dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.11(Sat) 19:03
8月の終わりのある日、リクの口元の異変に気が付いた。

なんか、かさぶたみたいなのが上唇にくっついてて、指で取ろうとしても、りくがぐねぐね体をくねらせて抵抗しちゃってうまく取れなかったのね。

まあ、そのうち自然に取れるよね、と思い様子を見ること2、3日。


「あのかさぶた、どうなった?」と思い見直してみると・・・・・・大きくなってる!



病院に連れて行くと、上唇が腫れていることが判明。

「好酸球性肉芽腫」と診断されました。



DSCN2099.jpg
「おいらは、くーちゃんだよ」


先生からいろいろとお話をうかがい、自分もネットで調べてみたけど、これと言った治療法はないらしく、原因の特定も難しいみたい。

再発を繰り返し、その度にステロイドを打って症状をおさえていくってことしか今のところ対処法はないみたいです。

猫はステロイドに対する耐性が人間や犬より高いとは言いつつ、なるべくステロイドを打たずに済むならそれにこしたことはないってことで、まだ症状がそれ程ひどくなかったのもあって、最初は非ステロイドの注射を打って様子を見たんだす。


でも、10程でまた再発(ちょっとひどくなった)。


それで先週の土曜日、また病院に行って、今度はステロイドの注射を打ってもらったんだけど・・・・その日の夜から、りくの様子がなんだか変になって。


DSCN2108.jpg
「・・・・・りく?」


ごはんを全然食べないし、いつもなら飛びついて離さないおもちゃにも興味を示さない。

誰もいない真っ暗な部屋で1人じっとしてるし…・明らかに何かおかしい。


ステロイドの注射を打つと副作用で食欲が増すはずなのに、逆に食べなくなるってどういうこと?
もしかして、何か重篤な状態なの?!


いろいろ考え出すと心配で心配で(基本、小心者)・・・・

りくに何かあったらどうしようと思うと泣けてきて、しめじの遺影にお線香代わりのお香を焚いてあげながら、「りくを守って。しめじ、お願い」って手を合わせたんだった。


次の日、なるべく早く病院に連れて行くことを誓って眠りについたその翌朝・・・・・それは起こったよね。


DSCN2089.jpg
(後ろの段ボールは気にしないで下さい・・・・黒猫の巣です)


まだ薄暗い朝の5時前。

「うるるるる!うるるるるるっ!」って甲高い猫の鳴き声で目が覚めた。

眠い目をこすりながら声のする方を見ると・・・・・りくが、くーちゃんの首根っこに噛みつきながら、驚愕のマウンティング・ポジション。


DSCN2167.jpg
(ちびっこは見ちゃダメ・・・・・)


りくは狂ったみたいに何度もくーちゃんに飛びかかっては、首根っこを噛んでマウンティングを繰り返す。

はじめは、いつもの延長でじゃれてるのかなと思って布団に戻った私だけれど、りくの上ずった「うるるるるるっ!」って声が止まなくて、とても眠ってなんかいられない。


最初の方こそ、くーちゃんも怒ってりくを殴り返したりしてたけど、りくはもう頭のねじが1本飛んじゃったような状態で、ひたすらくーちゃんに飛びかかり続ける。


くーちゃんの疲労の色が目に見えて濃くなるのを見て、私も見るに見かねてとうとう布団から出て、りくをくーちゃんから引き離したよね。


が。

引き離したそばから、すぐさま「うるるるるんっ!」って叫んで再びくーちゃんに飛びかかって行くりく。


DSCN2184.jpg
「りく・・・・・」


その日、病院に連れて行って事情を話すと・・・・・やっぱり、りく、発情しておりました・・・・・



DSCN2121.jpg
「ミュウたん、りくが発情したよ・・・・」 「そう・・・・・・」



ごはんを食べなくなるのも、暗がりにひそむのも、発情期特有の症状なんだとか。


暗がりにひそむのは、暗い所でメスを待ってるんだか狙ってるんだかしてるんだと…(マジですか・・・・・)



DSCN2183.jpg
「前日の私の涙を返して下さい・・・・・」


たぶん来週辺りには、黒猫兄弟に「あの手術」を受けさせることになりそうです。


それにしても迷惑したのは、くーちゃん。


この頃はやっと治まったんだけど、それまでは毎朝4時から5時の間に、りくの「うるるるるんっ!」が始まり、
それから1時間近く、ひたすら飛びかかられて上に乗られちゃうんだから。



りくが発情して3日目、くーちゃんの疲労はピークに。


DSCN2035.jpg
「・・・・・・・・・」


くーちゃんだけじゃない、私も寝不足でくたくた。

でも不思議なことに、朝方以外の時間帯は、りくもいたって普通なんだよね。




りくが発情して5日目。

くーちゃんの疲労はいよいよ限界に近づいていた。



DSCN2048.jpg
「くーちゃん、しっかり・・・・・」



けれどもその後。

りくの「うるるるるんっ!」はなぜかぴたりと治まり。



でも、またいつ始まるかわからないから、今も戦々恐々とはしております。



はあ~・・・それにしても、りくよ。
あなたってば、早熟ね(涙)


来週の手術までは、なんとか持ちこたえてよね~~。






br_decobanner_20100911172800.gif
「くーちゃん、お疲れ」


読んで下さってありがとうございます。
 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。