dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.02.22(Fri) 18:27
以前、編んだものシリーズ。

去年だったかおととし、プリンセスアニーで編んだニットキャップ。

プリンセスアニーのニットキャップ


たた&たた夫さんのページを参考にして編みました。確か5号針でそれぞれの色を1玉ずつ使って編んだ。プリンセスアニーは本当に編みやすくて、色もきれいで、以来大好きになった糸。柔らかいし、光沢もあるし。
自分なりの「完璧な計算」をして目数を算出したつもりが、出来上がってかぶってみたらすげーでかくてブルーになった。何もわからないまま水通ししたら、さらにでかくなったという・・・

写真で見るとわからないけど(わからないように撮ってあるけど)、これ、すごくでかいです。

雪ウサギ


ぶかっとかぶるのが好きな方ではあるけど、それにしたってでかいよ。

そしてサイズが大きくなり過ぎた以前に、実はもっと決定的な間違いが!
作り目がねじれたの。うん。
あは、あは・・・・あははは♪

もちろん、ほどいたりしないでそのまま突き進んだよ。猪突猛進。これは私なりのアレンジ、ひとひねり、オリジナルデザイン、と言い聞かせて。

水泳本を研究するプーさん


プリンセスアニーの前に実はもう一つ同じようなキャップを編んでいた。

Rowan のキッドクラシック(紫)とソフトウール(淡紫)で編んだボーダーのキャップ。そちらは全部ゴム編みにしてフィット感を出してみた。出来上がったそれはなかなかのお気に入りだったんだけど、キッドクラシックがチクチクして私には無理だった。
結局、母親にあげました。雪かきの際や外で作業する時なんかにかぶっている模様。
この間、帽子かけに無造作に引っかけられている姿を見たら、かなりくたびれてた。

青空と白樺


今シーズンはもう無理だけど、来シーズンはぜひまた帽子を編んでみたい。帽子をかぶると確か体感温度が上がるんだっけ?帽子をかぶっているのといないのとでは、あったかさが違うよね。


プリンセスアニーのキャップで失敗してから一時リベンジ魂に燃えた時期があって、その時アマゾンから『Hip Knit Hats』って本を買いました。
いろいろ面白いデザインが載ってる。

Hip Knit Hats 中身写真 2


Hip Knit Hats 中身写真


Hip Knit Hats 中身写真 3


ただ、どれもゲージが12目とかそれ前後で、その手の極太糸を探すこと自体、ちょっと私の住んでる所では困難だった。


ネットで見つけたodessaを熱く眺めていた時期もあったな。
ちょうどその頃、近所の手芸店でodessaらしき物をかぶった女性に会ってびっくりしたことがある。六十代くらいの女性だった。
あの時はほんと、話しかけたかった(昔そういう歌、南野陽子であったね)。
青い糸で編んであってきれいだったな~。

来シーズンはきっと何か編もう、帽子。


↓は久々会った薬局のケロちゃん。マフラーを巻いてもらっていた。良かったね。

薬局のケロちゃんとマフラー その2
 

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。