dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.03.24(Sat) 10:09
はじめて、ドクロ柄のカーディガンをはおって階下におりていった朝、母が言った。

「あら、いいじゃない、そのしゃれこうべ」
「・・・・そうかな」
「そうよ。外にも着てったら?そのしゃれこうべ」
「・・・・・・」

辞書によると、しゃれこうべとは「さらされ頭(こうべ)」の意味らしい。
風雨にさらされて白骨化した頭がい骨のことを、「しゃれこうべ」とか「されこうべ」、「しゃりこうべ」「どくろ」「野ざらし」などというんだって。

上記のラインナップの中からあえて選ぶとすれば、私なら、「どくろ」をえらぶ。
しゃれこうべでもされこうべでもなく、どくろ、とそれを呼ぶ。


もし道をあるいていて、道端に、風雨にさらされて白骨化した頭がい骨をみつけたら、あ、どくろだ、っていうだろうし、警察に届けるときも「どくろを拾いました」っていう。

もし店で、風雨にさらされて白骨化した頭がい骨を模した柄の下着を見つけたら、あ、どくろのパンツ、っていうだろうし、まちがっても、「しゃれこうべパンティー」とか「野ざらしブリーフ」なんて呼び方はしない。


できることなら母にも、ともに「どくろ」の道を歩んでほしかった。
私の着ているそれを、しゃれこうべではなく、ドクロのカーディガンと呼んでほしかった。



話の発端は、ひと月前の2月下旬までさかのぼる。
急にあったか上着をつくりたくなって、パンドラに行ったんだ。
素材は、フリースかボアでさがすつもりだった。

時期的に、もう春物商品に切りかわっちゃってるかなって懸念はあった。
冬物素材はあまり置いてないかもしれないって。

いってみると、店内は、こちらが思っていた以上に春だったよ。

売り場には春風が吹いて、さくら吹雪も舞っていた。

春風とさくら吹雪のむこうに大々的な「入園バッグ特集」が組まれており、われらがフリースは売り場のすみっこもすみ、となりの紳士服売り場になかば押しつけられかねない勢いで、冬物セールワゴンにのっけられ放置されていた。

ワゴン内にのこっている色は、わずか、3、4色。
手にとってみるも、どれも用尺に足りない。

身頃とそでとフードをそれぞれ別の色でつくれば、ワゴン内にのこるフリースで間に合っただろう。
でも、そこまでカラフルなカーディガンを着る勇気はまだもてず、その日はなにも買わずに帰った。



後日、気をとりなおして、マブチに討ち入り。

するとこちらの冬物セールワゴンには、かろうじて2種類、着丈分のそろったフリースがのこっていた。
私は両者を手にもって見くらべたよ。

右手にもったフリースには、青地にヘリコプターの絵がびっしり描かれていた。
左手にもったそれには、黒地にしゃれこうべ・・・・じゃなかった、どくろの絵がびっしり描かれていた。



ヘリコプターと、どくろ。

あなたなら、どちらを選ぶ?


私は、どくろを選んだ。
青は好きな色だけど、ヘリコプター柄は・・・・ヘリコプター柄は・・・・・

似あう似あわないの問題以前に、似あったところでどうしていいかわからない、それがいまの私にとってのヘリコプター柄だ。

ごめんね、ヘリコプター。
あなたにふさわしい相手はほかにいる。

消去法でえらばれ、わが家にやってきたどくろフリースは、その後、なんとかカーディガンのかたちになった。




077.jpg
(「FEMALE 」2012 SPRING号 64のカーディガン)


いろんなことがはじめてで、いろんなところを失敗してる。
でも、作るのはとても楽しかった。

出来不出来はともかく、形にできただけで、いまは幸せ。感動。



初のカーディガン完成から、1か月。
毎朝毎晩、パジャマの上にはおって、特価品どくろ、大活躍。
猫の爪とぎとしても、2重に、活躍。

先日の朝、いつものようにどくろをはおって階下におりていくと、母が言った。


「あら、しゃれこうべさん、今朝は早いね」


・・・・ついに、カーディガンではなく、着ている本人そのものが「しゃれこうべさん」になってしまい、私としてもなんだか後戻りできないところまできてしまったような気がしている。


でも。それでも。

もし、ヘリコプターのカーディガンを製作していたら「ヘリコプターさん」と呼ばれていたはずだし、それよりはまだ、しゃれこうべさんのほうが、若干ましなはず。

きっと、そう。
絶対、そう。
お願いだからそうだと言って。




084.jpg




しゃれこうべさんはこれから、春物の布でも見にいく予定だ。

しゃれこうべさんは、春が待ちきれない。
衣替えの日が待ちきれない。 

Trackback(0) Comment(1) 
Category:縫い物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

すみません、爆笑しました~!!
お母さまのファンになりそうです(笑)
春物の布、たくさんいい色(柄)がありますように♪

NAME:そうきち | 2012.03.27(火) 21:56 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。