dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.21(Sun) 23:24
昨日、私は1日中、とある女性の胸元と腰回りが気になって熱心に眺め続けていたんです。
その女性とは、この間買ったフィルダーのファミリー・シリーズの表紙を飾っていた↓のモデルさんなんだけど。

DSCN3561.jpg

あお君の終わりが見えてきた最近、気持ちは当然次の物へと飛んでいたよね。

ケーブル模様はあお君で満喫したし(でもまた編むよ!!)、レース模様はこれからタイガ殿下で堪能するつもりだし、今度編むそれは、お菓子で言うところの「あっさり、さっぱり、塩味」的なシンプルなデザインで行こうと、このところの私は考えていたのね。

そこで目を付けたのが、フィルダーの↑のモデルさんが着ていたシンプルなメリヤス編みのセーター。

DSCN3574.jpg

でもね。

「編もうかな♪」って気軽に言っても、相手はフィルダー様、その後は過酷な解読タイムが待っている。
だからずいぶん腰が重かったんだけれど、今回、同時に妙に楽観してる自分もいた。

相手はなんたってシンプルなメリヤス編みのセーター。「手順はもう大体わかっていてよ?」の精神で、あとは具体的な目数だとか増し目、減らし目等について教えてもらえばそれでいいって思ってた。

そして昨日・・・・

休みで何の予定もないのに張り切って6時起きしちゃった私は、昨日、ごくごく軽い気持ちでこのパターンの解読に挑んだんだった。

DSCN3584.jpg

当初の予定では、解読作業は午前のうちに終了して、午後からは糸を見に行くはずであった。

そうして買って来た糸(←もう目星もつけてた)を夕方ブログにアップして、「買っちゃった(^^v」と茶目っ気たっぷりに披露してから、夜はあお君の袖に集中して取りかかって一気に仕上げちゃうつもりだった。

でもそれは・・・・今にして思えばそれは・・・・

あまりにも甘い考えだったんだ。

たとえて言うならそれは、「生肉を手にライオンの群れを訪れたら、きっとみんな温かく迎えてお友達になってくれる♪」と本気で信じているかのような、そんな愚かしくも甘い考えだった。

DSCN3592.jpg

最初、私はこう考えていたのね。

このセーターの、リブ部分とメリヤス部分の間に浮き出たぽっこりライン(見えますか?)、これはガーター編みだろうと。
ところが解読を始めてまもなくわかったのは、そこはガーター編みではないってことだった。

もっと言えば、身頃も袖も、リブ部分とメリヤス部分は切り離して別々に編まれていて、最後に何がしかの方法で縫い合わせてあるんだった。

リブ部分について、フィルダー様はこう指示しておられた。
「ゴム編みを○センチ編んだら、次はメリヤス編みを△センチ編んで終わりにしてね♪」と。


・・・・・一体なぜに、そんなことを?

DSCN3588.jpg

私は汗かきベソかき辞書を引いて、フィルダー様に「なぜなのですかっ?!(意味わかんねー!)」と食い下がった。

するとわかってきたのは、どうやらフィルダー様はメリヤス編みに特有の「端っこクルクル巻いちゃう現象」を利用してこのぽっこりラインを演出しようとしているってことだった。(私はそう理解した)

この小粋なぽっこりラインは、クルクル丸まるメリヤスの編地の端と端とを、何がしかの方法で縫い合わせて作り出した、「欠点だって長所に変えちゃう♪」素晴らしい発想の産物らしかった。

そう言われてよく見てみると・・・・・

DSCN3556.jpg

DSCN3554.jpg

・・・・・確かに、ガーター編みじゃなかったんだ。なんかメリヤスっぽくなってるのが・・・わかりますでしょうか?

全然気付かなかったよ、フィルダー様・・・・・芸が細かいっすね(感動)・・・・





で、私は、その縫い付け方がわからなくて1日中身悶えする羽目になったんだった。

昔編んだメリヤス・オンリーのスワッチを2枚引っ張り出して、両者を自分なりの方法で縫い合わせてみたりもしたんだけど、果たしてそのやり方でオッケーなのか、全然自信は持てないままなんだった(・・・たぶん間違ってると思う)。

結局昨日は1日中、ずうっとこのモデルさんの胸元と腰回りを熱く見つめ続けて、このぽっこりラインが一体どうやって生み出されているのか考え続けていたんだった。

誰か、何か良い方法を知っていたら教えて下さい。

DSCN3586.jpg

だけど、もしね、仮にその方法がわかったとしても、そんなしちめんどくさいやり方でこのセーターを編み上げることが出来るのか、やっぱり自信がないのね。

両身頃も袖も襟ぐりも、全部そうやって分けて編んだ後また縫い合わせるという、そんな地獄のメニューを消化出来る自信が、私には・・・・・私には・・・・ない・・・・・・

みなさんには、ありますか?

DSCN3577.jpg

でも。

でも、そうだとしたら。

このセーターをこのまま諦めるとしたら・・・・・朝6時に起きて机に向かい、一生懸命解読に励んで気が付いたら日が暮れていた、そんな私の立場はどうなるんだろうって気も、(激しく)したんだった。

ただただ、貴重な休日を棒に振ったことになりはしまいか?と。

「大丈夫!!結果が全てじゃないよ。いつかきっといいことあるから♪」
・・・・そう言って自分を抱き締めてあげたくなった、そんな秋の夜長でした。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

意地になってその後、もう1個別のパターンも解読してやりました。
そちらはなんとか・・・・編めるかも。でも予定は未定。

 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(9) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2008 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。