dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.30(Wed) 17:05
宮島の鹿


この夏、宮島に旅行にいった。

野良鹿(?)がたくさんいると聞いて期待に胸ふくらませていったら、本当に、いた。
みんな穏やかでおとなしい。
鹿は臆病で警戒心が強いイメージがあるけど、宮島の鹿はちがってた。
どの鹿も食後の猫なみにくつろいで、のんびりした様子。
首を折って木陰で寝ている姿もかわいかった。



鹿がいっぱい




宮島の鹿 寝姿


観光客が食べものを手に歩いていると、物おじする気配もなく、すきっ腹の猫なみにのそのそ近寄っては、どこまでもついていく。
やさしい顔のまま無言で、ポックリ、ポックリ、ついていく。
けっこう、しつこい。

でも、鹿にも好みがあるらしく、ものすごく鹿に群がられてる人とそうでもない人がいた。
赤ちゃんはおおむね、人気が高め。

ふだん観光に出かけて、ご当地のポストカードを買うことはないのに、宮島を発つ日の朝、ホテル(というより旅館)のフロントで売られていた鹿のポストカードだけは、たまらず買っちゃった。
買ったままショルダーバッグのポケットに入れっぱなしにしていて、こちらに帰って来てから出先で・・・・たとえば車の中でひと息ついたときとか引っぱりだして、ながめて、ずいぶん癒されていた。

宮島の鹿が1匹、家にいてくれたら、すごくなごむだろうな。
帰ったら部屋に明かりがついていて、暖房もついてあったかくて、「ただいま」って声をかけると、鹿がリビングの奥からポックリポックリ無言で出迎えにきてくれたら・・・・・

ね。
すごく、なごむよね。
食べものを持ってないってわかると、たぶんすぐ帰っていくとは思うけど。


宮島の鹿みたいにおだやかに毎日を過ごしたいと願いつつ、現実はそうもいかない。
時間に追われるのはひとえに、私の要領がわるいせい。

どうすれば時間の使い方がうまくなるのかなって考えているとき、小林カツ代さんの本と出会った。
カツ代さんは本のなかで、どの作業にどのくらいの時間がかかるか把握するため、ストップウォッチで各々の作業時間(調理やその他の家事全般)をはかっている、と書いてあった。

どの仕事にどのくらいの時間が必要かわかれば、とりかかる作業の優先順位もつけやすいし、時間を効率的に使えるようになるって。

そっか!すごい、わたしもやってみよう!!と思い、さっそくいろんな作業の時間を計測してみることにした。
すると、たくさん発見があって面白かったよ。
なんとなく億劫だな、苦手だなと感じていた家事は、計ってみると実際、思った以上の時間がかかっていたことが判明。
逆に想像していたより短時間でできているものもあった。

現状がわかってからは、時間の使い方が前よりずっとマシに、楽になったよ。
たとえばいまから使える時間が30分あるとして、その30分間でできることが一瞬でわかる。
1階の掃除機がけに〇分、洗濯ものを干すのに〇分、洗濯ものをとり込んでたたむのに〇分、台所の洗いものに〇分、たたみ終えた洗濯ものを収納していくのに〇分・・・・・
あとはその日の優先順位をきめて取りかかるだけ。
何から手をつければいいか悩む時間が短縮されて、心の負担も軽減された。

心に余裕が生まれたら、時間にも余裕というか、ゆるみのようなものができたみたい。
前よりおだやかな時間の中に身を置けることが増えた。

まだまだ、宮島の鹿レベルまではいかないけれども。

 
スポンサーサイト

Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.28(Mon) 07:13

IMG_0364.jpg


自転車のタイヤがパンクして使えないので、駅まで送って・・・・という夫を駅まで車で送って、さっき戻ってきた。
先週、金曜日の朝にもパンクしたんだよね。
それで土曜日、実家からタイヤの空気入れを借りていったん空気を補充したんだけど、やっぱりダメだったみたい。空気が抜けちゃってたそうな。
タイヤ、買わないといけないのかなぁ。
タイヤ一本買いなおすより、自転車一台まるごと買い替えちゃったほうが安あがりになる時代。
どうしようかな。

いまは朝6時でも空が暗い。今朝は雨も降っていた。
この雨模様の中、犬の散歩をしている人とちらほらすれ違った。
犬飼いの人ってすごいなぁ、と実感する瞬間。
いまどきのワンコはみんなオシャレなカッパを着てるね。
どの子も朝から元気で、しっぽを立てて上機嫌で歩いていた。


左目(のウサギ目)は、無事、元の白目に戻った。
5日くらいでだいたい良くなって、水泳も再開。


編みかけのセーターは、前後の身頃が完成して、袖に入ったところ。
編みながら、とじはぎ出来るかな、覚えてるかな・・・・とふと不安がよぎるけども。
まあ、なんとかなるよね。うん、なるなる(自己暗示)。

ひさしぶりに昨日、近所の毛糸屋さんに寄ってみた。
いろんな糸を直に手に取りながら、この糸でどんなセーターを編もうかなってあれこれ妄想するうちに時間は過ぎて、気付くと外はまっくらになってたよ。
色とりどりの毛糸をながめていると心が満たされる。
ネットでの買い物は便利だしお得だけど、毛糸は断然、お店で買うのがいいな。
買ったばかりの毛糸の紙袋を抱えて店を出る瞬間も幸せ。
かさばってるのにやたら軽くって、みぞれや雪の降る日なんかは糸が濡れないよう、かばいながら車まで小走りしたりするのもまた楽しい。


↑の写真は、先日完成したスヌードを初巻きして出かけたときのもの。
ふわふわで、あったかかったわん。



 

Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.22(Tue) 20:24
初雪ともみじ


土曜日の朝。
のんびり起きて、コーヒー飲んで、さあ、コンタクトレンズでも入れようかなと洗面台の鏡のまえに立ったら、左の眼がまっかだった。
まるでインクでもこぼしたみたいにまっかっか。

かかりつけの眼科に(めんどくさいけど)出かけた・・・・と思ったら、駐車場に車が1台も見当たらない。
休診だった。

ょうがないので、以前かかりつけだった眼科に行ってみることにした。こちらは最近、医院をあたらしくしたので、どんな風になってるか気になってはいた。だから、これも良い機会って思うことにした。
行ってみると案の定、医院はめちゃ混み状態。
うちの田舎、とにかくいつ行っても眼科は混んでいる。朝8時に受付して、診察おわるのが夕方5時半なんてざら。
でもその日は午前中で診察がおわるらしくて、昼前には帰ることができた。


左目のまっかっかは、結膜下出血とかいうものらしい。
目の内出血みたいなもので、なにかのきっかけで毛細血管が破れてウサギ目(まっか)になるんだって。
視力低下や視野狭窄等の心配はなく、時間がたてば自然に治るんだそうな。
でも激しい運動は禁止ってことで、症状が落ちつくまで水泳はできなくなった。

白目に戻るまで1週間くらいかかるかなぁって思っていたけど、今日おきて鏡を見たら、かなり良くなっていた。黒目の端にちょこっと赤いのが残っているくらい。良かった~~。

なにせ見た目がハデなウサギ目だから、見る人にはびっくり&心配される。
でも痛みも違和感もまったくなくて、本人は鏡を見るまで己の惨状を忘れているくらい。
仕事で接客するときは、お客さまを驚かせるだろうなぁってさすがに気にしたけども。


ネットで結膜下出血について調べてみた。原因はよくわからないことがほとんどみたいだね。
重いものを持ったり力んだりして目の毛細血管が切れることもあるらしいけど、前日の金曜日、そんな覚えもないしなぁ。
ここ10日くらい仕事が忙しくて疲労がたまっていたから、そのせいもあるのかな。
過労やストレスで抵抗力が落ちると毛細血管が切れやすくなるらしいよ。


レトロライン


前回アップした車窓の写真、2枚目が出てきた。
北九州なんとかレトロライン、とかいうものだったらしい。
門司港から乗って・・・・どこまで行ったのかはいまだ思い出せていない。

門司港で食べた焼きカレーがやたらおいしかったことだけは、鮮明に覚えている。



 

Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.17(Thu) 07:08
IMG_0251.jpg


京都のおみやげで八つ橋をもらった。

じつはわたしも12月、京都に旅行にいく。
まずは名古屋にいって1泊して、つぎの朝早くにホテルを出て伊勢神宮に参拝、赤福食べて、それから大阪、京都にいって帰ってくる予定。
今回、名古屋初体験。
なので楽しみなんだけど、どこに行ってなにを見たらいいか今いちよくわからない。
なんとなく街をぶらついて飲みに行って、それで終わってしまいそうな気がする。
もしかして旅下手なんだろうか。

学生時代は旅行に行くなんていうとはりきって、すぐ本屋に走ってガイドブックをなめるように立ち読みして、ここに行きたい、これも見てみたいとわんさか予定につめ込んだものだけど、今はそこまでの情熱がない。というか、そういう必要性を感じない。
行けば行ったで、どこ行っても、なにを見ても楽しめるし。


↑の写真は、この8月、旅行でいった門司港。
海沿いを走るレトロ電車に乗って・・・・ええっと、どこ行ったんだっけな(汗

海の青さとおだやかさはよく覚えてるんだけど。
殺人的な猛暑の中、電車時間に遅れそうになって駅まで命がけで走ったことや、いちばん前の席に座った子どもたちがテンションマックスで喜んでたことなんかは覚えてるんだけど、どこに何をしに行ったのかは全くおぼえていない。


京都で行ってみたいのは、ベタだけど伏見稲荷大社でしょ、あとあれ、建仁寺の双龍図と風神雷神図屏風がみたい。
それから仏像も見てみたいんだよね。
まっぷるの京都版をめくっていたら仏像の解説があって面白かったよ。
仏様の世界って縦社会で、大きく4つのグループに分けらるんだって。
会社にたとえると、如来さまが社長で、菩薩さまが部長、明王さまが鬼課長で、天部さまが守衛さん、って書いてあった。
うーん・・・・・そう言われて、わかるような、わからないような・・・・・

三十三間堂の1001体の千手観音もぜひぜひ拝観したい。


今日は2時間半残業して帰ってきたんだけど、思いのほか疲れてなかった。
朝のうちにシチューを煮ておいたので、帰ったらそれでご飯にすればいいって思えば気楽だったし、明日は休みだし、職場でおいしいおやつ(おみやげ)もごちそうになったし、あんま寒くもなかった。
仕事もそれほど大変なことがあった訳じゃないから、まあいい1日だったよね、なんて思いながら帰宅したら・・・動物病院から「りくちゃんとくーちゃんへ お知らせ」っていうハガキが届いてた。

実家の住所(わたし宛)に届いたものが転送されていまの住所に届いたらしい。
なんてことない恒例のワクチン接種のお知らせだったけど、それを見たらくーすけとりくが無性に恋しくなって、同時に猫のいない暮らしの寂しさがどっとこみ上げてきて、あのまっくろい生き物がどうしてもどうしても恋しくなって、思わず実家に電話してしまっている自分がいたよね。

受話器ごしにりくとくーの名前を(虚しく)呼んだけど、まったく反応は返らず。
母いわく、ヒーターまえのソファーでぬくぬく寝てたらしい。
ぴくりともしなかったらしい。
そっか・・・・
そうだよね・・・・
そういうものだよね・・・・・


なんか、どっと疲れが・・・・・出たような出ないような・・・・・・



来週、ワクチン接種に連れていくことにした。
 

>>>Read more


Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.15(Tue) 14:01

編みもの熱が再燃。
というか、やっと編み物をする余裕が生まれたというか。

今月に入って、スヌードを完成させた。
ウールモヘアの濃いピンク色で、なんと編みはじめは去年のいま頃。
かたちにするのに1年もかかっちゃった。

小瀬千枝さんの『ニットパターンワールド 500』から、えっと・・・・何番だっけな(笑)。
1年も前のことだから忘れちゃったよ。
うねうね波型の透かし模様で編んでみた。
4段1模様のシンプルなパターン。リズムがつかみやすくて手を動かすのが気持ち良かった。


小物でも完成させると調子づいて、今度はセーターに取りかかってみることにした。

北国に生まれ育ち、雪国における暖房経験はヒーターとストーブしかない。
それが今年はじめてエアコンで冬を越すことになった。
今いるアパートはFF禁止。それで秋から心配してる。
寒かったら、どうしよう。
エアコンで、寒かったら。
寒かったら・・・・・
マジで寒かったら!!

それなら毛のセーター、編まなきゃ。
編んで自衛しなきゃ。
というわけで、さっそく取りかかった。

毎日ちょっとずつ編む、の繰り返し。なかなか進まないけど、それでもやっぱり楽しい。
毛糸の感触もなつかしくて心地いい。

おととし店頭セールで購入したイーノの紺で、シンプルなセーターを編むことにした。
メリヤスのみのクルーネック。
『編み物のかんたんなサイズ調整と製図と割り出しの基礎』(長い題名だな)という本から、基本のセーターを編んでる。
ゲージもちょうどぴったりだし、いずれ自分の体に合ったものを自由に編めるようになりたいから、いまのうちから基礎固めをしておきたいなと思って。


最近、キッチン・タイマーをよく使う。
料理のときはもちろん、たとえばちょっとできたすきま時間に編みものを10分だけしたいなってときも使ったりする。

毎日のようにタイマーを眺めて思うようになった。
これは人生そのものだって。
ひよこ色のダイアル式タイマーの中に人生が凝縮されてある。

はじめに設定した時間から、徐々に持ち時間が減っていく。
30分が20分・・・・20分が10分・・・・
不思議なことに、終了時間が近くなればなるほど時間の経過も早まる感じがする。
持ち時間が20分から18分に減るまでの2分間と、終了間際の残り2分間では、後者のほうがあっというまに過ぎてしまう気がする。

わたしに与えられた持ち時間も、こうして刻一刻と減っているわけだよね。
自分の人生がどのくらいの長さなのかは(幸福なことに)わからないけど、いまこの瞬間も見えないタイマーは進んでいて、いずれ「ピピピピッ!(終了)」の時がくる。

そう考えると、もっと毎日を、この一瞬一瞬を大切にしようって思うよね。
 

Category:あみもの 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.11.15(Tue) 12:50

IMG_0348.jpg


クリスマスケーキの予約。
どこのケーキにするか迷い中。

最初はケーキ屋さんのものって考えていたけど、段々コンビニのケーキも食べてみたいような気がしてきた。
どこのコンビニのケーキがおすすめか聞いても、みんなちがうコンビニ名をあげるので、ますます決断がゆらぐ。

ファミリーマートのミルフィーユ・シャンティ、和栗のモンブランも心惹かれるし、セブンイレブンのいちごのプリンセスショートケーキもおいしそうだし、ローソンの四角いケーキ詰め合わせ(9個入り)がいいって家族はいうし、一体どうすればいいものやら。

ケーキだけじゃなく、ピザやサンドイッチも魅力的。お肉もおいしそう。
いろんなものをちょっとずつ食べたいんだよねー。


毎年、今年こそはブッシュ・ド・ノエルを食べたいって欲望に駆られるんだけど、量が多くていつも断念してる。
周りにブッシュ・ド・ノエル好きがいないんだよね。
だからせっかく買っても、基本、よろこんで食べるのは私ひとりで、家族はつき合い程度につつくだけになるからね。
1人で食べるには、あの切り株、どう考えたって多いでしょ。
にもかかわらず、食べきれないはずの量の切り株をきっと自分なら食べきってしまうであろう現実が怖いから、断腸の思いで毎シーズン諦めている。


↑の写真は、岩手サファリパークのサル園にいた、ワオキツネザル。
おやつの果物を買って、サルの檻の中にはいって一緒に遊ぶことができるんだよ。
で、さっそくリンゴかなんか入った紙カップを持ってワオキツネザルさんたちのお宅にお邪魔したんだけど、ものの10秒もしないうちに肩に飛び乗ってきた方々(何匹も一気にきた)にカップを奪われ、コンクリートの床上にリンゴがばらまかれ、それを見た仲間がわらわらと樹上から降りてきてリンゴにむらがるさまを呆然と眺めるしかなかった。

ワオキツネザルは好奇心がものすごく旺盛で、頭がいい。

檻の入り口にある注意書きを読むと、ハンドバッグ等の口はかならずしめておくよう書かれてあった。
じゃないとバッグやポケットの中に手を入れて、中のものを抜き取ってしまうんだって。お財布とかスマホとかね。

そうなんだ、気を付けよー・・・・・ってな(いま思うと生半可な)気持ちで扉のむこうに回った途端、注意書きに書かれてあったことの重大性っつうか深刻性っつうかその度合いのすさまじさっつうか、「ああ、そうなんだ、ワオキツネザルの世界には、遠慮とかためらいとかものおじって概念は存在しないんだ」って思い知らされたよね。

ワオキツネザルの手ってつめたいの。感触はぺたぺたして、やわらかい。
その冷たくてやわらかくてぺたぺたした無数の黒い手がバッグに伸びてくる、伸びてくる。
注意書きを見て、バッグのファスナーはしめていた。
そのファスナーの先についてる飾りのタッセルがワオキツネザルの好奇心のツボにはまったらしく、やたらみんなでタッセルをにぎって、かじって、ひっぱって、あわよくば持ち去ろうとする。
はいてるジーンズのお尻のポケットにガンガン手をつっこんできて、何か抜き取れるものがないか探してる子もいるし、着ているパーカーのフードもやたらみんなにめくられた。
体には常時、6、7匹以上のワオキツネザルがよじ登って離れない。
ワオキツネザル・ツリーと化す人間たち。
もう満員御礼状態なのに、それでもまだガンガン飛び乗ってくる。肩にも、背中にも、腰にも。



ホントにもうね・・・・・楽しかった!!(動物好き)
旦那は、もう勘弁!!って言ってたけど(動物興味なし。ただし、黒猫以外)

ワオキツネザルに思いっきりたかられてみたい人には、お勧めのスポットだったよ。
 

Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2016 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。