいろ手に取る。
 でも実際は、コキュプリンをしとめるのに、とくべつな武器は必要ない。あえていうなら必要とされるのは・・・・やさしさ、だったりする。 

 わたしにそれを教えてくれたのは、日夜、現場でコキュプリンと格闘されている専門スタッフの方たちだった。



お昼寝中のところを起こされた2匹
(↑↑は、おひるね中のところを起こされた、専門スタッフの方たち)





 夜中、コキュプリンが廊下や洗面所に現れて、わたしが叫び声をあげるとするよね。
 すると、おそろいの黒のユニフォームに身をつつんだ専門スタッフの方たちがすぐさま駆けつけてくれるシステムに、わが家はなっている。

 専門スタッフの方たちがまだ若く、仕事も経験もあさかった頃、彼らは駆けつけるやいなや、すぐさまターゲットのコキュプリンを踏みつけたり、放りなげたり、前あしでパンパンしたりして、あっというまにその息の根をとめていた。
 ところが経験をかさねるにつれ、仕事の進め方があきらかに変わってきたよね。
 たしかセカンド・シーズンに入ったあたりからだと思うけれども、ただがむしゃらに任務をまっとうするのではなく、そこに遊びの要素が加わってきたんだ。



くーちゃんの、かがやく金目!




 クライアントの悲鳴をきいて駆けつけると、まず、専門スタッフの方たちはターゲットの位置を冷静に把握する。そしてすぐには飛びかからないで、いったん相手を泳がせる。

 不穏な気配を感じとったコキュプリンは、得意の猛ダッシュで廊下を玄関方面へと逃亡。
 パニくるコキュプリンを好きなだけ走りまわらせたのち、スタッフ2名は協力しながら、じわじわとターゲットを廊下のコーナーに追いつめる。
 
 ついに壁ぎわへと追いつめられたコキュプリンは触角をふりまわしながら、「助けてください!嫁と子どもが(30匹くらい)いるんですっ!!」と、命ごい。
 
 そんなコキュプリンの頭上にふりあげられる、運命のにくきう。
 あわれ、それはコキュプリンの上にふりおろされて・・・・・・・コロリン。

 コキュプリン、ひっくり返される。
 魔のにくきうで、やさしく、そっと、ひっくり返される。



りくの金目も負けじとかがやく!



 起きあがろうともがく、コキュプリン。
 そんなコキュプリンを、横一列にならんでお座りしながら、ゆかいに鑑賞する専門スタッフの方たち。

 やがてコキュプリンは動きをとめ、得意の死んだふり芸を披露して、地味に応戦。
 死んだ虫には興味をうしなってしまう専門スタッフの方たちの本能にダイレクトに訴えかける作戦だ。

 しかしファースト・シーズン、何度もこの手にだまされて歯ぎしりしてきたスタッフ2名は、「その手は桑名の焼きハマグリ♪」とばかりに、横一列にならんだまま香箱座りにポジション・チェンジし、長期戦のかまえに入る。


 廊下の片隅にひっくり返ったまま、ぴくりとも動かないコキュプリン。
 香箱座りで寝たふりをしながら、そのときを待つ専門スタッフの方たち。

 手に汗にぎる、黒と黒の、だましあい・・・・・・





もめております・・・・




 しばらくして、ついにコキュプリンが足を動かしはじめた。わちゃわちゃ手足を動かして、それからたくみに体をひねって起きあがった。

「ほんじゃ、バイナラ!!」と走り出すコキュプリン。

 すると香箱座りでうつらうつらしていたスタッフ2名のまなこがカッと見開かれ、どちらもはじかれたように立ちあがった。


 不穏な気配をビンビン感じとったコキュプリンは、ふたたび得意の猛ダッシュで廊下を玄関方面へと逃亡。
 パニくるコキュプリンを好きなだけ走りまわらせたのち、スタッフ2名は協力しながら、じわじわとターゲットを廊下のコーナーに追いつめていく。

 壁を背に追いつめられて、またしても絶対絶命のコキュプリン。
 半狂乱になって触角をふりまわしながら、「命だけは助けてください!年老いた母と2人暮らしなんです!!ぼくに何かあったらのこされた母は・・・・母はっ!!」と、ここへきて、急きょ、命ごいの内容を変更してきたコキュプリン。
 万人の心の琴線に触れる「母ネタ」で勝負をかけてきた模様。

 
 そんなコキュプリンの頭上にふりあげられる、運命のにくきう。
 あわれ、それはコキュプリンの上にふりおろされて・・・・・・・コロリン。

 コキュプリン、またしても、ひっくり返される。
 黒光りするにくきうで、やさしく、丁寧に、ひっくり返される。


 もがくコキュプリン→得意の死んだふり→その手は桑名の焼きハマグリで香箱座り→コキュプリン復活、逃げる→スタッフ、追いつめる→コキュプリンをひっくり返す・・・・・・


 この一連の流れをえんえんと、ひたすら3時間ほど繰りかえすと、なんとコキュプリンは本当に死んでしまうのでした。




 そんなわけで、提案。
 
 この夏こそは、確実にコキュプリンをしとめたいと思っているそこのあなた。
 やさしく、そっと、丁寧に、コキュプリンをひっくり返してみましょう。

 3時間ほどじっくりとひっくり返しつづけると、コキュプリンは確実に絶命することがわが家の廊下で実証されています。

 

 ゴキブリ相手に3時間も?!不気味不気味不気味、と尻ごみしているそこのあなた。
 
 ゴキブリ、じゃないのね。コキュプリン、なのね。
 ゴキブリ相手には無理でも、コキュプリンが相手なら、きっと大丈夫。だって、名前がかわいいから。


 この陰湿なひっくり返しプレイがこたえたのか、わが家ではこの夏、まだコキュプリンを見かけておりませんのよ。


 さあ、やさしく、レッツ・コロリン♪



 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。