dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.30(Tue) 19:33
抜けるような秋晴れの下、あお君がやっと乾いた。

DSCN3797.jpg



DSCN3750.jpg

Pattern:「Rebecca」 No.36から 「 Brown Cable Sweater」
Yarn: Bamboo Merino(10) 9玉
Needles: 5号、3号。

水通ししてやっぱり良かったかも。乾いてみると編地が落ち着いてちゃんと滑らかになったし。
内心気になっていた毛羽立ち(←実は洗濯機の「おうちクリーニング・コース」でちょっとだけ脱水にかけちゃっていたんだった・汗)も、乾くのと同時に治まって、ホッ。

DSCN3756.jpg

袖の間違えちゃったケーブル部分は、ちょうど肘の所にくる模様。でも、編みマー(編み物する人、の意)じゃない限り、おそらく気が付かないと思う。

DSCN3762.jpg


DSCN3764.jpg
(アップにしといてなんだけど、あまり詳しく見ないでん)

襟元の縫い付けは引き抜きとじでやってみた。これ、楽だしダレないし、良かったです。
今度からはこれで行こう。

DSCN3769.jpg

袖は着るとこんな感じ。

ご覧になっておわかりの通り、あお君はずいぶんと体にフィットするサイズになってる。

DSCN3755.jpg


それと言うのも去年だったかおととし、同じバンブーメリノの青でジャストサイズのチューブトップを編んだんだけれど、それがすっごい伸びたんだな。(前にも言った気がする)

どのくらい伸びたか、その伸び率を確認しようと引き出しの中を引っかき回してみたら・・・・出て来ましたよ。

DSCN3794.jpg

これね、トルソーに着せてるからまだ布の摩擦で胸元にちょい引っかかってるけど、人間が素肌に着たりした日なんざー、即効「ぽろりん」なんだ。

DSCN3791.jpg
(↑誰にも求められていない、ぽろりん)

2、3日着たらもうこんな状態になっちゃって、私は泣きながら「でも洗ったら(綿みたいに)縮むんじゃない?」って思って、その後、優しく真心をこめて手洗いしたんだった。

けれども願い叶わず、ぽろりんチューブは逆に絶望的なくらい伸びちゃって、もはや救いようの無いくらい伸びちゃって、恐怖の大ぽろりんチューブへと変貌を遂げたんだった。そうして私の夏は終わったんだった。


なのであお君はピッタリサイズで編んで、これからじわじわと着伸ばして行こうと思っています。
秋の終わり頃にはざっくりニットになっているんじゃないかな。

DSCN3785.jpg
(あお君、「それではみなさんお元気で♪」のポーズ)

とにかく、あお君が無事乾いてホッとした!!


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

どうでもいい話なんだけど、ずうーっと「パピー・シャルダン」だと思い込んでいたのが、実はパピー・ジャルダンだったと、今日気が付いた。
ハガキが来てたの、パピー・ジャルダンから。

 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(6) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.27(Sat) 22:48
あお君、今だ乾かず。

ただ、若干の進展はあり。水気を含んでずっしりと重かったそれが、いくぶん軽やかに湿って重い・・・・そのぐらいの進展は、あり。

がんばれ、あお君。
まあ、気長に待ちます。

そして次なる物がついに始動。

DSCN3657.jpg

「フィルダー2005/06冬号」から「VESTE」であります。

メリヤスセーターのぽっこりラインであれだけ騒いどきながら・・・の感はありますが、メリヤスセーターの方も今シーズン中には編む予定。現在使用糸についてあれこれ検討中です。↑は意地になってメリヤスセーターと同時に解読したブツ。

「VESTE(ヴェスト)」って言うのは英語で言うところのジャケットの意味で、つまりは上着のことらしい。ややこしいけれど、英語で言うところの「VEST」(袖なしタイプのもの)とは違うみたい。

去年だったかおととし、この「VESTE」ちゃんをひと目見てハートを撃ち抜かれて以来、ずうっと編みたいと思っていたんだ。
私が着ても、たぶんこのモデルさんみたいにアンニュイかつエレガントな感じにはならないだろうけどぉ(別に気にしないけどぉ)、編むよ!!

DSCN3660.jpg

DSCN3690.jpg
(↑ヴァラッロちゃんの送られて来たダンボール箱。今だ寝床に使用する方がおられて、捨てられず)

使用糸はヴァラッロの141番。
このピンク、実際にご覧になられた方はご存知と思いますが、落ち着いたピンクで、大人系。

↓は1玉編んだところ。

DSCN3651.jpg
(ちょっと色が・・・白く飛びますた)

今回、フェルト化する方法で糸をつないでみた。
このやり方、好きなんだ。

正式名称がちょっと出て来ないんだけど(調べろ、っつう話だよね・汗)、後の糸始末が楽なのと最後の最後まで糸をみっちり使い切れるのとで(←ここ、重要!)、1粒で2度おいしい方法なのだ。

糸の両端を数センチほど裂いて魔法のお湯を(←嘘。ただのお湯です)垂らし、濡れた糸の両端を1本により合わせて両の手の平でガーッてこするだけ。手の平が熱く感じられるくらい猛々しくこすり合わせてフェルト化すると、あ~ら不思議、1本の糸になってくれる♪

DSCN3666.jpg
(↑はフェルト化してより合わせたところ。画像が暗くてごめんなさい。深夜でございます)

初めてこの方法を知った時、糸始末&糸つなぎに苦労していた私は涙を流して「考えてくれた人、ありがとう!」って心の中で手を合わせたんだった。

DSCN3672.jpg

でも当然、2本の糸を1本により合わせ直している訳だから、より合わせた箇所だけ「ポコッ」てツチノコの腹みたいに太くなっちゃう。
なので今回は裂いた糸端の一方を、加減を見ながら一部切り落として、より合わされる際の太さを調節してみた。

もしまだお試しになっていない方、経済的にも魅力あるこの方法に興味を持たれた方がいらしたら、試してみてちょ。地味に楽しいから。

DSCN3674.jpg

なかなかうまくより合わせられない、手に力が入らなくてうまくフェルト化出来ないよぉ~~、しくしく(T-T ・・・・って時は、憎いあいつの顔を思い浮かべながら「うりゃぁー!こうしてくれるわー!!」ってゴシゴシやるとすぐにフェルト化されると思うから、大丈夫♪

(でも、中にはうまく行かない糸もあるみたいです)

DSCN3675.jpg

それにしても、ヴァラッロちゃんのネップはカワイイね~♪
見ているとハーゲンダッツのストロベリー・アイスを思い出して食べたくってしまふよ。この寒いのに。

困るワン!


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

西方、南方にお住まいの皆様、お元気ですか?

北の大地に住むしまねこ家はついに今朝、暖房を入れました。
 

Trackback(0) Comment(8) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.26(Fri) 22:00
あお君、昨晩、ひっそりと完成しました。

さっそく水通しして現在干しているところなんだけど・・・・なんだけど・・・・

胸躍る曇天(←ヤケ)

邪悪な低気圧から伸びる前線が上空に停滞している影響で、こちらは↑のような胸躍る(←ヤケ)空模様。明日もあさってもこの調子みたい。急にぐんと寒くなって、今日は吹く風も冷たかった。かけ布団はすでに羽毛布団。

おかげであお君、乾く気配いっこうにナッシング。
干してから丸1日経った今も、たっぷりの水気を含んでずっしりと重い。

まさかあお君・・・・このままカビたりしないよね?などという不吉な考えが一瞬頭をよぎった。
いや、梅雨時じゃないし、大丈夫だとは思うけれど・・・・思うけれど・・・・・(気弱なこだま)

乾く日をじっと待ち続ける、あお君

水通しするかしないかずいぶん迷ったんだけど、結局水通しを断行。家人の寝静まった洗面所でそうっとジャブジャブ。

そしたらですねぇ、あお君自慢のムチムチ・ケーブルがずいぶん大人しくなっちゃった(涙)。いや、これは、程良く落ち着いたと考えるべき?(←困った時のポジティブ・シンキング)

あお君のケーブル

ちょっとケーブルが・・つぶれた


これはこれで悪くないんだろうけど、でも・・・もっとギラギラ・ムチムチしていた頃のあお君が・・・つっぱってやんちゃしていた頃のあお君が好きだった・・・・

でも、まあ、いいや!
みんないつかは大人になるんだ(笑)。

待ちわびたヴァラッロちゃん達も昨日無事に届きました。
マルカさん、いつものことながら早いな~。ありがとうございますです。

ヴァラッロちゃん達

あお君が1日も早く乾くことを祈りつつ・・・・・新作も始動!!



読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

今日うちの裏の道路で大きなカエルが車に轢かれて・・・そりゃあもう無残な形で亡くなっておりました。うちに住んでるガマ君たちじゃないよね?って祈りつつ、合唱。
安らかにお眠り。 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.24(Wed) 22:45
あお君、今週の頭に全パーツが完成して、現在鋭意とじはぎ中。

あお君、全パーツ完成

昨晩、身頃と袖のとじはぎを終えて、あとは袖付けと襟の縫い付けを残すのみ。(あ、あと水通しも)
昨日、根詰めて一気にとじはぎしたおかげで、今、首と肩がガッチガチ。

今回初めて裏メリヤス編みのすくいとじに挑戦した。

初めて挑戦した、裏メリヤスのすくいとじ
(真ん中辺がそうなんだけど・・・・あんまり詳しく見ちゃいやん)


今週珍しく、くるさん語で言うところの「ぎうぎう」。眠いっス。ちょっとフラフラッす。
でもこのところぐーんと一気に涼しくなってきたから、ニッター魂には火がついて来た!
なんとか頑張って、今週中か週末にはあお君を仕上げたい。

あとね、次回作も一応決定。

ヴァラッロ(141)
(↑の糸で行く予定ですのよ)

糸はすでに注文済みで、現在残りの糸待ち。
今日「送ったよ」メールが届いたから、もうすぐ着くかな♪

ちなみに前回の記事で、「ぽっこりライン」についてあみゅ♪さんにアドバイスしてもらい、すぐさまわっぱかで作り上げたスワッチが↓
でもあまりにわっぱかでダーティな為、遠目でお願いします。(合ってるかもわかんない・涙)

DSCN3598.jpg

自分で考えてやったより、ぽっこり・くるりんラインが際立った!!
あみゅ♪さん、ありがとうございました。


次回作は実はいろいろと不安な箇所も多いんだけど・・・・このまま突っ走ろう!勢いだけで突っ走ろう!!
あ・・・あとタイガ殿下もがんばんなきゃだった(汗)。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.21(Sun) 23:24
昨日、私は1日中、とある女性の胸元と腰回りが気になって熱心に眺め続けていたんです。
その女性とは、この間買ったフィルダーのファミリー・シリーズの表紙を飾っていた↓のモデルさんなんだけど。

DSCN3561.jpg

あお君の終わりが見えてきた最近、気持ちは当然次の物へと飛んでいたよね。

ケーブル模様はあお君で満喫したし(でもまた編むよ!!)、レース模様はこれからタイガ殿下で堪能するつもりだし、今度編むそれは、お菓子で言うところの「あっさり、さっぱり、塩味」的なシンプルなデザインで行こうと、このところの私は考えていたのね。

そこで目を付けたのが、フィルダーの↑のモデルさんが着ていたシンプルなメリヤス編みのセーター。

DSCN3574.jpg

でもね。

「編もうかな♪」って気軽に言っても、相手はフィルダー様、その後は過酷な解読タイムが待っている。
だからずいぶん腰が重かったんだけれど、今回、同時に妙に楽観してる自分もいた。

相手はなんたってシンプルなメリヤス編みのセーター。「手順はもう大体わかっていてよ?」の精神で、あとは具体的な目数だとか増し目、減らし目等について教えてもらえばそれでいいって思ってた。

そして昨日・・・・

休みで何の予定もないのに張り切って6時起きしちゃった私は、昨日、ごくごく軽い気持ちでこのパターンの解読に挑んだんだった。

DSCN3584.jpg

当初の予定では、解読作業は午前のうちに終了して、午後からは糸を見に行くはずであった。

そうして買って来た糸(←もう目星もつけてた)を夕方ブログにアップして、「買っちゃった(^^v」と茶目っ気たっぷりに披露してから、夜はあお君の袖に集中して取りかかって一気に仕上げちゃうつもりだった。

でもそれは・・・・今にして思えばそれは・・・・

あまりにも甘い考えだったんだ。

たとえて言うならそれは、「生肉を手にライオンの群れを訪れたら、きっとみんな温かく迎えてお友達になってくれる♪」と本気で信じているかのような、そんな愚かしくも甘い考えだった。

DSCN3592.jpg

最初、私はこう考えていたのね。

このセーターの、リブ部分とメリヤス部分の間に浮き出たぽっこりライン(見えますか?)、これはガーター編みだろうと。
ところが解読を始めてまもなくわかったのは、そこはガーター編みではないってことだった。

もっと言えば、身頃も袖も、リブ部分とメリヤス部分は切り離して別々に編まれていて、最後に何がしかの方法で縫い合わせてあるんだった。

リブ部分について、フィルダー様はこう指示しておられた。
「ゴム編みを○センチ編んだら、次はメリヤス編みを△センチ編んで終わりにしてね♪」と。


・・・・・一体なぜに、そんなことを?

DSCN3588.jpg

私は汗かきベソかき辞書を引いて、フィルダー様に「なぜなのですかっ?!(意味わかんねー!)」と食い下がった。

するとわかってきたのは、どうやらフィルダー様はメリヤス編みに特有の「端っこクルクル巻いちゃう現象」を利用してこのぽっこりラインを演出しようとしているってことだった。(私はそう理解した)

この小粋なぽっこりラインは、クルクル丸まるメリヤスの編地の端と端とを、何がしかの方法で縫い合わせて作り出した、「欠点だって長所に変えちゃう♪」素晴らしい発想の産物らしかった。

そう言われてよく見てみると・・・・・

DSCN3556.jpg

DSCN3554.jpg

・・・・・確かに、ガーター編みじゃなかったんだ。なんかメリヤスっぽくなってるのが・・・わかりますでしょうか?

全然気付かなかったよ、フィルダー様・・・・・芸が細かいっすね(感動)・・・・





で、私は、その縫い付け方がわからなくて1日中身悶えする羽目になったんだった。

昔編んだメリヤス・オンリーのスワッチを2枚引っ張り出して、両者を自分なりの方法で縫い合わせてみたりもしたんだけど、果たしてそのやり方でオッケーなのか、全然自信は持てないままなんだった(・・・たぶん間違ってると思う)。

結局昨日は1日中、ずうっとこのモデルさんの胸元と腰回りを熱く見つめ続けて、このぽっこりラインが一体どうやって生み出されているのか考え続けていたんだった。

誰か、何か良い方法を知っていたら教えて下さい。

DSCN3586.jpg

だけど、もしね、仮にその方法がわかったとしても、そんなしちめんどくさいやり方でこのセーターを編み上げることが出来るのか、やっぱり自信がないのね。

両身頃も袖も襟ぐりも、全部そうやって分けて編んだ後また縫い合わせるという、そんな地獄のメニューを消化出来る自信が、私には・・・・・私には・・・・ない・・・・・・

みなさんには、ありますか?

DSCN3577.jpg

でも。

でも、そうだとしたら。

このセーターをこのまま諦めるとしたら・・・・・朝6時に起きて机に向かい、一生懸命解読に励んで気が付いたら日が暮れていた、そんな私の立場はどうなるんだろうって気も、(激しく)したんだった。

ただただ、貴重な休日を棒に振ったことになりはしまいか?と。

「大丈夫!!結果が全てじゃないよ。いつかきっといいことあるから♪」
・・・・そう言って自分を抱き締めてあげたくなった、そんな秋の夜長でした。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

意地になってその後、もう1個別のパターンも解読してやりました。
そちらはなんとか・・・・編めるかも。でも予定は未定。

 

Trackback(0) Comment(9) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.19(Fri) 20:15
特に何があったって訳でもないのに(・・・いや、1個だけは、あった)、なぜか気持ち的にも肉体的にもいっぱいいっぱいだった今週。
あお君にもタイガ殿下にも、この数日間全く触れてない。

失敗しちゃったあお君の袖だけど、あみゅ♪さんのコメントに励まされて、このまま突き進んじゃおうと思ってる・・・・思ってる・・・(←秋の夜長に響くこだま)

まあ、せっかくだから、皆様、見てやってくださいまし!
あともう少しで完璧に仕上げられるはずだった、あお君の、「もうちょいだったのに」姿を!!

あお君の袖。間違いがわかる?

・・・・おわかりになりましたか?
写真で見ると思いのほか目立つ気が・・・

ええいっ、もうこの際だっ!上空からもばっちり見てやってちょ。

間違い箇所、わかる?
(あらまあ、ずいぶんとはっきり・・・・コンタクトのせいかしら?)

でもね、私思ったんだ。
編み物をやる人以外は、こういう間違いって普通、気が付かないんじゃないかって。だって昔の私がそうだったもの。

それでね、編み物をやる人というのはね、皆様もご自分の胸に手を当ててみられるとわかる通り、これはもう絶対に、心の清らかな優しい人達ばかりだからね、それは絶対にそうな訳だからね、例えばお菓子とかもらっても、絶対一人で隠れて食べたりはしない、心の真っ直ぐな優しい人達ばかりだからね・・・・

スナッフルスのチーズオムレット
(♪♪♪~~)

必ず周りの人達にもにこやかに分けてあげて、いくら数が限られていようと、例え自分が食べられなくなったとしても、にこやかに配ってあげて・・・・・・

中はしっとり

とにかくそんな風に心の広い優しい人達ばかりだからね・・・・

おいしかった!!
スナッフルスのチーズオムレット、マジでおいしかった!!1人で胸を張って、ごちそうさま♪)

だからね、きっと私の間違いを指摘して笑ったり、↑のあお君の写真を拡大表示して見て、「ワハハハハッ!しまねこがまたしても間違っとる!愉快、愉快♪」なんて言いながら茶碗で酒がぶ飲みしてサラミかじって笑うような、そんな山賊みたいな真似する人、いないと思うの。

編み物する人ってね、絶対みんないい人だと思うの。いい人ばっかだと思うの。だからそういう性善説に従って、私、このまま突っ走って行こうと思うの。

フフフフフ・・・
(↑うちに住んでいる怖ろしい山賊。夜行性)




そう言えば今朝、コーヒー・テーブルの上に放置中のタイガ殿下を見たら、無数の長い毛が殿下に付着してフワフワ揺れてた。
長い毛の無数に生えそろった何者かが、夜のうちに殿下の上に寝そべって、「ちと休憩♪」などしたらしい。
タイガ殿下は毛まみれの顔で淋しそうに笑っておられた。

DSCN3541.jpg
(「一体誰の仕業だろうね?」「さあね」)

この件に関して何か心当たりはないか、やはり長い毛の無数の生えそろっておられるある方に尋ねてみたんだけれど・・・・・・


DSCN3436.jpg

(「えええ~~っ!!何のことぉ~??僕、知っらな~~い」)


・・・・・このように、全身全霊ですっとぼけられたので、結局黙って諦めたのだった。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
 

Trackback(0) Comment(7) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.16(Tue) 22:36
あお君の袖、片方が完成。

DSCN3494.jpg

今、もう片方に着手中。半分くらい編み終わった。
でもね・・・・うん・・・また間違えちゃったんだ(T-T) 

中央のケーブルを(おそらく)1ヶ所逆にひねっちゃったみたい。本来ならムチムチの連続ケーブルになるはずが、その箇所だけゆる~いケーブルになっちゃって・・・ううっ(涙)。

DSCN3497.jpg
(この子は間違ってません)

うーむ・・・・・

これまでは間違える度ほどいてやり直してきたけれど、今ちょっとね・・どうしようか迷ってます。
はたから見ればそんな目立つ訳でもないと言うかなんというか・・(←また自分に甘くなってきた・汗)
「袖だしな~~」とか、今必死で言い訳しているところ。

DSCN3477.jpg
(↑以前、張り切って撮影した花火。あとで見たらどれも謎の深海の生物みたいになってた)

いつもは袖に取りかかった段階で、必ずいったんモチベーションが下がって停滞するんだけど、今回は不思議とそれがない。模様の力ってすごいね。2本目の袖に入っても、まだ普通に楽しくサクサク進む♪


ニンジンの根元で その3



この頃は朝晩ぐんと涼しくなって、日によってはこの辺じゃ寒い日もあるくらい。
魅力的な編み物本が続々と店頭にそろい始め、皆様の編み物熱もがぜん上がってきてるんじゃないでしょうか?(いまだ残暑厳しいところもあり?)

私は最近、夏の間暑くて中断していたジョギングを再開。
万年なんちゃってジョガーで、何かの大会に出るなんていう向上心はかけらも無いまま、ただその辺をちまちま走り回っているだけの私だけれど、走り始めた数年前は、同じコースで出会うジョガーなんてほとんどいなくて、ちょっと淋しかった。

DSCN3476.jpg
(謎の深海の生物・・・・っていうか発光体、その2)

でも最近は、中学生ぐらいの子もたまに(大会とかあるのかな?)走っていたりして、すれ違いざま、「こんにちは」なんて声をかけてくれたりもする。
するとやっぱり嬉しいし、「よーし、がんばって私も走るぞ~!」ってな気持ちになる。

そしてここだけの話、そうやって走っている時の私って、最強なんだよね。

DSCN3504.jpg
(家族にも呆れられた、史上最強靴下↑)

史上最強のわりには、走りに行く度、必ずわんこ(リード・フリーの子)達に追っかけられて、べそをかきながらその辺逃げ回っている訳なんだけれど。

この「史上最強」靴下には他にもいろんなバリエーションがあって、私はあと2足、別の素晴らしいフレーズがプリントされた靴下を持っております。
最初はただのジョークで買ったそれでしたが、いざ履いてみると作りも意外にしっかりしていて、今ではすっかり重宝しておりますのよ。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

わんこ達はなぜ、ジョガーを見ると追いかけずにはいられないのか・・・・ 

Trackback(0) Comment(3) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.13(Sat) 20:37
マガジンマートさんに注文していた「phildar」ガ届いた。

DSCN3386.jpg

左の冊子は、買い逃していた2008年夏号。ひねりの効いたデザインからベーシックなもの、カジュアル路線からシックなものまでいろいろあって、私はこの号、すごく好きです。

フィルダーのサイトでいくらも中身は見られますが・・・・一応ここでもちょっとだけ紹介。

DSCN3391.jpg

↑の変則ボーダー、素敵。
自分なりにパターンをアレンジして、このボーダー模様を使ったベーシック・タイプのセーターなんぞ編めたら・・・・夢。(でも今のとこは無理)

DSCN3392.jpg

↑どちらも編みたい。

DSCN3396.jpg

最近チュニック丈の物によく目が行く。

DSCN3397.jpg

↑単純に、かわいいと思った。


そして今回、初めてファミリー向けの号も買ってみた。

DSCN3422.jpg

DSCN3423.jpg

いや~、こちらも素敵でした!

こちらの冊子はベーシックな物のオンパレード。どれも市販の服に限りなく近い。
メリヤス砂漠を転げ回りたくてうずうずしている方にはこちらがおススメ。

表紙の黄緑のニットも素敵↓

DSCN3415.jpg

青のVネックのカーディガンも素敵↓

DSCN3411.jpg

こういうのはもう、お店に普通に並んでいるデザインだよね。

面白いなと思ったのは、こちらの冊子、1つのパターンにつき3種類の糸での編み方が載ってること。
例えば↑の黄緑のセーターを編むにしても、3種類の糸の中から好みに合ったゲージ(もしくは好きな糸)のパターンを選んで編めるようになってるみたいなのです。

これは、昔からそうなのでしょうか?
それとも今回からそうなったの?

個人的にはとても嬉しい提案だと思いました。

日本のお店で海外パターンの糸探しをする場合、同じゲージの糸を探すのが結構大変だったりしませぬか?そもそも海外パターンに限らず、日本のパターンにおいても、もし3種類のそれぞれ趣の異なる糸(とゲージ)で3通りの編み方が用意されていたら、編む側の選択の幅も楽に広がってすごく助かる気がします。

デザインは好きなのに、ゲージが合わなくて(もしくは好みのゲージじゃなくて)諦めた作品、私にはいくつもある・・・

DSCN3434.jpg

おそらくフィルダー・サイドにとっても、1つのパターンで自社糸を3種類同時に宣伝出来る訳だから、ある面においては効率の良い「選択の幅よ、広がれ!」作戦なのでは。(このまま成功して続いてほしい)

惜しむらくは、私がフランス語出来ないってこと(涙)。
また1から辞書を引いて解読する手間を思うと、なんかそれだけでもう、疲労先取りじんましんが出そう。
いや、でもがんばります・・・・いざとなれば・・・

DSCN3418.jpg

せっかくなので、今回、レディース物以外の写真も。

メンズのセーターは↑が一番好きだった。メンズ物はどれもベーシック・タイプの物ばかりで、当たり外れはなさそう。

ちなみにこのメンズ・ニット、メリヤスゲージ(10cm四方)が「26目×35段」と「23目×30段」、「19目×27段」の糸のパターンがそれぞれ載っています。サイズ展開もそれぞれ5サイズと豊富。

DSCN3417.jpg

パパとお嬢さん(おそらく)、楽しそう。

DSCN3414.jpg

将来レディー・キラーになりそうな予感の、やんちゃな男の子↑

DSCN3420.jpg

個人的に1番好きだったのは↑のガーリー・ニット。

ママと少し形を変えておそろっぽい↓のも、グ~。

DSCN3421.jpg


本日はちょっと編み物はお休みして、再び届いたフィルダーをじっくり眺めて楽しみたいと思います。
また明日から、あお君や殿下と戯れるぞ~~!


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ



 

Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.12(Fri) 22:18
タイガ殿下、カメの歩みでちょこちょこ進んでおります。
今、2玉目に入ったところ↓

2玉目に入ったタイガ殿下

2玉目に入って、まだこれだけ。20cmも行ってない。計算では6玉で出来るはずなんだけど、足りるかなぁってちょっと心配になってきた。

「タイガ殿下~、本当に6玉で完成するのですか?」



フフフフフ・・・
「フフフフフフフ・・・・」

た、タイガ殿下・・・?


えへへへ~ん
「にやり」

キャハ♪
「ウヒャヒャっ♪なんとかなるよ~ん。ってか、ならなきゃ買い足せばいいじゃん!全然オッケ~。無問題。足りない時は、買い足し夜露四苦!」

た、タイガ殿下・・・・・なんですか、その威厳のかけらも無い軽薄な口調は。
卑しくも電化・・・じゃなかった、「殿下」であらせられるのですよ?
そんなことでは殿下失格です。みんな、がっかりですわ。

ヒョエ~~!
「ひょえぇ~~っ!うっそ~!きびし~~!!マジやべえ!!!」

軽薄な殿下にがっかりした、夕暮れ。


・・・・以上、アホらしい殿下の小ネタでした。(ちなみに口元に使った糸はバンブーメリノ、目はほおずきの実でございます。)



今日は久々ユニクロに行って、心躍る楽しい時間を過ごして来た。

ええ、ええ、わたくし、庶民中の庶民ですから、ユニクロに行くととても寛いだ幸せな気持ちになれますの。一瞬、自分が「好きなものは何でも買える」くらいのお金持ちかと錯覚することすら出来ますの・・・・・って、ミュウの口調がちょっと伝染ってきた(汗)。

秋の気配漂う夕方 その3

ニット製品もたくさん出ていて、そのどれもが財布に優しいお手頃価格ときたもんだ。
ニッターのはしくれとしては、ケーブル編みのカーデだとかケーブル編みのマフラーだとかケーブル編みのニットキャップだとか(←現在、ケーブル・ウィルスに感染中)に自然と引き寄せられちゃう。

それで製品を手に取って見る訳だけど、これはユニクロに限らずどのお店でもね、ニット製品を手に取って見て、そのタグに「アクリル100%」って書かれてあるのを見ると、反射的に「勝った」と思ってしまう心の貧しい人間は私だけでせうか。

たたずむミュウ
(「ええ、ええ、あなただけですわ」)

スーピマ・コットンのTシャツ、なんてのもあって(すごく肌触りが良かった!)、もし編み物をしていなかったらスーピマ・コットンのスの字も知らなかったなぁ、ってふと思った。

明日から三連休の方もいらっしゃるでしょうね。
みなさん、どんな連休を過ごされるのでせう?

楽しい週末をお過ごし下さい♪
お仕事の人は、ガンバ。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ


 

Trackback(0) Comment(4) 
Category:小物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.10(Wed) 22:43
あお君の袖、進行中。

あお君の袖

ちょっと苦戦してます。
両身ごろは思いのほか順調に進んだのに、ここへ来て集中力が切れてきた?

もう何度も、途中ほどいてやり直してる。

単純に模様を忘れちゃったり、増し目を忘れちゃったり。
「しっかり、すれ!自分」

あお君の袖 3

あお君、最初は両端で普通に増し目をして行くんだけど、両端それぞれ6目の増し目が完了すると、今度はその6目をぐいぐいと荒々しくケーブルっていきます。

袖端の増し目部分
(↑裏メリヤスから荒々しいケーブルへと移行していく)

両身ごろのセンターラインに、極太ケーブル(左右3目交差の組み合わせ)があったのを覚えているだすか?

DSCN3103.jpg
(↑Vネックのちょうど割れ目のとこ)

この極太ケーブルを真っ2つに割って、それぞれを袖の両端に振り分けてうねうねケーブルって行こうというのがレベッカの寸法らしいっす。
袖をとじた時に、振り分けられていたうねうねケーブルがお空のおり姫とひこ星みたいに再び出会って、元の極太ケーブルになってつながる・・・・・らしい。

あお君の袖、途中まで 2

その後も袖の増し目はまだまだ続いていく訳ですが、レベッカさんは残りの増し目についてはただ一言、「裏メリヤスで進めてね♪」っとおっさっているのみ。

あいや~、困ったなや~・・・
残りの増し目・・・・これから増えてくる裏メリヤスっ子達を、どこのどの場所に入れてくれよう?

そう悩んだ私は、目を皿のようにして写真を見てみた。特に袖の内側がどうなっているか確認したかったんだけど、でも袖の内側なんてさ、モデルさんが「万歳!!」でもしてくれない限り、普通は写らん&見えんよね。

結局、目ぼしいところは何も確認出来ず。

あお君の袖のケーブル、むちむちです

常識的に考えたら、ケーブル模様の両脇にある裏メリヤス・ゾーンに増し目を移動することになるんでせうね。
そう思ってもう1度よく写真を見てみると、袖の中央に連なるケーブル模様の両脇の裏メリヤス地帯には、特に増し目されている形跡がなかった。
とくれば、両端の「おり姫&ひこ星」ケーブルの隣に、裏メリヤスの増し目ゾーンを投入していくことになるんだろうな・・・・・と推測。

そのように致しました。

袖端の裏メリヤス部分

多分、これでいいと思うんだけど。っていうかもう、これで行くけど。

今日、マガジンマートさんからメールが来て、「Phildarの最新号とバックナンバーが数冊入荷したけど、どうするの♪」って言われた。
「今回はいいや・・・見送ろう」って呟きながら、気が付くと2冊をカートに入れてルンルン♪で購入ボタンをクリックしている私がいたよね。

せっかく本を買っても動かせる手は限られてるし・・・なのに買っちゃうんだなぁ。

今度生まれ変われるんなら千手観音になりたい。
そしたら千本の手で編みまくるよ。マジで。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

いまだ、「エンジ問題」で、時折母ともめております。
母曰く、「自分はエンジが似合う♪」のだそうであります。やっぱり親子だな、とつくづく実感しております。
私達はエンジが似合います
 

Trackback(0) Comment(4) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.07(Sun) 22:11
昨日今日と、私の脳内は大変なことになっておりました。

2人の「殿下」の間で気持ちが揺れていたんです。

タイガ殿下
(↑「タイガ殿下」 タイガ地帯の森林を思わせる凍てついた緑・・・・高貴&神秘的な緑だわ♪ってことで命名)


ナポレオン殿下
(↑「ナポレオン殿下」 ナポレオンが羽織ってそうな赤いビロードのマントみたい・・・・ってことで命名)


ほんのちょっとの寄り道のつもりで編み始めたタイガ殿下。
編んでいる過程そのものは楽しかったけど、いざその結果を見るとあまり手ごたえを感じなかった。「なんか地味じゃね?」と。

思っていた感じと少し違ったのね。それは私の未熟さでもあるんだけど。見立ての甘さ。
色がね、玉で見ていた時と編地にして見た時と、若干イメージが違った気がした・・・(そういうことってありませんか?)

失敗かな~・・・ほどこうかなぁ・・・でもせっかく半日潰して編んだのに・・・と迷っていたのが一昨日の晩までの話。
実は赤みがかったきれいなエンジの玉(やはりザリーナ)が同時に候補に上がっていて、そっちに乗り換えちゃおうかなぁと迷っていたのです。

サトイモの葉っぱの上のキューピー

そのまま一人で悶々としていたら、おそらく「ナポレオン殿下」の方は脳内妄想のまま終わった気がする。もしかすると、「タイガ殿下」も結局ほどいちゃったかもしれない。

ところが一昨日の晩、寝る前に母親と話していて、話は思わぬ方向へと流れたのです。

普段はあまり編み物のことは母親に話さないんだけど、その晩、私はなんとなく編みかけのタイガ殿下のことを話したんだった。思っていた感じと違うからどうしよっかな~、みたいな軽いノリで。

母親は編みかけのタイガ殿下を見て、「いい色じゃない。そんなに悪くないよ」って言ってくれた。私は、赤寄りのすごくきれいなエンジ色が同じ糸であるから、そちらで編み直そうかと思ってる、って話したのね。すると母が言ったのです。

あなたにエンジは似合わないんじゃない?と。

・・・・な、なんですと?

そもそも、エンジの物を着ているところなんて見たことがない、と。

ナス


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

バリバリ着てたっちゅうねん!バリバリ着て、バリバリ似合ってたっちゅうねん!!


エンジが似合うね♪って(10年以上前だけど)(お世辞かもしれないけど)言われたことあるっちゅうねん!!

サトイモ一族 その2

私はそう言って熱く反論した。

でも、相手が明らかに「話半分」に聞いてる感じなのがまた癪にさわり、眠りかけていた闘争心に火がついたのだった。

気絶するほど悩ましいくらい私にはエンジが似合うってこと、なんとしてもこの母に証明して見せなければいけないっ!・・・そう思ったんだった。

お出かけキューピー

それで翌日、さっそく私はフル・スロットルでつむじ風のように街角を駆けて、いつもの手芸店へと向かったんだ。そうしてマイ・ベスト・エンジを手に入れると意気揚々と家に戻った。

そうして母に、たった今ゲットしたばかりの輝けるエンジ玉を見せて言ったのね。

「正直に言って。昨日見たタイガ殿下と、このエンジ君と、どっちが私に似合ってる?」

母はちょっと考えてから言ったよね。

「タイガ殿下」(←ほぼ即答と言ってよろしいかと)

秋の気配漂う夕方

思うんだけど、もしあの時、優しく「エンジも似合うね」って言ってもらえていたら、私の気はそこで済んだ気がするのね。
でも母は、その後驚くべきようなことを口にしたんだ。

その色、あなたにはちょっと地味じゃない?と。


・・・・・・なんですと?

まるでこちらの顔が地味顔と言われたかのような被害妄想で頭が一杯になった私は言った。

「あのね、こうやって玉で見た感じと実際編み出したそれとでは、また感じが違うのね(必死で吹かす先輩風)。実際編み出したらこのエンジ、絶対きれいだから。っていうか今晩これ、編んでみるから!明日の朝もう1回見て、その時また感想を言って!!」

・・・・・こうして私はドツボにハマって行ったのでありました・・・・・

鳴子百合の実

私は昨晩、もう一心不乱に編んだよね。明日の朝、絶対に母をギャフンと(死語)言わせてみせると胸に誓ってひたすらちくちく「ナポレオン殿下」を編み続けた。

今朝、半分フラフラになって起き出した私は、タイガ殿下とナポレオン殿下を両手に持って、母を朝日の差し込む座敷の前に呼び出した。

「正直に言って。タイガ殿下とナポレオン殿下、どっちが私に似合ってる?っていうか、このナポレオン殿下、すごいきれいじゃない?」

両殿下
(写真だと実際の色が出ない・・・・うーむ)

母はしばらく両殿下の前で考えていたよ。
思いの他、ナポレオン殿下がきれいだって言って迷ってた。

私はそばの椅子にエマニュエル夫人みたいに腰かけて優雅に微笑みながら母を見守っていたよね。
それから母が言った。

「うーん、迷うけど・・・・私が好きなのはやっぱり、タイガ殿下



・・・・・・あ、そう・・・。

ナポレオン殿下 その4

両殿下 その2
(↑の写真の方が実物の感じには近いかも?)

そうして結局、ナポレオン殿下はほどくことにしました。
この2日間は一体何だったのでせうね。

さようなら、ナポレオン殿下。
あなたを忘れない。

決して。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

タイガ殿下は「青みがかった緑」だと私は思うんだけど、母は「緑がかった青」だって言います。
色の感覚って難しい。でも、やっぱり青かもしれない。

写真で実物の色を出すのはさらに難しいですね(汗)。 

Trackback(0) Comment(6) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.05(Fri) 20:20
みなさま、残暑厳しい中、いかがお過ごしかしら?
わたくし、人間しまねこを飼って17年になる、本家しまねこでございますわ。

ミュウ、ごろりん

家族の者はわたくしを「ミュウ」などという名前で勝手に読んでおりますけれど(小泉今日子の「夜明けのミュウ」から取ったらしいですわ)、わたくしの名前は、本当は「マルグリット」と申しますの。ええ、ええ、あの『椿姫』と同じですわ。

でも、いくらそう言って聞かせても無知蒙昧な人間たちにはわからないようで、最近はわたくしも諦めて、家人の好きなように呼ばせておりますの。

ミュウの肉球

ミュウの足の縞模様
(ここで、問題☆ しま猫のしま模様↑は、縦じまでしょうか、横じまでしょうか?)

うちの愚娘しまねこが、みなさまにご迷惑などおかけしてなければいいのですけれど。ずいぶん「ゴーイング・マイ・ウェイ」な子ですから、心配ですわ。
いくら言って聞かせてもわからないところがあって、わたくしも時折手を焼いておりますの。

今夜、わたくしがこの場に出て参りましたのは、他でもない、本来ここにいるべきはずのしまねこが、さっきから自分の部屋に閉じこもって泣きじゃくっているからなんですの。

「もうどうしていいかわからないっ!自分で自分がわからなくなった!!」・・・そう言って泣きじゃくっているんですの。

なので仕方なく、このわたくしが詳しい事情をお話しするためにこの場に出て参ったのですわ。

ミュウの変な手つき その2

前々回の記事でしたかしら?
確かしまねこはこう申しておりました。「これからしばらくはあお君に集中する・・・・」

あの頃は、わたくし共もそれを信じて疑っておりませんでした。わずか4日前のことですけれど。

そうして迎えた休日の今日、あお君の袖に取りかかるつもりで意気揚々と窓辺の椅子に腰を下ろしたしまねこは・・・・しまねこは・・・・・




タイガ殿下、編み始め その2

ええ・・・・やってしまったのですわ。

つい出来心で、大好きな巻き物に手を出してしまったのですわ。
以前から目を付けていた「Arctic Diamonds Stole」ですわ。(「IK2006冬号」より)

タイガ殿下の元ネタ

「ちょっとどんな感じか、初めの方だけ編んでみよ♪」

そんな言い訳をして、しまねこはこれを編み出したのですわ。そうして気が付いた時には、貴重な休みを半日潰して編み倒してしまっていたのですわ。

タイガ殿下、全景

タイガ殿下、ちょっと進んだ

白状してしまいますけれど、実はこの深緑で編み出す前に、もっと明るいピンク色で、しまねこはこれを編んでみたのですわ。軽い気持ちで編んでみたのですわ。ほんの腰かけのつもりで。すぐにあお君に戻るつもりで。

けれども途中から、「やっぱり派手すぎるかなあ・・・」と悩んでほどいて、こちらの糸で再び編み直した次第ですわ。

「あお君セット」を机に広げたまま、自分はちょっと離れた床に直座りして、「あお君セット」を見ないようにして編み続けた次第ですわ。
おそらく、アホなのでしょう。

(ちなみに使用している糸はおなじみのザリーナですわ)

ミュウとタイガ殿下「何か文句ある?」

もちろんわたくしは、何度もしまねこに言って聞かせました。
「そんなことをしている場合なの?他にすべきことがあるんじゃないの?」と。でもしまねこは、そんなわたくしの言葉に耳を貸そうとはしませんでしたの。

「やっぱり、レース編みって楽しいね♪模様が浮き出てくると、さらにさらに楽しいね♪♪気が抜けないけど楽しいよ~」なんて言いながら、「徹子の部屋」にチャンネルを合わせて編み編みしていたんですの。

ええ、ええ、しまねこは、本日ゲストの「大泉洋」さんのファンなんですの。(「水曜どうでしょう」のDVDも、今のところ全部持っておりますのよ)

ミュウとタイガ殿下(廊下で)

しまねこは、途中、申しておりました。

「やっぱりこの緑、暗すぎるかな・・・・明るいエンジで編み直そうか?・・・それともグレー?青?白?いっそのこと、これから糸を見にいこうか?」と。
けれども手芸店へのパトロールだけは、わたくしが全力をもって止めさせましたの。

そうこうしているうちに、あっというまに1日が終わってしまったのですわ。あお君の袖はほとんど進まないまま、編みかけだけが3つに増えて。

ミュウ、変な手つきでごろりん

けれども明日からは、また気を引き締めてあお君の袖に戻るとしまねこも申しておりますから、どうかみなさま、温かい目でうちの愚娘を見守ってやって下さいましね。


・・・・それではわたくし、これからちょっと大事な仕事がありますから、この辺で失礼いたしますわね。
ええ、ええ、家人が戻ったようなので、これから台所に行って、大声でごはんをねだるのですわ。

振り返るミュウ(廊下)

それでは、みなさま、良い週末を。
ごきげんよう!



読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ただ単に編みかけを増やしてしまい、反省しています。でもこれ、ほどくかも。せっかく編んだけど・・・・ほどくかも。まだ迷ってます。 

Trackback(0) Comment(8) 
Category:日記  Genre:趣味・実用  Theme:趣味と日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.04(Thu) 22:27
今日も暑くなった。
本当に秋が来るのかな~って一瞬心配になっちゃう程、当たり前のように暑くなった。

今日のあお君は、冷房の効いた部屋で伸び伸びと元気。暑さをはね飛ばす勢いで光沢を放ちながら、「残暑、やるんかゴルァ!」の勢いでギラギラと光り輝きながら、雄々しく成長を遂げております。

そんな訳で、無事、前身ごろが完了。

DSCN3096.jpg

前回レベッカからロング・カーディガンを編んだ時と同様、あお君にも、「ネックバンドもついでに編んじゃってちょーだいね」という指示が出ております。

DSCN3098.jpg

これね、楽と言えば楽なんだけど、身ごろに縫いつける時にずいぶん難儀した思い出があるんだな~。

角みたいに両肩からにょきっと伸びたバンドを首の後ろではいで、それを身ごろに縫いつける訳だけど、前回カーディガンを編んだ際は糸が太目だったこともあってか、このはいだ部分が若干ゴロゴロしちゃって苦手だったんだな。

次編む時は工夫しないと・・・ってその時思ったんだった。それを、、思い出した。

DSCN3103.jpg

中心パネルのもこもこケーブルが2手に分かれてVの字を描いて行く、その過程が(一瞬なんだけど)眺めていて楽しかった。


DSCN3104.jpg

こうやって見ると↑、ちょっとワニみたいに見えない?ワニのあお君。


さてさて、あとは難関の袖だ。
いつも袖を編んでいる途中で心変わりしたり、モチベーションが急激に低下して、そのまま編みかけヶ淵に沈める羽目になっちゃったりするから、ここからは気を引き締めて行こう。

そう言えば、前に編みかけヶ淵から拾い上げたフィルダーのジレの袖、あれ、今もちょっとずつ、カメの歩みで編み進めております。

DSCN3106.jpg

ちょっと見てやって下さいまし、奥様。結構な分量ざましょ?
なんつったてこの袖、78目もありましてよ。

78目の袖ってきつい・・・想像していた以上にきつい・・・

「78目のままこれからしばらく行きますから、しっかりついていらっさいね♪」とフィルダー様は涼しい顔でおっさっておりますが、わたくし今、あまりの辛さに再び心が折れそうになっております(涙)。

それから最近ふと思うことがあって・・・・この編地、果たしてどういうとじ方をすれば良いのでせう?

メリヤス編みのすくとじでO.K.なの?それとも何か変則的なアレンジを加えないと駄目なの?ええっと・・・ええっとぉ・・・・

トンボ その3

今日は久々、古いCDを引っ張り出して一緒に歌いながら編み編みした。

歌うのって楽しいね♪私の天使の歌声で、この季節外れのジメジメ蒸し蒸しを吹き飛ばしてやるわ!けれどもそうやって私が歌い出すと、決まって同じ部屋で寝ていたはずの猫が部屋を出て行ってしまうのはなぜだろう。

・・・・・ううん、いいの。
私、誰がなんと言おうと、自分を信じて歌い続けるから。

歌は心。


読んで下さってありがとうござます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

今夜も歌うよ。

 

Trackback(0) Comment(4) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.02(Tue) 20:00
残暑が続く中、「あお君」の前身ごろが粛々と進行中。

あおの前身ごろ


これから身ごろが左右に分かれて待望のVネックへと変貌を遂げる、その直前のあお君↓↓

DSCN3088.jpg

考えてみると、これまでVネックのカーディガンは編んだことがあるけど、Vネックのプルは初めて。Vの減らし目部分がどうなるか、今からちょっと心配。

以前、やはり「レベッカ」からVネックのロング・カーディガンを編んだ際、その減らし目部分のあまりの醜さに身悶えした経験がどうしても頭をよぎっちゃう。

これまではただのほほんと編み続けてきたあお君(前身ごろ)だけど、これからは忙しくなるね。怒涛のVラインの減らし目と、袖ぐりの減らし目と・・・・

がんばろ。


いちじく

ここ何年か、ずうっとVネックのプルが欲しくて、それも黒とか紺とかのベーシックな色のそれが欲しくて、育ちの良い優等生が着ているみたいな(あくまでもイメージ)そんなVネックのプルが欲しくて、ずうっと探し続けていた。

でも、いざ店頭で手に取って鏡の前で当ててみると、「やっぱ地味だな~・・・これが高校生だったらかわいいかも、だけど・・」ってうなだれてた。

ベーシックな色の、だけどもちょっとひねりの効いたVネックのプルは無いものかと、目を皿のようにして探し続けて来た暁の「あお君」製作だから、今回はぜひともがんばってそれなりに着られるものを仕上げたいんだ。

果たしてどうなることやら(^^;

紫ダリア つぼみ


パッと見わかり辛いんだけど、あお君はケーブルとケーブルの間に魚の背骨みたいな透かし模様が入ってる。

そしてこのポチポチ穴が、個人的にはかなり好きだったりする。

DSCN3094.jpg


秋が深まる頃には、このポチポチ穴が風を通してちょっと寒いかもね。でも、好き。


DSCN3095.jpg


実は今、別の新たな妄想が頭を支配して、あれこれ勝手なイメージが飛び交ってるんだけど、
とりあえずもう少しの間はこのあお君に集中していこう、って自分を抑えてる。

そうして出来れば9月の中頃までには、ある程度の形が見える状態まで持って行きたいんだけど・・・・あくまでも、予定は未定(笑)。

紫ダリア



最近、朝晩涼しくなって油断していたところ、昨晩、久方ぶりに招かれざる客「蚊!!」の襲来を受けた。

寝ている間に足を刺されて、あまりのかゆさに目が覚めて、それで明かりをつけてムヒ片手に被害状況を調べてみると・・・・なんと、右足の甲の部分だけ4ヵ所も刺されていた。

いくらなんでも、刺し過ぎだろう・・・・同じような場所ばっか刺し過ぎ・・・・


かゆ・・・・


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

こんなこと、あまり言いたくないんだけどね・・・・風流を解さない無粋な人間だと思われたくないんだけどね・・・・
窓辺のスイッチョンのマジ鳴きモードが日に日に高まって、いい加減、うるさい(涙)。

ちょいと落ち着いてくれ、ミスター・スイッチョン。

 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.01(Mon) 20:12
10,000HITを記念して(めでたい!!)行われた、さくらmotifさんのカウプレ企画。

幸運の矢でもって射止めたミルキー巾着の「ミルキーちゃん」が、本日届きました。

ミルキーちゃん、小包み
(添えられたお花がかわいい☆)


ドキドキしながら包みを開けてみると・・・・

ミルキーちゃんと箱 その2


おおおおお~~っ!!

ミルキーちゃん、ラブリ~~~!!!

美しい~~♪♪


ミルキーちゃん、平置き2


コロンとしたスタイルがまことに愛らしいミルキーちゃん♪

写真ではちょっとうまく出せなかったのですが、キラキラのラメがとてもきれいで、なおかつ美しい編地に感動しました。

当たり前のようにそろった編み目もさることながら、一針一針丁寧に編まれたのが伝わってくる、そんな美しさ。


ポンポンと並ぶキューピー
(ポンポン、LOVE)

ずうっと独学で編んできて、周りに編み物仲間も先生もないまま、「ゴーイング・マイ・ウェイ」のシナトラ状態(←ヤングにはわかるまいな・汗)で編んできて、そうして今日、ミルキーちゃんに出会えて初めてわかったこと。


糸始末って、こんなに美しく出来るのですね。

(ちょびヒゲ出まくりの、おいらの編地裏・・・・あれは一体・・・・・)

ベンチの上のミルキーちゃん その2

ミルキーちゃんには、なんとクッキーも添えられていました。
ほろ苦いチョコと塩味の効いたナッツのハーモニーが・・・あうっ(TOT! とてもおいしかったです。
ごちそう様でした♪


大切に使わせてもらいますね(^ ^ /~

さくらmotifさん、この度は本当にありがとうございました。m(_ _)m


ポンポンと並ぶ2キューピー



読んで下さってありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

最近、窓辺のスイッチョンがマジ鳴き。 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2008 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。