dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.30(Sat) 19:56
東海、関東地方、その他の各地でも大変な豪雨に見舞われて、被害の出ている所がたくさんあるようですが、みなさんは、ご無事でしょうか?

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。




レベッカのケーブル・セーター、後ろ身ごろが完成。

後ろ身ごろ、完成 その4


後ろ身ごろ、完成

上の写真の方が実際の色味に近いかな。下の写真は完璧色が飛んじゃってるね。写真って難しい。

ここ数日暑さがぶり返してモチベーションはちと下がり気味だけど、ケーブル編みの楽しさは相変わらず。
小さな透かし模様とむちむちケーブルが交互に繰り返されるリズミカルなパターンに、ほんと癒されてます。


「レベッカのケーブル・セーター」とか「青のケーブル・プル」とか、これまで適当に呼んできたこの子にも、そろそろ呼びやすくて親しみの持てる名前を付けてあげたいと考えてはいるんだけれど、なかなかこれと言ったのが思い浮かばなくて困ってる。

名前って、勢いで付けちゃうのが1番って気がする(・・いや、子供の名前とかはもちろん違いますよ・汗)。でも今回は、完璧そのタイミングを見失っちゃった。

駅前倉庫の青空 その2


突然だけれど、とあるお宅に、それはそれは人懐っこい黒のラブラドール・レトリーバー君がいましてですね、私はこの黒ラブ君と、これまでずうっと穏やかで温かな友情を育んできたのね。

この黒ラブ君、とにかく人が好き。3度の飯よりも(おそらく)人が好き。

犬小屋の前を通りかかるいろんな人達にしっぽをビュンビュン振っては、「遊んでくれや~♪構ってくれや~♪」光線を投げかけてる。

その前を通りかかる子供からお年寄りまで、それはそれはたくさんの人達に愛されて、黒ラブ君は今日もいろんな人達に声をかけてもらったり、頭を撫でてもらったり。

でもみんな、実際の黒ラブ君の名前は知らないみたいだった。それぞれが適当な名前を付けて呼んでいたよね。もちろん私もその中の1人。私は黒ラブ君を、勝手に「クロスケ」って呼んでた。

後ろ身ごろ、アップ

クロスケはお家の人にあまりよく洗ってもらってないみたいで、特に夏場なんかは、撫で撫でした後のこちらの手がぶっ倒れそうになるくらいすごい臭気を放ってることがある。

たぶん『風の谷のナウシカ』に出てくるフカイの森ってこういう匂いがしているんじゃないかな、みたいな、そういう人智を超えた匂いが、クロスケを撫で撫でした後の手からは漂ってくる。

でも陽気で人懐っこいクロスケを見ると撫で撫でせずにはいられなくて、例え鼻がもげそうになる程手が臭くなるとわかっていても、ついつい「クロスケ~♪元気~?」って撫でちゃうんだな。

神宮寺駅の線路

そんなある日のこと、いつものようにクロスケの小屋の前を通りかかると、その家のおばあちゃんが外でクロスケを洗ってあげている場面に遭遇した。

洗ってあげてるって言っても、正確には、玄関先の水道水をホースでクロスケにぶっかけてるだけだったんだけれど、クロスケはすごく嬉しそうだった。

そういう非常にざっくばらんな方法で入浴中のクロスケを立ち止まってにこにこ見つめていると、おばあちゃんが私に気が付いて、「ほっほっほっ」て柔らかな笑みを投げかけてきてくれた。

それで私は聞いてみたんだ。

長年の疑問だった、クロスケの本当の名前を聞いてみた。

するとおばあちゃんは、放水する手を止めることなく言ったよね。


「クロだんし」と。


線路



クロ。

クロだんし・・・・・

昨今まれに見る、シンプルかつストレートな名前だった。




そうして私はこの「クロ」にならい、この際レベッカのケーブル・セーターも、シンプルかつストレートにあおって呼んでみたらどうかなって思うようになってる。

決して名前を考えるのが面倒になったからじゃない。いろいろ考えた末、やっぱりシンプルなのが1番だって原点に立ち戻った上での「あお」だと、そう解釈してもらえるといいと思うんだ。

「あお」


どうだろう。

なかなか力強くて男前の、良い名前じゃないかしら?


まあ別に、「青のケーブル・セーター」って普通に呼んでもいっこうに構わないって言えばそうなんだけれど。



読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

さくらmotifさんのカウプレが当たりました!

嬉いっス!!届くのが楽しみっス!!!


 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(4) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.28(Thu) 23:13
夏の間に1度、「怪談特集」とか言って、怖い話を集めてアップしたいなぁと思っていたのが、そうこうする間もなく秋になっちゃったねえ・・・・とうなだれていたら、今日再び、真夏の暑さが戻った。

・・・・・怪談特集、やっとく?

わっぱかでショボくても、、無理矢理やっとく?


三色スミレ(黒)


いつの頃からか、「あなたの知らない世界」みたいな番組ってあまり見かけなくなりましたよね。昔はお盆の頃になると、必ずそれ系の特番をやっていたけど。

オカルト系の番組がメディアから一掃されたことが、昨今のスピリチュアル・ブームを招くことになった大きな要因って噂もあるけど、どうなんだろう。


私が子供の頃は、人が亡くなると、「えんちこ」ってこの辺では呼んでいたイタコさんを呼んで、亡くなったその人の霊を下ろしてもらい言葉を聞くってことを、結構普通にやっていました。初7日の法要だとか、○回忌の法要の折などに、よく。

多肉植物

うちの父親はそういう非科学的とされるような習俗を鼻で笑うのが喜びって人だったから、祖父が亡くなった時も、祖母が亡くなった時も、えんちこは呼ばれなかった。

私自身は霊感ゼロの人間で、私の周りも似たような霊感ゼロの人間ばかりで、怖い話をいざ書こうと思ってもそれらしいネタがどこにも転がってないっていう「パッキュマラード」状態にすぐに陥っちゃう訳だけど、今1つだけ、ふと思い出した「若干」怖いような不思議な話があるので、それをチラッと書いて急場の怪談企画としようかな。

大した話じゃないんだけれど、良ければお付き合い下さいませ。

虹(2本) その2

学生時代、学校の授業でシナリオを書いた時のこと。

大まかなあらすじやストーリーを書いてまずは提出するって段階の時に、私は自分の書き上げたそれを友人に見てもらうことにしたのね。

相手は快くその役目を引き受けてくれて、私の書いたつたないストーリーを真剣に読んでくれた。
そうして読み終わって顔を上げたその友達は、なんとも言えない妙な顔つきでこちらを見て、それきり何も言わないのね。

「何かおかしかった?」って聞くと、「おかしいとかじゃないんだけど・・・びっくりした」って言って、やっぱり妙な顔つきで黙り込んでる。

カーテンの向こうのミュウ その3

私がその時書いた話の中には、主人公の親友として「山田村花子」さん(仮名)って女の子が登場してた。

実際には漢字6文字の名前で、そんなに珍しい凝った名前でもなければ、それ程ありふれてる訳でもない名前。

今、その名前をここに書いてもいいんだけど・・・・なんとなく、やめておきます。

それでその山田村花子さんは、いろいろあった末、ラスト近くになって自殺するって設定だった。そういう暗い話を書きたいお年頃だったのね。

山田村花子さんは話の中で、夏のある夜、とあるマンションの屋上に忍び込んで投身自殺するんだけれど、なんとその友人の同級生にも、同性同名の女の子がいたって言うのね。

漢字6文字も全く同じだって。


そしてその女の子が、やはり数年前の夏のある夜、とあるマンションの屋上に忍び込んで、そこから飛び降り自殺して亡くなった、というのです。

もちろんそれは、私にとっては初耳の話だった。

風除室のしめじ

奇妙な偶然というかなんというか・・・・それだけって言えばそれだけの話なんだけど、その時はちょっと、二人共ぞーっとして黙り込んじゃった。

何だったんでしょうね、あれ。

みなさんは、そういう奇妙な体験ってありますか?
もしくはもっと強烈な怖い体験とか?

怖がりなくせに、そういう話が好きなもので(汗)。

最後に、適当に見つけた怖い話をYOU TUBEよりピック・アップ。
知っている方も多い?

1番怖いのって、実は人間かも。



読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

今日、店頭でザリーナの新色を見ることが出来ました。

青の新色も素敵だったけれど、淡紫が思った以上にきれいで、これで何か作ってみたいな~って汗だくになりながら思った午後。 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.27(Wed) 22:29
内藤商事さんの糸見本を購入。

内藤商事、糸見本

3千円って高いなあ~と迷ったけど、結論から言うとね、買って良かった。

糸見本があると便利で楽しい上に、とにかく見ているだけで幸せ♪


糸見本、その4


愛しのザリーナは新色が5色出ていた。(*印の模様が新色なり)

淡い紫(1779)に朱赤、それに落ち着いたキャメル色(1773)・・・・そうして青好きには見逃せない、とてもきれいな青(1778)も!!

青みがかった深緑の新色(1775)もビューティフォー。

(ただし↓の画像は実際の色と若干異なっていたりもします。ご了承くだされ)

糸見本、中身 その2


糸見本、中身 (ザリーナとザラ)

ザラも何色か新色が出ていて、特に同系色の濃淡2色をより合わせた縞ザラ(勝手に命名)にはどれも魅せられた。
縞ザラの方は実際に店頭で見ることが出来たんだけれど、特に黄緑系の縞ザラ君に心奪われて、目が釘付け。

黄緑って私、似合わないんだけどね(汗)。

班入りの葉っぱ

店頭から消えて淋しく思っていたいくつかの糸も、廃盤になったのではなくお店の事情で置かれていなかったことが判明して、ホッ。

ガビアーノもムスチオも、シルクウールのあの色も、みんな無事だったのね(涙)!!

田舎に住んでいると、ネットで糸を購入する機会も多くなりますです。
そういう時、実際の色味を確認出来る糸見本があると本当に本当に助かるので、やっぱり今回、買って良かったなあ・・・・・って、必死で自己正当化(^ ^; 


現在、注目している内藤さんの新商品は「ロンドン」っていうツイード調の糸。

まだ店頭には並んでいなかったけれど、お店の方、こちらもぜひぜひ置いて下さいませね~~。

かのこ百合のつぼみ


涼しくなったとか言っていたら、再び暑さが戻った。

でも空だけは、すっかり秋のそれに。
空の色も、雲の感じも。

夕暮れも段々早くなってきたね。

秋の気配漂う空 その4


でもこれから1週間は、まだ残暑が続きそう。



読んで下さってありがとうございます。  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

夏も終わり近くなって、今頃、あせもに苦しめられている私。

あせもの奴め・・・いと憎し。
 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.24(Sun) 19:06
昨日おととい辺りから急に涼しくなって、特に朝晩は毛布無しでは寒いくらいになった。

今朝、起きて窓の外を見ると、まるで晩秋のような暗い空から冷たい雨が降っている。

こんな日は毛と戯れて過ごしたいと思い、バンブーメリノのプルはいったん置いて、クローゼット奥に広がる「編みかけヶ淵」をさらい直してみることに。

きっと何かそれらしい物が見つかるはず。
     




袖 2

おおおおっ!!これはこれは、懐かしのフィルダーのジレではないかっ!!

前身ごろを合計4枚も編むはめになった、あの魔のジレではないか。

そうだった・・・・最後の袖を1本残したところで力尽き、泣きながら、編みかけヶ淵にそうっと沈めたんだった。

かのこ百合 その2

あの頃必死に解読したフラ語も今はきれいさっぱり吹っ飛び、もはや「パトロン(型紙)」の1語しか頭に残っていない。

数ヶ月ぶりに当のフィルダーを引っ張り出して指示文を追ってみても、そこに書かれてある文字はもはやただの暗号にしか見えなくなっていた。

でも、大丈夫。
日本語のメモを残しておいたから、それを元になんとか編めるさ。




袖 3
(↑・・・・なんか右に曲がってないか?・・・)

久しぶりに触った毛(プリンセス・アニー)の、しっとりモチモチした感触が気持ち良かった。うーむ、幸せ♪

レベッカのプルと平行して進めてみようかな。
無謀?二兎を追うもの一兎も得ず?


シュウカイドウ

8月も最後の週に入って、ちびっ子たちの夏休みももうすぐ終わるね。

先日、本屋に寄ったら、棚にちびっ子向けの自由研究の本がでーんと積まれてあった。
「ああ、そうだ、自由研究ってあったよね。懐かしい・・・」って束の間ノスタルジーに浸ったけれど、当のちびっ子達はきっとそれどころじゃないよね。

今頃、半泣きになりながら、「どうしよう!自由研究がまだ出来てない、どうしよう!!」ってパッキュマラード状態になってるちびっ子たちがいるかもわからない。

そうしてそんなちびっ子を前に、「だからもっと早くからやっておきなさいって言ったでしょうが!」って同じくパッキュマラード状態になってるお母様方もいらっしゃるかもわからない。


ここはひとつ、自由研究という過酷な課題を泣きながらくぐり抜けてきた先輩として、このしまねこおねえさんが、悩めるちびっ子たちにあどばいすしてあげましょうね。

悩めるちびっ子のみんな、おねえさんを信じて、ついていらっさい。

班入りの葉っぱとキューピー

この夏、しまねこおねえさんが自信を持っておススメする自由研究は、ずばり、アリの研究です。

さあみんな、まずは帽子をかぶってお外へ出ましょう。
そうしてアリさんを探しましょう。

アリさん達は今、これから迎える冬に備えて一生懸命無給で働いています。そのアリさんたちの前に、いくつか食べ物を置いてみましょう。

お菓子、果物、野菜、お肉にお魚・・・・なんでもいいよ。

思いついた食べ物をいくつか置き、アリさんがどの食べ物にどれだけ集まったか、観察してメモを取りましょう。そして集計結果を表にまとめて、「アリさんが好きな物ランキング」を発表するのです。

これはかつておねえさんが本当にやったことのある、壮大な研究なの。

そしてこの研究の何より素晴らしいところは、1日で出来るってことなのね。

観察に半日。表作りに半日。

ギボウシ アップ その2

セミの声を聞きながら、1人じっと地面にしゃがみ込んでアリを観察し続けるというのは、確かに暗く孤独な作業であります。でもその価値は十分ある研究だと思う。なんてったって1日で出来るんだから。


確か、おねえさんが20年ほど前に研究した時は、アリさん達にダントツ人気のあった食べ物はカステラとスイカでした。この2つがかなり競った記憶があります。

アイスクリームは意外に人気が無かった。溶けちゃって。

おねえさん当初は、スイカの代わりにもっと高級なメロンを使う予定でした。でも、お母さんにそれを話したら断固阻止されて、泣く泣くスイカに切り替えたのね。

おねえさんだって、ただ黙って引き下がった訳でなかった。

「お母さんにはこの研究の重大性がわかってない!これはスイカじゃなく、メロンでやらないと駄目なの!!だからメロンでやってもいいでしょ?!」・・・そういう強引な論理で、おねえさんも食い下がりました。

するとお母さんは、「そんなに言うんだったら、自分が食べる分のメロンを使ってやりなさい」って信じられないようなことを言って、それでおねえさんは泣きながらスイカにチェンジしたのね。

アリ その2
(アリの写真って、意外に撮るのが難しいと判明)

もしスイカじゃなくメロンを使っていたら、研究結果は大きく違っていたのかもしれないって、おねえさん、今さらながらに思います。カステラを抜いて、メロンがぶっちぎりの1位だったんじゃないかって。

でも、メロンが1番だろうがカステラが1番だろうが、その後の人生を生き抜く上で何の支障もなかったので、おねえさん、これまでそんな研究を自分がしたことも忘れていました。

そういう訳でちびっ子のみんな、この夏はぜひとも「アリの研究」でしのいで下さい。

ご健闘をお祈りしています。

それでは。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

当時、好きだった子が「カビの研究」をしてたなぁ。

窓辺に置いた食パンがカビて行く様子を淡々と観察し続けたもので、彼への気持ちは、以来急激に冷めちゃった訳だけれども。 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.23(Sat) 17:37
マガジンさんに注文していたVK秋号が、先週、届いた。

VK秋号、表紙

今、リンクを貼ろうとして気付いたんだけど、VK作品の一部分を、本家サイトでは動画で見ることが出来るようになったんですね。すげー。

今回、ミトン特集がかわいくて悶絶。

でもミトンって自分ではあまり使わないので、5本指のショート・グローブがもっとあったら嬉しかったかも。

『北欧のニットこものたち』にも素敵な編み込みの手袋があって、それもぜひとも編んでみたかったんだけれど、指の部分の編み込みがうまく出来るか不安で、なんか考えただけでも怖ろしく難儀しそうだったので、いったん断念。

以前、ヌマコさんが素晴らしい作品を編まれていて、感動しました。

私もいつか、がんばって編みたい。


今回のVK秋号は、Ravelryで見かけて以来、激しく編みたいと思っていたフード付きプル目当てに購入。

VKから、編みたいプル

この肩から背中にかけての荒々しいぐねぐねケーブルにぞっこんラブ(死語率120%)なの。

VK秋号、中身
(↑こっちも編んでみたい。動画で見たら美しかった)


「VK NEWS」には、映画『Wool 100%』の紹介文と監督のインタビューが載ってました。

この映画、私は観てないんだけれど、誰かご覧になった方はいますか?

ずっと前にBSでやっていたのを見逃したんだよな~。


ちなみに『Wool 100%』という題名ですが、実際に劇中で使われた糸は「アルパカ60%、ウール40%」の糸なのだそう。

それを律儀に告白されている富永まい監督、ステキ♪と思いました。


このところ、朝晩急に涼しくなりましたね。夏もそろそろ終わりかな。

う~~、涼しくなったら、さっそく毛に触りたくなってきた!

 
読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

迷った末、欲しかった内藤商事さんの糸見本を注文しました。楽しみ♪

アーンド、今夜の「スマ・ステ」に上様が出演されるのも楽しみ♪♪



 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.21(Thu) 23:09
8月に入ってから、あまり元気がありませんでした。

いつもどこかぼんやりして、力が入らないような感じで。
ぼーっとしている間に時間ばかりが過ぎ、何をしていても楽しくない・・・・何を食べてもおいしくない・・・

我ながら、「私、大丈夫かなあ・・・・」って、ア・リトル、不安だった。

編みぢからが落ちていると何度かブログにも書いた通り、あんなに楽しかったはずの編み物もなんだか楽しめなくなってた。チクチク手を動かしていても、頭はどこか空ろでぼんやりとして。

赤ダリア

ずっと会えるのを楽しみにしていた甥っ子達が遊びに来てくれたおかげで、8月は楽しいことがいっぱいあった。

同時に、これまで病気1つしたことのない猫が体調を崩して、「もう高齢だし、駄目なんじゃないか」って思って泣いたり、でも奇跡的に回復してくれてまた嬉し泣きしたり・・・・・振り返ってみれば、かなり密度の濃い1ヵ月だったにもかかわらず、この夏の印象はひどくぼやけています。

特にこの10日間は、私の「ぼーっ」もさらに深まって、毎晩ぼーっとしながら、シーメー食べたり、ルービー飲んだり・・・・そうしながらしていたことと言えば、ただひたすらオリンピック観戦。

勝ち負けの結果そのものより、結果が出た後の各国の選手達の心の動きが興味深くて。

淡紫ダリア

どの選手だったかちょっと忘れちゃったけど、ある方が試合直後の自分の状態を指して、「燃え尽き症候群」って表現していました。

それを聞いた私は、「ああ、これって、今の私のことなんじゃ?」って思ったのね。

夏の青空と雲

この何年か、私は個人的に努力して取り組み続けて来たことがありますです。

自分なりに納得の出来る形に仕上げるのに、数年かかった。そしてそのこと自体、ある意味私の能力の限界を示している訳ですが、今回私はその件に関して、オリンピックで言うところの表彰台には上れない組になっちゃったみたい。

つまりは、「落ちた」んですな。


それでね、当たり前のことなんだけど、私はそれがショックで、この1ヵ月間ぼーっとしていた訳です。

結果そのものも、確かにショックではあった。でも、その結果に予想以上に打ちのめされている自分がいたってことの方が、もしかしてショックだったのかもしれない。

こうであって欲しい自分(理想)と、現実の自分とはなかなかクロスしないですね・・・・って、当たり前か。

赤黄ダリア

でもたぶん、あることで自信を失ったり、思うようにいかなくて落ち込んだりって言うのは、逆の考え方をすれば、そのことに対して希望や期待をまだ捨てずにいるって言えなくもない訳だから・・(・・・違う?)、それが自分の喜びと深いところで直結する大切な何かであるからこその、落ち込みだと思うので・・・・・

そういう気持ちとまだ向きえ合えるうちは、がんばろうかな・・・・・っていうか、がんばるしかないよねって、最近やっと思えるようになりました。



それでね。

こからが本題なんですがっ!!

私、気持ちを切り替えようと思い、軽い気持ちでとあるものに手を出しましたんよ。

青のケーブル・プルの元ネタ写真

レベッカ36号から、「Brown Cable Sweater」。

糸はバンブーメリノ。写真よりもうちょっと暗めの青です。

それでこれがですね~、すっごい楽しくって!
あの停滞ムードは何だったの?ってくらい楽しくって!!

編んでいるうちに段々元気が戻ってきました。編み物の神様、ありがとう(T△T

青のケーブル・プル、後ろ身ごろ その2

一見、複雑そうなパターンに見えてビビったけど、実際編んでみると意外に簡単。

シンプルなパターンの繰り返しで、模様も覚えやすくって、テンポ良くさくさくと進めます。

いや~・・・・りっちゃんがますます遠のくなあ。
ごめんよ、りっちゃん。


編むことの楽しさが戻って来た今、これはまさしくレベッカからの贈り物だ~♪と思いながら、毎晩ちまちまと幸せに編み進めております。



みなさん、元気ですか~?!



読んで下さってありがとうございます。

↓↓夜気の涼しさに秋の気配を感じつつ、ブログランキングに参加中↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

突然ですが、今年が「国際カエル年」だって知ってました?
いや、だから何だって言われるとそれまでなんだけど・・・・・カエル好きには見逃せないなと思って。

世界のカエルは現在、環境の激的な変化等によって絶滅の危機に瀕している種がたくさんあるとか。

みんなで幸せな未来を築きたいよね。みんなが幸せになれる未来を築きたいよね。
ケロケロ。

 

Trackback(0) Comment(4) 
Category:Vネックプル 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.20(Wed) 19:32
バスケット編みの手袋、完成。

手袋完成(伏せた状態)

Pattern; 『北欧のニットこものたち』 嶋田俊之著 (日本ヴォーグ社)
Yarn; Merino200(紺)1玉、ヨコタさんのネオグリーティング(紫)をちょっと
Needles; 2号針

アイロンがけもしていなくて、バスケット編みの縁の部分がクルクルしているけれど、今回はこのままで。
本当はこの縁の部分に皮ひもが付けられるはずなんだけど、自分用にはそれも無しの方向で。

皮ひもの代わりにポンポン付けたら可愛いかな?とも思ったけど、はめる時に邪魔になるかも、と思い直してそれも無しにしたという、「無し無しづくし」の1品。

手袋完成(手の平上)おススメ・ショット?

ポンポン付けよっかな、と思った際、お試しポンポンを自作してみたんだけど、がんばって厚紙に巻き巻き(70回巻き)して作ってみたにも関わらず・・・・出来上がったのは思い描いていたのとは違う、貧弱なパヤパヤ・ポンポン。

ち・・・ちがーうっ!

私の思い描いているポンポンは、もっとむっちり&みっちりしたポンポンなんだよぉーっ!!

私のやり方がまずかったのか。

・・・・今、無性にポンポン・メイカーが欲しい。

手袋、はめてみたところ

前回の親指疑惑だけれど、哀しいことに不安が的中。

親指が手の甲側に付いちゃってて、どう見てもおかしかった。

絶望のあまり、うなだれてピノを食べ始めた私(やけ食い)だったけれど、ふと思い直して左手にはめてみると、これがピッタリじゃあーりませんかっ!

手袋、はめてみたところ その2

あはは♪こんなことってあるんだね♪
じゃあこれ、迷わず左手用ってことにしちゃおう!

そうしてあっさり問題は解決され、再び右手分を編み始めた。

けれども、一瞬思ったよね。

右手のそれを編もうとして左手が出来上がったってことは、左手のそれを編もうとすれば右手が出来上がるのかもしれなくて、それなら右手を編むためには左手を編まなくてはいけないのではないか、と。

でもそんな意味不明な回り道をしている気力も体力も暑さで奪われていたので、もう一度、よーくよーく落ち着いて本を眺めてみることに。

するとわかったのは・・・・・・私が間違っていた。


たぶん指の拾い目をする際、手の平側と手の甲側のそれぞれの配分を間違えたんだと思う。

前回、「私は何もおかしいことはしてないぞー」!とか吠えていましたが・・・・・・ごめんなさい、おかしいこと、してました、私(笑)。



アメリカ芙蓉

そうして指の拾い目を慎重にやり直すと、今度はちゃんと、親指が手の平側に治まってくれた。ホッ。

手袋は、思っていたよりずうっと少ない糸で出来て、なおかつ楽しかった!

カフス部分がバスケット編みじゃなくて、大好きなゴム編みだったりしたら、もっとさくっと手軽に出来たと思う。

いつか編み込みの手袋にも挑戦したいし、もっと可愛い色でも編んでみたいし、指切り(ってこの辺では呼んでいますが、指先の出ている手袋)はさらに実用的で重宝しそうだし、あんなの編みたい、こんなの編みたい・・・・と、手袋妄想は果てしなく広がって行くのでした。


読んで下さってありがとうございます。

↓↓そうっと、ブログランキングに参加中↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

「久々、髪の毛伸ばしてみよっかな~」なんて言って無邪気に笑っていた3ヶ月前。
けれどもう我慢の限界で、おととい出かけて行ってバッサリ切ってやりました。

ええ、ええ、意志薄弱な私でございます。

シャンプーが、すごい楽。


 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:小物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.12(Tue) 21:02
バスケット編みの手袋は中指部分まで完成。

バスケット編みの手袋、途中経過

この辺まで来ると気持ち的にも盛り上がってくるね。

2号針でみっしり編んでいるので冬はあったかそう。

仙台駅の七夕 その4
(↑先週ちらりと見た、仙台駅のたなばた)

手袋って、作業過程がこまめに変化する。だからなに気にちょっとめんどくさそうって思ってた。

①手首部分を編んで→ ②手の平部分を編んで→ ③親指用に何目か別糸に取って→ ④再び手の平部分を編んで→ ⑤小指用に何目か拾って編んで→ ⑥薬指を編んで・・・・

って、あとは親指までこれが続く。

今回の手袋はさらに手の平部分に魔のねじり増し目が入っているから、途中めんどくさくなって投げ出しちゃうんじゃないかって、内心心配していた。

でも実際編んでみて思ったのは、手袋って、編み方自体はすごくシンプルなんだね。

つまりは、ひたすら輪編みしていくだけ。

手首部分にしろ、手の平(&手の甲)部分にしろ、5本指にしろ、基本は円筒形に輪編みしていくだけ。うーむ、なるほど。

たた&たた夫さんもおっしゃっていた気がするけれど、かかとに引き返し編み等の入ってくる靴下の方が難易度は高いと思う。

仙台駅の七夕 その5
(たなばたの下を受験生がくぐると試験に落ちるというジンクスが、昔はあったね。がんばれ、受験生)

手袋はそのまま編むと、指の間に穴が開く、という噂を耳にしていた私は、小指を編んで次に薬指に移る際、ヒヤヒヤのどきんちょだった。

そうして震える指で編み進めた薬指。





・・・・・え?穴ですか?

ええ、ええ、もちろん開きましたよ!!

わっぱめし アップ
(盛岡の駅弁、わっぱめし)

「ちっきしょお!!リベンジじゃ!!」と叫んだ私は、中指を編む際ちょっと工夫してみた。

中指の目を拾う時、手の平側から数目、手の甲側から数目、それに薬指の巻き増し目から2目を拾うんです。
それで巻き増し目の2目を拾う際、その両サイドの目を1目ずつ(手の平側と手の甲側からそれぞれ)拾い、巻き増し目を編む時それらを一緒に2目1度にして編んでみたのね。

結果、こちらの穴は心なしか小さくなったような・・・・

手袋、中指と薬指のつけ根
(↑わかり辛いですね)

誰かもっと良い方法をご存知の方は教えて下さい。


段々盛り上がってきた手袋だけど、実は今1つ心配な点が。

あのお・・・・親指の位置って、これで良いのでしょうか?

バスケット編みの手袋、親指部分

ずいぶんと真横に・・・・・っていうかもう手の甲側に付いちゃってる気がするんですけどお・・・・大丈夫なのかな?

ま、間違ったことは何もしてないはずだぞーっ!!私は!!(←必死)


暑い中、読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

何も食べなくなっていたうちの猫(17歳)が、今日9日ぶりにごはんを食べてくれました。(今まではチューブ入りの栄養剤や卵黄等を強制給餌して命をつないでいた)

もう駄目かと覚悟していたけれど、奇跡が起きた、と言って母と泣きました。

何事も諦めたらいけないですね。それが命ならなおさら。
 

Trackback(0) Comment(4) 
Category:小物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.09(Sat) 19:25
バスケット編み部分を終え、↓のようなものが2つ完成した。

バスケット編み部分

とくれば、もうこの匿名小物の正体が靴下か手袋であろうことはわかったも同然。なのであっさり告白いたしますが、今編んでいるのは手袋です。

嶋田俊之さんの『北欧のニットこものたち』(日本ヴォーグ社)より、表紙のバスケット編みの手袋を編んでいます。

車窓の風景

バスケット編みは、正直たるかった。

ちまちまと進んではちまちまと止まり、またちまちまと進んではちまちまと止まるの繰り返し。

10cm平方のゲージが31目×38段で、かなりタイトなゲージなんだけど、まあ小物だし、私は目が細かくてもそんなに気にならない方(というよりむしろ好きだったりする)なので、その辺は問題なかった。

ただバスケット編みの構造上、作業が細かく中断されるのが辛かった。

スーパーひたち内で編み物

バスケット編みをなんとか終え、やっと手の平部分に入って、「さあ、これからは思いっきりメリヤス平原を突っ走るぞー!!」と思ったのも束の間、今度は親指部分にねじり増し目というのが入ってきて、これがなんとも目がきつくてうまくねじれず苦労した。

ねじろうとしているこっちの顔が焦りと苛立ちのために醜くねじれてきちゃいそうな、魔のねじり目であった。

バスケット編みの手袋

でも段々コツをつかんできて、左の針に取るところの渡り糸を右の針に取って、それを下からすくうみたいに左の針でねじると、うまく糸割れせずにねじれることが判明・・・・って、言ってる私にしかわからないかな(汗)

そうして全てのねじり目を終えて、ふと前の手袋を見つめると、ねじり増し目で立てた目のラインがスーッと斜めに伸びて、それがなんとも美しいではないですかっ!!

がんばってねじって良かった。

最後まで諦めずねじり続けて良かった。自分を褒めてあげたい。





ほんのちょっと、編みぢからが戻ってきたような気がします。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

良い週末を!



 

Trackback(0) Comment(0) 
Category:小物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.08.05(Tue) 22:15
最近、編み物ネタが乏しいのです。

りっちゃんもスパゲッティ・モンスターもいまだ放置しっ放しで。

りっちゃん、後ろ身ごろ その2
(成長を止めたりっちゃんの後ろ身ごろ)


放置中のFSM
(忘れられたスパゲッティ・モンスター・・・・・soleilさんから教えていただいたテクノロートは無事ゲット出来ました。soleilさん、教えて下さってありがとうございました♪)

暑さのせいなのか何なのか、集中力が続かなくて、ちょこまか色んな物を編み散らかしてはぼ~っとする日々。

8月に入ってからなぜか急に小物づいちゃって、小物妄想をあれこれ膨らませては季節外れなモケモケ糸を買い込んで・・・・それっきりになっていたり。

エスキモー その2

エスキモー アップ
(み・・・見ているだけで、あぢ~~)

さらにかぎ針編みを勉強し直そうと、下田直子さんの本から楕円のコースターを編み始めつつも、結局短時間で挫折しちゃったり。

たるんでるな~・・・私。


おとといから編み始めたとある小物(←今はまだ匿名のまま進めさせて下さい・・・・でも見る人が見ればわかるかも?)がやっとちょっとノッてきて、昨晩、なんとかバスケット編みの部分を終えることが出来た。

バスケット編み部分

バスケット編み部分 アップ

暑さに負けることなく、この子だけはなんとか完成させたい(涙)。
         



先日、押入れの中を片付けていたら懐かすぃ~物を発見!

すっかり嬉しくなった私はさっそくみんなに集合をかけて、いつもの出窓に集まってもらいました。

ウルトラの母を迎えてのミーティング

みんな、見て見て!

これ↓何だと思う?

発掘された20年前の襟巻き

これはなんとですね~、今から約20年程前、ジェニーちゃんがこの家に来た時巻いていたフェイク・ファーの襟巻きなのです♪懐かすぃ~!!

以前バンブー糸で編んだ黒のニット・ドレスにこの襟巻きを合わせたら、なんかとってもゴージャスな感じになると思わない?

ねえねえ、ジェニーちゃん、巻いてみんなに見せてよ~♪

ドレスアップするジェニー

ドレスアップするジェニー その2「・・・・」


半ば無理矢理、ジェニーちゃんにドレス・アップしてもらったんだけど・・・・

脱ぎ捨てられたドレスと襟巻き「暑くて無理っ!」

・・・・と、すぐに投げ捨てられてしまいました。

ジェニーちゃん「私、もっとラブリーな服が着たい。可愛い私をさらにもっと可愛く見せてくれるような、そんなキュートな服が着たいのっ」

そう?このニット・ドレスもなかなか素敵だと思うけど。(孤独な自画自賛)

ジェニーちゃんくらいナイス・バディーだったら私が代わりに着たいくらいだよ。みんなはどう思う?このニット・ドレス、着てみたいと思う人~?

挙手するウルトラの母 


みんなに見つめられて挙手するウルトラの母


挙手するウルトラの母 アップ


あ、あなたは・・・・・最近新メンバーに加わったばかりの「ウルトラの母」・・・

このドレス、着てみたいの?

挙手するウルトラの母 アップ「ポッ・・・」

いいよ。じゃあどうぞ、着てみて。



ドレスアップするウルトラの母



ドレスアップするウルトラの母 その2



孤立するウルトラの母



いじけて隠れるウルトラの母



いじけて隠れるウルトラの母 その2




い・・・・いいじゃ~ん!(必死) 似合ってるよ~!!(さあ、みんなも一緒に言ってあげて!!)

ほんとほんと、似合ってるって!みんなもそう思うよね?絶対思うよね?思ってるって!!

カーテンの向こうのウルトラの母「・・・・・そう?」



ボブとウルトラの母 その2
(新しい仲間「ウルトラの母」に、似合ってるよ!の一声お願いします)




鏡に映るウルトラの母

鏡の前に立つウルトラの母「♪♪♪~」


ウルトラの母・・・・なにげにウキウキだね・・・・・・


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

暑さのために「編みぢから」が落ちてる今、私は声の限りに歌おうと思う。
 
「編みたい物も編めないこんな世の中(暑さ)じゃ~♪・・・・ポイズン・・・・」



 

Trackback(0) Comment(2) 
Category:日記 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2008 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。