dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.07.10(Wed) 12:18

秘密基地から下界を見おろす、りくさん
「そのバッグ出してきたってことは、またプール?」



 足の怪我でながらく中断していた水泳を再開した。
 気分を変えたかったので、通うプールも前とはべつのプールにしてみた。

 水の中はやっぱり気持ちがいいね。陸上世界におけるあらゆるゴタゴタを、しばし、忘れさせてくれる。
 プールから上がってもとの服に着がえ、腰に手をあてて冷たい麦茶を飲み干すころには、憑きものが落ちたみたいにすっきりしている。

 また水の中に戻れてうれしいな。そんな思いをかみしめながら、濡れた髪をタオルでふきつつ洗面台にむかった。洗面台にはドライヤーが2台、備えつけられている。その1台を手にとって髪を乾かしはじめた。

 まもなく感じた、かすかな違和感。

 理由はわからない。でも何かがひっかかった。
 いったんスイッチを切ってドライヤーを点検してみた。すると違和感の正体が判明した。
 
 温風が吹きだす口のところにキャップみたいなものがついてるよね。あのキャップの向きが、たてになっていたんだ。



  ドライヤー。<よこ口>の図
  (これは、よこ向き)


 もう1台のドライヤーも確認してみたら、あらま、こっちも<たて口>になってる!
 やだ、もー、どーしたのー、たて口になってるよー?・・・・そう胸でつぶやいてよこ向きに直したそのとき。ふと、ある疑念がうかんだ。

 これまでドライヤーの口元について意識して考えたことはなかったけれど。
 あたりまえのようによこ向きにして使ってきて、それがわたしにとってのスタンダードだったけれど。
 きっとみんなもそうなんだと無邪気に信じていたけれど。
 もし・・・・そうではないとしたら?


 それから別のプールに泳ぎにいく機会があり、そこの洗面台のかごに収納されているドライヤーの口元も調べてみた。すると、なんと。どれもたて口。さらに後日、また別のプールに泳ぎにいった折、洗面台のドライヤーをチェックしてみたら、やはり、たて口。

 信じていた世界が足元からガラガラと崩れていくような衝撃をおぼえた。
 どこへ泳ぎにいこうと、容赦ないたて口の群れがわたしを取りかこむ。たて口らは口ぐちに「よこ口なんて使えねーー」「爆発ヘアになってもしらねえぞ?」「ってか、自然乾燥でもしてろよ」とわたしをあざ笑うんだった。
 
 これは悪い夢じゃないかしら。
 目がさめたらきっと、世界中のドライヤーがよこ口に戻っているはず。
 
 もし夢でないとすれば、すべてがあべこべのパラレルワールドに迷いこんでしまったのかもしれない。
 このあべこべ世界では、黒猫は白猫とよばれ、白猫は三毛猫とよばれ、三毛猫は黒猫にあこがれて全身の毛を黒く染めている。人びとは逆立ちをして歩きまわり、両足でお箸をもってごはんを食べ、歯みがきのときは10本の歯ブラシを使って他人の歯をみがく。そんな世界。
 そして風呂あがりに使うドライヤーの口元は、どれもみんな、たて口・・・・・


 しかしながら、(もちろん)わたしは夢をみているのでも、パラレルワールドに入りこんでしまったのでもなかった。これは、現実なんだ。

 その日、家に帰ると、とるものもとりあえず洗面所を目指した。そして母が使っているドライヤーをひっつかんで、口元をチェック。な、なんということ!この子も、たて口!!
 
 呆然とたたずむわたしの胸に、足元でだっこ待ちしていたくーちゃんがモモンガみたいに飛びついてきた。
 ぶるんぶるん喉を鳴らしてふるえるマナーモード状態のくーちゃんを左手で抱き、足元に寝っころがってなでなで待ちしているりくをなでるため、こんどは慎重に腰をおとして中腰の姿勢をとった。年齢的にけっこうキツイ中腰をなんとか維持してりくをなでつつ、わたしは胸にとある誓いを立てたよ。
 数日後に、美容院の予約を入れている。そこですべての決着をつけようじゃないか。 


 予約当日。
 やる気まんまんで店に出かけていった。

 どんなヘアスタイルにするだとか、カットはどのくらいとかカラーはどんな感じにするかとか、正直もうどうでもよかった。紫色のパンチパーマ以外ならなんだっていい。大事なのは、ドライヤーの口元。
 シャンプーがはじまった。
 ヘアカラーをしてもらった。
 そしていよいよ、カットに突入。
 わたしは待った。じっとその時がくるのを待った。そうしてついに!美容師さんがドライヤー片手に登場。

 (よっ、待ってました!!)

 もてる視力のすべてを尽くして、鏡ごしに焦点をあわせた。美容師さんの手にしたドライヤーの口元は──・・・・その向きは───

 (た、たて口だ・・・・)



 めいっぱいの敗北感を味わって、美容院を後にした。

 その後、いちおうね、わたしもドライヤーをたて口にして使ってみたりもしたんだよ。これほど多くの人がたて口方式を採用するからには、それ相応の利点があるんだろうし。
 でもね。やっぱり、長年しみついた癖って抜けないのね。どうしても、たて口になじめない。わたしにはたて口が──


必死なたて口


 ・・・・こんなかんじで必死に迫ってくるようにみえる。一方、よこ口は──






 フレンドリーなよこ口


 ・・・・・こんなふうに、フレンドリー。
 
 でもおそらく、たて口派の人には逆なんだろうね。たて口派の人に、たて口は──






可憐なたて口


 ・・・・・こんなふうに、可憐でけなげに映っているんだろうし、一方のよこ口はといえば──








たくらみに満ちたよこ口


 ・・・・このくらい、邪悪なたくらみに満ちた顔に映っているのかもしれない。


 
 あなたの大事なドライヤーの口元は、どっち向きだろう。
 
 よこ向きだと、ちょっとうれしい。 

Trackback(0) Comment(5) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

私もたて口です...

NAME:tomozo | 2013.07.10(水) 14:44 | URL | [Edit]

 

ドライヤーをほとんど使ったことのない私にはなんのことやらサッパリわかりません・・・
ですが仲間求ムとのことなのでよこ口ということにしておきます。

NAME:niwaka | 2013.07.10(水) 15:22 | URL | [Edit]

 

私は口のところを外しちゃうタイプです。。。

NAME:かきのたね | 2013.07.10(水) 20:28 | URL | [Edit]

 

こんにちは!
我が家のドライヤーは
何度か下に落とした事があり、
噴き出し口が取れるようになっているのですが、
今見たら「ななめ」でした・・。
どうしましょうwww

NAME:そうきち | 2013.07.20(土) 13:03 | URL | [Edit]

 

私はよこ口ですよ~。
家族みんなよこ口です。いや、親族みんなかな?
たて口見たことないです。(よそでチェックしたこともないですがw)
今度プールとかスーパー銭湯行ったらチェックしてみよ。

NAME:イシュティ | 2013.07.21(日) 11:56 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。