dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.05.01(Fri) 11:11
最近いくつかのブログを拝見していたら、定額給付金についての話題を見かけたんだけれど、皆様、定額給付金はもう受け取られたでしょうか??


DSCN8261.jpg
(BLITHEさん、途中経過)


私はちょっと前に受け取った口。
もらう前から、大体の使い道も決めてた。

乙女の恥じらいに頬を染めつつ打ち明けちゃうけど、実はブラを買おうと思ってて。

さっそく昨秋ゲットした「自分の胸のサイズカード」なるものを手に意気揚々と売り場に向かったんだけど、欲しいサイズがそこにはなくて、さらに売り場の人にもなぜか毎回巡り会えなくて、結局諦めて帰って来る日が続いた。


DSCN8265.jpg
(売り場にたたずむ孤独な私・・・・)


そうこうしているうちにちょっとした支払いで大事な諭吉札が崩れ、そうなるともう後は野となれ山となれ・・・・マイ・ハニーことマイ・マニーにどんどん羽根が生えて飛んで行き、ヤケになった私は残りのお金で衝動的に帽子を買って・・・・・・・気が付くと、おニューのブラ購入の夢ははかなくも消え去っていたんだった。


DSCN8278.jpg
(ソフトのおいしい季節になった♪)


幻に終わったブラの夢・・・・その深い哀しみをここで思い切りぶつけてみようと、私は今、満身創痍の体でキーボードを打ってる。
ニコール(仮名)サイドが出し惜しみすることなく素直にブラを提供してくれていれば、私も風薫るこの5月のはじめに、あえてブラの話をする必要もなかったんだ。

そもそも昨秋、実際の売り場に出かけて行ってブラを買うまで、私は下着はほとんど通販で買って済ませていた。
サイズなんか自分で測ればいいし、って。

それと言うのも、さかのぼること数年前、とあるショップでトラウマ的な体験をしたからなんだ。


DSCN8269.jpg
(思い出すと胸が痛い・・・・いろんな意味で・・・)



その夏、私は軽い気持ちでデパートにブラを買いに出かけたんだった。

Tシャツに響かないタイプのブラを探してブラブラ売り場をさ迷っていると、「何かお探しですか?」って穏やかな声がして、振り返ると『トリンプ伊藤(仮名)』って名札を胸に留めたベテラン風の店員の女性がそこに立って微笑んでた。

トリンプ伊藤が薦めてくれたブラはどれも素敵で、私はさっそくそれらを試着してみることにして、フィッティング・ルームへ直行したんだ。

最初の物件を試着してみると、それはまさしく私の胸にぴったりだった。

「さすが、トリンプ伊藤♪やるね~~」・・・って思いながら次の物件に取りかかろうとしたその時、不意にカーテンの向こうから、「お客様、いかがですか?」って声が響いた。

それからトリンプ伊藤は続けたよね。「ちょっと、お入りしてもよろしいですか?」


DSCN8290.jpg


トリンプ伊藤は女スパイみたいにするりとカーテンのすき間から体を滑り込ませて来た。
見ると両手には真っ白な綿の手袋をはめてる。

トリンプ伊藤は私に前かがみになるように命じると言ったよね。

「お胸の方、失礼します」


DSCN8271.jpg
「お胸・・・・・」



トリンプ伊藤は白手袋をはめた手をこちらのブラの中に入れて、ぐいぐいと私のお胸を矯正しにかかった。

ひとしきりぐいぐいやった後、「はい、結構です」って言われて上体を起こして見ると・・・・そこには見たこともないお胸をした私が立っていたよね。

鏡越しに勝ち誇った笑みを浮かべながらトリンプ伊藤は言ったよ。

「これが正しいお胸の位置です」



DSCN8251.jpg
「はい・・・・・・・・・」


その後、フィッティング・ルームに持ち込んだブラの数だけ、この悪夢のようなぐいぐいが繰り返されることとなった。

「失礼します→お胸のチェック→ぐいぐい→これが正しいお胸の位置です・・・・・失礼します→チェック→ぐいぐい・・・・・これが正しい・・・・」


狭いフィッティング・ルームで正しいお胸の位置を叩き込まれ続けた私は、やがて身も心も廃人のようになり、トリンプ伊藤の機嫌を損ねないためだけにブラを1枚購入すると、あとは逃げるように売り場を後にしたんだった。



DSCN8071.jpg


・・・・・以来、私は毎晩のように、白手袋をはめたトリンプ伊藤が血まみれの顔で笑いながら私を追い駆けて来るという悪夢にうなされるようになった。

真夜中、汗びっしょりになって「正しいお胸の位置!!」って叫んで目を覚ます、そんな夜がいく晩も続いた後、私はついに実際の売り場でそれを買うのは諦めて、通販でひっそりブラを購入する隠遁者の生活に突入したんだった。



DSCN8027.jpg



そんな私が一念発起して、昨秋、久しぶりに実際の売り場にブラを買いに出かけて行った。

ブラを探してブラブラ売り場を歩いていると、巻尺を持った優しそうなお姉さんが声をかけてきて、またしても素敵なブラをお薦めとしていくつか手渡してくれた。

白手袋の恐怖に怯えながら私はフィッティング・ルームへ駆け込んだよね。

今回はなんとしても!
あの白手袋が襲来する前にここから逃げ出さなくては!!
そう胸に誓って。

でも結果から言うと・・・・・逃げられはしなかったよね。
お姉さんは微笑みながらも虎視眈々と私のフィッティング・ルーム前に張り込んでたんだ。
再びあっさりと捕らえられた私は、今回なんと、素手で真っ向勝負を挑まれたんだった。


DSCN8030.jpg


哀しみのぐいぐいの後、青ざめた顔で上体を起こした私にお姉さんは言ったよ。

「肘を曲げて、鏡に横向きに立っていただけますか?」と。

言われた通り、ロボットダンスをする人のように両肘を曲げて鏡に横向きに立つと、「あ、片手だけで結構ですよ(笑)」って言われて、私は反対の手はだらりと垂らしてそこに立った。

お姉さんは鏡越しに私の腕を指して言ったよね。

「肩から肘にかけての上腕のライン、このちょうど中間にトップバストがきてますね。これが正しいお胸の位置です



DSCN8257.jpg
「はい・・・・・・・」



・・・・・そうして晴れて再び、正しいお胸の位置をゲットした私は、同時にサイズカードなるものも発行してもらって、次回はそのカードを手にもっとスマートに・・・(おそらくは、ぐいぐい無しで)ブラを購入出来るようになったはずなんだった。

そして今頃は、新調したブラで正しいお胸の位置をばっちりキープしながら、晴れやかにこのブログを更新していたはずだったのに。


DSCN8294.jpg


もっと安らかに試着出来ないものか・・・・・




読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

心と体に優しいブラを手編み出来たらいいんだけど。 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(11) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2009 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。