dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.28(Thu) 23:13
夏の間に1度、「怪談特集」とか言って、怖い話を集めてアップしたいなぁと思っていたのが、そうこうする間もなく秋になっちゃったねえ・・・・とうなだれていたら、今日再び、真夏の暑さが戻った。

・・・・・怪談特集、やっとく?

わっぱかでショボくても、、無理矢理やっとく?


三色スミレ(黒)


いつの頃からか、「あなたの知らない世界」みたいな番組ってあまり見かけなくなりましたよね。昔はお盆の頃になると、必ずそれ系の特番をやっていたけど。

オカルト系の番組がメディアから一掃されたことが、昨今のスピリチュアル・ブームを招くことになった大きな要因って噂もあるけど、どうなんだろう。


私が子供の頃は、人が亡くなると、「えんちこ」ってこの辺では呼んでいたイタコさんを呼んで、亡くなったその人の霊を下ろしてもらい言葉を聞くってことを、結構普通にやっていました。初7日の法要だとか、○回忌の法要の折などに、よく。

多肉植物

うちの父親はそういう非科学的とされるような習俗を鼻で笑うのが喜びって人だったから、祖父が亡くなった時も、祖母が亡くなった時も、えんちこは呼ばれなかった。

私自身は霊感ゼロの人間で、私の周りも似たような霊感ゼロの人間ばかりで、怖い話をいざ書こうと思ってもそれらしいネタがどこにも転がってないっていう「パッキュマラード」状態にすぐに陥っちゃう訳だけど、今1つだけ、ふと思い出した「若干」怖いような不思議な話があるので、それをチラッと書いて急場の怪談企画としようかな。

大した話じゃないんだけれど、良ければお付き合い下さいませ。

虹(2本) その2

学生時代、学校の授業でシナリオを書いた時のこと。

大まかなあらすじやストーリーを書いてまずは提出するって段階の時に、私は自分の書き上げたそれを友人に見てもらうことにしたのね。

相手は快くその役目を引き受けてくれて、私の書いたつたないストーリーを真剣に読んでくれた。
そうして読み終わって顔を上げたその友達は、なんとも言えない妙な顔つきでこちらを見て、それきり何も言わないのね。

「何かおかしかった?」って聞くと、「おかしいとかじゃないんだけど・・・びっくりした」って言って、やっぱり妙な顔つきで黙り込んでる。

カーテンの向こうのミュウ その3

私がその時書いた話の中には、主人公の親友として「山田村花子」さん(仮名)って女の子が登場してた。

実際には漢字6文字の名前で、そんなに珍しい凝った名前でもなければ、それ程ありふれてる訳でもない名前。

今、その名前をここに書いてもいいんだけど・・・・なんとなく、やめておきます。

それでその山田村花子さんは、いろいろあった末、ラスト近くになって自殺するって設定だった。そういう暗い話を書きたいお年頃だったのね。

山田村花子さんは話の中で、夏のある夜、とあるマンションの屋上に忍び込んで投身自殺するんだけれど、なんとその友人の同級生にも、同性同名の女の子がいたって言うのね。

漢字6文字も全く同じだって。


そしてその女の子が、やはり数年前の夏のある夜、とあるマンションの屋上に忍び込んで、そこから飛び降り自殺して亡くなった、というのです。

もちろんそれは、私にとっては初耳の話だった。

風除室のしめじ

奇妙な偶然というかなんというか・・・・それだけって言えばそれだけの話なんだけど、その時はちょっと、二人共ぞーっとして黙り込んじゃった。

何だったんでしょうね、あれ。

みなさんは、そういう奇妙な体験ってありますか?
もしくはもっと強烈な怖い体験とか?

怖がりなくせに、そういう話が好きなもので(汗)。

最後に、適当に見つけた怖い話をYOU TUBEよりピック・アップ。
知っている方も多い?

1番怖いのって、実は人間かも。



読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

今日、店頭でザリーナの新色を見ることが出来ました。

青の新色も素敵だったけれど、淡紫が思った以上にきれいで、これで何か作ってみたいな~って汗だくになりながら思った午後。 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

へ~っ!! きっと その子 自分が忘れ去られていくのが 寂しかったのかもね。
私は、義父が 昏睡状態の時 毎朝、幻聴が聞こえてました。
へ? 怖くない? 他に 無いもん。

ところで、カウプレ当選 おめでとう♪

あら捜しは しないように・・・。おねげーします。

NAME:さくらmotif | 2008.08.29(金) 07:27 | URL | [Edit]

 

>さくらmotifさん

幻聴が聞こえていたのですか!それはお義父様のお声で?

身近で親しい相手の声なら、あまり怖くはないのかな。むしろ切なかったり?

そう言えば1度だけ、金縛りにあったことがありました・・・・が、あれはたぶん、ただの肉体疲労のせいかと。でも、怖かった。

ミルキー巾着、届くの楽しみに待っています(^^♪

考えてみると、プレゼントで誰かに手編みの物をあげたことはあっても、自分がもらって使わせていただくのは初めてですv

NAME:しまねこ | 2008.08.30(土) 21:12 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。