dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.02.13(Wed) 15:02

たいくつだニャ・・・
「くーちゃんの出番はなしですか。そーですか」

 
 丸太みたいに肥えたキジトラの猫が、ブロック塀のうえで日なたぼっこをしていた。この辺でときたま見かけるキジトラ閣下だ。相棒のシャムもどきとよくつるんで行動しているけれど、その日、シャムもどきの姿は見当たらなかった。

 近づいていくと、キジトラ閣下はめんどくさそうに目をあけてこちらを見た。

 ミュウたんもキジトラだったけど、目のまえのキジトラ閣下のしま模様は、ミュウたんのそれと比べてゆるい、というか、淡い。なんとなく、パステル調。
 キジトラ閣下あらためパステルは、「こいつ、いつまで見てる気だよ」というようにむっつりこちらを睨んだ。

 
 ごめんよ、パステル。昼寝の邪魔して。もう消えるからさ。心ゆくまでお日さまとブロック塀を堪能してくれたまへ。

 そう足早に立ち去ろうとした瞬間、ふいに、パステルの顔のしまが目にとびこんできた。

 パステルのほっぺには、数本の淡い横じまが走っている。一方、おでこには、うっすらとたてじまが走っている。
 ひとつの顔のなかで入り乱れる、たてじまと横じま。まるでわたしのパジャマのよう・・・(まだ完成してないけど)


 その夜になっても、パステルの顔のしまがやけに気になっていた。もっというと、とらねこの顔のしま問題が気になっていた。
 とらねこの顔のしまって、どうなってるんだっけ?
 たてじまと横じま、両方はいってるパステルは特殊なの?

 
 ミュウたんの写真を確認すると、おでこにたてじま、左のほっぺに横じまがある。パソコンをひらいて、とらねこの画像を検索してみた。するとそれぞれ、しまの現れ方に個体差はあるものの、おでこにたてじま、ほっぺには横じま、のフォーマットでだいたい統一されていた。
 
 ここまでくると、本家トラさまはどうなっているのか気になる。とらねこと同じフォーマットを採用しているのか、それともたてじまか横じま、どちらか1本にしぼっているのか。

 さっそく検索してみた。
 
 結果は・・・たてじまでも、横じまでもなかった。トラさまのお顔は、木の年輪のようなわっかじま(?)でいろどられており、それが顔のまわりをぐるりと1周して破たんなくつながるよう、完璧にデザインされてあったのだ。

 さすが、トラさま。しまに関して、ぬかりなし。


 こうして見比べてみると、とらねこ業界が顔のしまに関してけっこうアバウトであることがわかる。本気でしまをつなげよう、どこもかしこも破たんなくつなげてみせようという気概が感じられない。

 最初は、とらねこたちも努力したのかもしれない。トラさまのような完成度の高いわっかじまを目指し、日の出とともに、黒の油性マジックペン片手にわっかじま描きに精をだす・・・そんな頃もあったのかもしれない。
 が、根っから不器用なのと力みすぎる癖があるのとで、ペンを持つ手がプルプルふるえ、どうしたってトラさまのような美しいしまを描くことができなかった。

 それで彼らもやけになり、「ま、ペーペーのわしらがそこまでせんでも・・・」「そーそー、だれも顔まで見てませんてw」などとうそぶいて、それきり努力を放棄してしまったのかもしれない。


 パソコンをとじて洋裁部屋にむかい、裁断済みのニットを手にとって考えた。

 わたしは、トラになろうとしていなかったか。

 初心者ながら、身のほどもわきまえず、最初っからしまの王者、トラになろうとしていた。3色の横じまをつなげることに夢中になるあまり、横じまのどんな破たんも許せなくなっていた。
 でもね。わたしは、トラじゃない。
 なろうとがんばっても、トラにはなれない。
 それでいい。わたしは、とらねこでいい。 

 たてじまと横じま、両方引きうけて生きていこう。実際は、ここにななめじまも加わってくるわけだが、それすら全身で受けとめて生きていこう。


 それに、考えようによっては、様々なしまがここまでそろうなんて、ある意味、しまのオールスターズと言えなくもない。
 たてよこななめ、いろんなしまが、わたしのパジャマで夢の共演。
 美的価値さえわきに置いて考えれば、しまのオールスターズ・パジャマを着られるなんて、光栄なこと。

 さあ、元気をだしてミシンに向かおうっ!!!



 ・・・・・と、まあ、だいたいこんな流れで完成したのが、いま、えりぐりがびろんびろんに伸びているニットパジャマなのだ。

 あの日、道端で、パステルと出会うことがなければ、パジャマは完成していなかったかったかもしれない。
 ありがとうね、パステル。きみのおかげで、わたしのオールスターズ・パジャマは完成したよ。


 そしてね、パステル。

 こんどから、パジャマは買おうと思うよ。

  

Trackback(0) Comment(0) 
Category:縫い物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。