dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.22(Sun) 20:06
 甥っ子ファミリーが帰途につき、家の中が急に静かになったこの週末、私はあるブツを1人片づけておりました。


DSCN1927.jpg

これが何かというと、ちびっこ対策の網なんであります。

ちびっことは、人間のちびっこ(甥っ子)と猫のちびっこ(黒猫)両方を指しまする。


DSCN1917.jpg


この1ヶ月近く、母と私はちびっこ対策について再三、話し合いを重ねて参りました。

甥っ子たちが遊びに来るにつけ、私たちは2つのことを心配していたんであります。


1つは、猫慣れしてない甥っ子たちが喜んで黒猫兄弟を追いかけ過ぎて怪我(引っかかれる等)をしないかという心配。
2つ目は、黒猫兄弟の脱走。


どんなに気を付けていても起こりうる家猫の脱走事件。

やんちゃ盛りの人間ちびっこと、やんちゃ盛りの仔猫の兄弟という組み合わせになれば、これはあらゆる寒天・・・・・じゃなかった(笑)・・・・・あらゆる観点から見て、ステキに脱走の危険度が倍増するんじゃないかって、母と私は心配したんであります。


DSCN1923.jpg
「お外って面白そう・・・」


2つの問題を解決すべく、母と私は知恵をしぼり合った。

いろいろ考えた末、甥っ子たちの滞在期間中は、階段と1階の廊下の間に仕切りを設けて、一時的に黒猫兄弟の生活スペースを制限したらどうかって話になったんだけど、一口に仕切りと言っても、何をどう使って仕切ればいいのか皆目見当がつかない母と娘。

行き詰った私たちは、お中元でもらった、だだちゃ豆せんべいをバリバリ食べて新たな栄養を脳に補給しつつ、さらに無い知恵をしぼり合った。



仕切りはただ固定すればいいってもんじゃない。

人間(主に私)が出入り可能なものにしないといけない。
つまりは一部可動式。

でもどうやってそれを実現させればいいのかがわからない。



終わりの見えない話し合い・・・・・
減っていくだだちゃ豆せんべい・・・・・


DSCN1964.jpg
「一体、どうすれば・・・?」


長い話し合いの末、やっと1つの案がまとまった。
名付けて「網で仕切ろう大作戦」

階段の上り口の天井と床上につっかえ棒をし、その間に網を張ってアコーディオンカーテンみたいに開け閉め出来るようにするっていうのはどうよ?

網の両サイドは、壁にL字釘を打って、それに引っかけてとめるようにすればいい。


我々はさっそく近所のホームセンターに行って材料を調達して来ると、準備に取りかかったよね。

甥っ子たちが家にやって来る、わずか1日前のことだった。


DSCN1842.jpg


網を広げて準備していると、何も知らないリクとクーちゃんがすぐにやって来て私たちの手元にじゃれつき始めたよね。

かわいそうに、2匹はこれから隔離されることも知らないで無邪気に網の上を転げ回ってる。

これまでみたいに一階の廊下で大運動会が出来なくなると知ったら、この子たちはどんなに悲しむだろう・・・・そう思うと胸が痛んだ。

でも、しょうがない。
私は心を鬼にして、人生初の壮大なDIYプロジェクトに取り組んだ。


DSCN0589.jpg
(ここで涼しい雪原の写真でも見て、ちょっと一息)



半日かけてそれを完成させた時には、本当に感動したよ。

ああ、自分もやれば出来るんだ、そう思った。



DIYは確か「Do It Yourself」の略だったはず。

自らの手で完成させた網張り要塞を前に、私は胸を張って呟いた。
「Do It Yourself・・・・やればきっと出来るんだ!」


それからその辺を走り回っているクーちゃんを抱き上げて、そっと網の向こう側に移した。
リクも抱き上げて同じようにそちらに置いた。

そして素早く要塞の入り口を数ヶ所のL字釘に引っかけて固定した。


DSCN1943.jpg
「これで良し、と・・・・」


私は網の前にしゃがみ込むと、キョトンとした顔でこちらを見つめるリクとクーちゃんに話しかけた。

「ちょっとの間だけだから我慢してね。代わりに2階でいっぱい遊ぼうね」と。


リクは首を傾げてこちらを見てた。それからトコトコこっちへ歩いて来ようとした。
でも網に阻まれて叶わなかった。

リクは当惑顔で網を引っかいたよ。

それから突然、自分が網のこちら側に不当に閉じ込められていることを悟った。


リクは狂ったように網の前を行ったり来たりしながら前足で網を引っかいたよね。
それでもダメとわかると噛みついた。


ごめんね、リク。
こんなことして、本当にごめん・・・・


私はやるせない気持ちでそう呟いたけど、リクにはもちろんわかるはずもなかった。

網によじ登ると、リクは訴えかけるように鳴き続けたよ。
それからぐいぐい頭を押し付けて網を破ろうとした。


見ていてあまりに切なくって、私は思わず腕を伸ばして仕切りと開けてあげようとしたんだ。

その時。


リクが網の隅っこに体をねじ込んで・・・・・あっさり脱獄を果たした。



DSCN1934.jpg
「・・・・・・・・・・」



それを見ていたクーちゃんが、リクに続けとばかりに、やはりあっさりと脱獄に成功。

汗と涙の結晶である我が要塞は、あっけなく破られた。


DSCN1940.jpg
「お母さんに、知らせなきゃ・・・・・」



私は重い足取りで、台所にいる母に事の次第を報告に行ったよね。

母は最初、私の言葉を信じようとしなかった。


なのでその目の前でもう一度、私はリクとクーちゃんを網の向こう側に入れ、しっかり入り口を固定して見せたんだ。



リクは首を傾げて母を見つめていた。

それから迷うことなく、さっきと同じやり方で同じ場所からあっさり脱獄に成功した。
クーちゃんもそれに続いた。



DSCN2014.jpg
「・・・・ね?」  「うん・・・・」


1か月かけて実らせた人生初のDIYプロジェクトが、わずか数十秒で終了する哀しみ・・・・・・




DSCN1904.jpg
「ここは、お母さんに任せなさいっ!」



母は燃える目で裏の小屋に駈け出して行くと、手にこん棒のような物を持って戻って来た。

麻ひもを使って、こん棒を階段の片側に壁に固定させると、今度はこん棒に網を厳重に結わえつけ始めたよね。
その間、私は反対側に壁にさっきの倍の数のL字釘をひたすら打ち込んだよ。


母は再び小屋に引き返すと、今度はどでかい漬物石を数個抱えて戻って来た。

どうしても防ぎ切れない網の隙間にこの石をセットして、2匹の行く手を防ごうという、障害物作戦だよ。


私たちはわき目もふらずに入念に漬物石をセットした。



明日には甥っ子たちがやって来る。
今から新しプロジェクトを立ち上げている時間もない。

私たちにはもはや、この数個の漬物石だけが頼りだったんだ。


漬物石を抱えて右往左往する私たちの足元で、黒猫兄弟がのんきにじゃれ合っていた。



DSCN2004.jpg


とりあえずはこん棒と漬物石で補強して一晩様子を見てみようということになり、私は要塞のこちら側に黒猫兄弟と引き取って休むことにした。

黒猫兄弟と私が要塞のこちらに引き取ると、その後から母がさらに入念に漬物石を置き直したりして、あれこれ調整してくれたよ。


その晩、私は珍しくなかなか眠りにつけなかった。

夜がやけに長く感じられた・・・・・


DSCN1831.jpg




翌朝目を覚ますと、辺りに黒猫兄弟の姿は見当たらなかったよね。
代わりに一階の方から声がした。


さては網の外に出たくて鳴いているなと思い、眠い目をこすりながら階段を下りて行くと・・・・・


階段のどこにも兄弟の姿は見当たらない。

2匹は階段にはいなかったよ。


2匹は・・・・・




すでに脱獄を済ませて、1階の廊下の真ん中でプロレスごっこに興じていた(涙)


DSCN1827.jpg
「あはは~、楽しいねぇ」 「後のごはんが楽しみだねぇ」


・・・・・一体、どこからどうやって外に出たんだろう?

昨晩、あんなに厳重に補強しておいたのに、なんで?!


私は慌てて外に出て事実を確かめようとした。


が。
昨夜、母が厳重にセットし直した漬物石とこん棒が行く手を阻み、外に出られなかった。


DSCN1892.jpg
「・・・・・・・・・・・」



DSCN1893.jpg
「ママー、何してるのー?」 「遊んでるのー??」



DSCN1913.jpg
「ばあばー、ママが網の向こうで遊んでるー」 「僕もあっち行きたーい」
「・・・・・・・・・・・・・・」




・・・・・こうして、1ヶ月かけて練り上げた母と私のDIYプロジェクトは幕を閉じた。

甥っ子たちの滞在期間中、網張り要塞は、100%無用の長物と化して階段の入り口にみじめに垂れ下がっていたよね。



DSCN1952.jpg
「どうせどうせ、私のDIYスキルなんて・・・・・(涙)」



DSCN1951.jpg
「どうせどうせ・・・・・」
「ママー、早く出て来てー!」 「お腹空いたーー!」



今後、もしまた何かを作らなくてはならない機会があったら、その時は迷わず人に頼もうと思う。

Do It 人頼み。


略して「DIH」の精神で、これからの私は行く。




読んで下さってありがとうございます。


br_decobanner_20100820162726.gif
「何、この自己監禁プレイ・・・・・」 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(3) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.19(Thu) 23:41
前回の記事から、あっというまに2週間経過してしまいますた。
お久しぶりであります。


毎日、暑いっすね。
どこへ出かけようと出かけなかろうと、とにかく暑いっすね。


記録的な猛暑の中、ワタクシの長年の相棒であったパソ君が、とうとう逝ってしまわれました。
前回の記事をアップしてからまもなくのことであります。


DSCN1879.jpg
(お盆明けの土砂降りの中、3ヶ月ぶりに漢方外来へGO~)


前の日まではピンピンしてたのに、パソ君ったら、さよならも言わずに突然逝ってしまって。

おかげで、これまで撮りためてきた黒猫兄弟のめんこ過ぎる仔猫写真が、全部おじゃんに~~(涙)


無念だ。
ただ、ひたすら無念だ。

・・・・・バックアップ取ってなかった私が悪いんだけどさ。


DSCN1878.jpg
(無念ながら、病院帰りのチョコマフィン♪ちょっと毒きのこっぽい)


いずれ買い替えなきゃと思って目星をつけていた新パソコンをその後ゲットしたものの、今度はプリンターが古過ぎて、新しいパソに接続出来ませんときたもんだ!

さらに周辺機器もいろいろと新調する必要が出てきて、ステキな出費地獄は続いた。



DSCN0547.jpg
(かろうじて残った数枚の仔猫写真。クーちゃん、ちっちゃいなーー・・・・)


そんな私の悲しみをよそに、黒猫兄弟はスクスクと成長中。


お得意のプロレスごっこにも新技が加わって、最近はお互いに後ろ足で立ち上がって激しくビンタし合うという、新手の戦闘方法が取り入れられております。


DSCN1856.jpg
(無言で殴り合う兄弟)


DSCN1857.jpg
(ひたすら無言で殴り合う・・・・)


DSCN1858.jpg
「いいからもう、やめなって~~!」



部屋の一番高い窓にも上れるようになりますた。


DSCN1764.jpg
「えへへん♪」



パソコンが使えなかった1週間、手持ち無沙汰だったので、増え過ぎた本の処分でもしようとブックオフの宅配本サービスを利用してみることに。

おかげで、段ボール6箱分の本をめでたく里子に出すことが出来てすっきり。
家まで取りに来てくれるなんて、ありがたいわ~~。


本の整理を終えてもまだ手持ち無沙汰だったので、あとはロングカーディガンを編むべし!ひたすら編み進めるべし!!・・・・・と、突き進んで、身頃と袖、ポケットが完成。

現在は、スーパーロング前立てを絶賛1目ゴム編み中。


DSCN1883.jpg


今回のボタンホールは、初めての縦(垂直)開き。

前立て編みまでくると、いい加減、辞書を引くのがめんどくさくなり・・・・・
勘という名の適当方式で解読して編み進めたため、このやり方で本当に合っているのかどうかわからないけど、まあ、無事穴も開いたことだし、今回はこれで良しとしよう。


DSCN1867.jpg
「ほんとにそのやり方でいいのかニャ・・・」 「いいのかニャ?」 (不吉な突っ込みはやめれ~~)


今週は、甥っ子ファミリーが帰省しております。

月並みな言い方だけど、子どもの成長は早いね~。
去年会った時とはまるで別人の甥っ子たち。

どんどん大きくなっていくちびっこたちがまぶしくもあり、心の隅ではちょっと淋しくもあり。





br_decobanner_20100819103138.gif
「こんニャロ、こんニャロ!」 「やるのか、こんニャロ!」


読んで下さってありがとうございます。 

Trackback(0) Comment(1) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.04(Wed) 13:11
三井住友海上スマイルハートクラブ(SHC)と日本編物文化協会(NAC)共催の「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」ボランティアが、今年も開催されます。


受付期間は、例年より繰り上がって2010年11月1日(月)~11月7日(日)まで。


参加要項については、こちらこちらをご覧下さい。



それにさきがけて、現在、「夏だ!暑いぞ!ボランティア祭り」が開催されておりまする。

熱き有志たち、あおさんsakururuさんがなんとも太っ腹な企画を立ち上げておられますので、「我こそは!」と思われた方はぜひぜひ名乗りを上げて下さいませ!



DSCN1434.jpg
「よろしくお願いしますニャ♪」「にゃっ♪」 

Trackback(0) Comment(3) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.01(Sun) 22:35
先月末から母の膝に水がたまり、畑仕事が一時的に出来なくなった。


DSCN1604.jpg


安静にして回復を待つしかないみたいだけど、この「安静にして」っていうのが結構くせもの。

「安静にしている=心も安らか」とは限らないもんね。
家でじっとして何もすることがないと、かえっていろいろ考えちゃったりするし。

グルコサミンを飲みながら足湯に励み、膝仲間から得た情報を元に『膝ノート』なるものを作成して気をまぎらせていた母だった。


DSCN1705.jpg


そうこうしながら養生するうち、膝の具合も次第に良くなって、先週辺りからちょっとずつ畑に出られるようになったんだけれど・・・・


1ヵ月近く放置した畑は、今ではすっかり草ぼうぼうの荒れ野状態に。
手塩にかけて育てた野菜の生育も思うように進まず、せっかく育ったものはすでに鳥たちに食べられた後。

「ま、今年はしょうがねべ・・・」

そう言って肩を落とす母を見ていたら、ほんの少し・・・・・私にも何か手伝えることはないかと珍しく殊勝な気持ちが芽生え始めた私がいた。


DSCN1663.jpg


だけど。
でも。
実は。

畑仕事が大の苦手な私であります。


何度も言っているように、私は虫が怖い。
写真を撮りに畑に入るだけで、毎回、戦々恐々としてるもん。

いつなんどき得体の知れない虫が死角から襲いかかって来るかわからないから、草むらに入る時は常に四方八方に目を光らせて奴らの攻撃に備えるようにしてるんだけど、目を光らせ過ぎて、毎回、見つけなくてもいい虫を葉っぱの陰に次々と見つけては無益な絶叫を繰り返してしまっている私がいる。


でももう、そんなことも言ってられないよね。


ここはひとつ奮起して、私も何かお手伝いしませう・・・・・
そう思って、ある雨の上がりの夕方、母と一緒に畑に出かけて行った。


行ってみるとうわさ通り、畑は素敵に草ぼうぼう。


DSCN1719.jpg
(草ぼうぼうの畑を、緑のカッティングボードで表現↑↑)


DSCN1610.jpg
(サツマイモだけがやけに元気だった)


今回の我々のミッションは、いんげん豆を収穫すること。

「なんだ~、それくらい楽勝じゃん♪」
私は余裕のよっちゃんで(死語)、へらへら笑いながら母の後をついて行った。

が。

母に連れられていんげんコーナーの前に立った私は・・・・・息を飲んだ。


DSCN1626.jpg
(見上げんばかりのツル壁・・・・)


DSCN1616.jpg
(こ、このトンネル内にもぐり込んで作業を・・・?)


まさか、ここまで勢い良くツルが茂ってるとは思わなかった私はたじろいだ。

見れば、トンネルの前には邪悪な羽虫が無数たむろって、下卑たニヤニヤ笑いを浮かべて飛び回りながら、「よおよお、ねえちゃんよぉ、お前に本当にいんげんが狩れるのかよぉ」なんつって100均で買ったチェーン振り回しながらこちらを挑発してる(←すでに脳内錯乱気味)

スーパーたじろぐ私を知ってか知らずか、母が追い討ちをかけるように言った。


DSCN1724.jpg
「いろいろ虫とか降って来るけど、気にしないで」


DSCN1722.jpg
「・・・・え?」



降って来るって・・・・たとえば、どんな?



DSCN1727.jpg
「いろんな虫」



いろんなって・・・どんな?



DSCN1725.jpg
「だから、いろんな虫」




DSCN1720.jpg
「・・・・・・・・」




私は、母に言ったよね。

「いろんな虫」なんていうオブラートに包んだ言い方はやめて、どんな形状のどんな性質の虫がどの程度の割合でどの方角から降って来るのか今すぐはっきり言ってくれ、と。

そうでなければとても怖くて、私は中には入れません!と。


すると母は謎めいた笑みを浮かべて、トレパンのポケットから持参したビニール袋をひっぱり出すと、「お母さん、先に行ってるよ」と呟いて、1人トンネル内に突撃して行ったんだった。




DSCN1750.jpg
「待って!おかあさーん、早まらないでーー!!」
(遠ざかる母の背中をワイドテーブルで表現↑↑)


いんげんトンネルに一歩足を踏み入れたとたん、温厚な母の瞳の色が変わった。

まるで密林にひそんで獲物を狙うヒョウのごとく、その目はぎらぎらと輝き出し、どんな小さないんげんも見逃すまいと、ツルからツルへ、葉から葉へと燃えたぎる視線を走らせてる。


そこにいたのはもはや私の知る母ではなかったよね。
そこにいたのは、伝説のいんげんハンター。

食べてしまえば皆同じとばかりに、ごくごく小さなベビーいんげんまでためらうことなく収穫する非情のハンター・・・・



DSCN1620.jpg
(ハンターの教え その1 「長袖長ズボン着用の上、シャツは必ずトレパンにインのこと。これ全て、虫対策なり」)



DSCN1623.jpg
(ハンターの教え その2 「日が陰っていても、帽子着用」) 



いんげんハンターになりそびれた私はすっかり手持ち無沙汰になり、仕方なくその辺の写真を撮ってヒマをつぶすことにした。


DSCN1602.jpg


DSCN1630.jpg



DSCN1642.jpg
「二つ星テントウ、見っけ♪」(テントウ虫は、ちょっと平気)





****************************



DSCN1735.jpg
「終わったよ」 「はい・・・」

結局、何の役にも立てないまま、私は母と帰ることになった。


DSCN1646.jpg
(収穫したいんげん)


DSCN1651.jpg
(それにしても、梅雨みたいな天気だなー・・・)


DSCN1648.jpg
「ほんとだなー・・・」 (突如フレームインしてくる、いんげんハンター)


帰り道、ふと母が呟いた。



DSCN1726.jpg
「お母さん、家に帰ったら半殺しにしようかな・・・・・」


DSCN1742.jpg
「だ、誰をっ?!」







半殺しにされたのは・・・・・・




DSCN1758.jpg
(凶器に使われたこん棒)



DSCN1699.jpg
「もち米でした♪」


もち米を半殺しにして(半分にすりつぶして)作ったおはぎ。

久々食べたけど、おいしかった。




読んで下さってありがとうございます。


br_decobanner_20100728164254.gif
(いんげんハンターは今日も行く・・・・・) 

Trackback(0) Comment(7) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2010 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。