dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.02.08(Fri) 20:24
以前書いた、ソフトウールの青で編んだセーターの思い出です。

写真なしのセーター、すでに伸び伸びのセーター、そして編物「超」初心者の私には特別な思い出のあるセーター・・・

どんな特別な思い出があるかって・・・それはですね、肩の引き返し編みを初めて試みたセーターだから!

いろんな物を編み慣れている先輩方には何でもないことなんだと思う。

でもね、肩の引き返し編みを無事やり遂げた後の私の気持ちときたら、空に例えるとこんな感じ↓

2・1の青空 遠景


「ぼ、ぼ、ぼ、僕も、その、セーターとか・・・編んでみたいんだな・・」って裸の大将みたいに呟いて初めてのセーターに着手したのはおととしの冬。
初めて編んだのは英語版Phildarのセーターです。身の程知らずなのは昔から(汗)それで見事に失敗しました。敗因はあまりにも適当に編んだから。知識も経験もないのに、謙虚さすらなかったゆえ、「いいんじゃない?こんな感じで」って指示を無視して適当に目分量で編んで行ったらオフタートルの部分が膨大になりすぎて、なんていうか、エリザベス女王っていうか手術帰りの猫って言うか、そういう感じになっちゃった。

ちゃんと編めば、ちゃんとかわいくなったと思います。反省してます。

そして2作目はパピーの「手編みの本」から七分袖のタートルネックのセーターを編みました。このセーターを編む時最大の難関となったのが、肩の引き返し編みの部分。

そもそも肩の引き返し編みって、いつ、どういうタイミングで編めばいいのかわからなかった。

「だって首の減らし目があるでしょ、それで肩も引き返すんでしょ・・首の減らし目と肩の引き返し編みって同時にやるの?どうやって?」と思っていた編み物音痴がここに一人・・・

人が実際にセーターを編んでいる所を見たことが無かった私は、その辺の手順をシュミレーションしようにもシュミレーションする材料が全くなかったのです。

レリチ、ソフトウール団子 首からかけた図、下方より


ありがたい「たた&たた夫」さんのサイトでその辺を何度も確認しました。もちろんすごくわかり易く説明してありました。「首を編んでから肩を編みます」って書いてあったのね。これ以上簡潔かつ的確に説明するのは誰にとっても難しいと思う。でも私はスタート地点がゼロって言うかマイナスだから、「首と肩を同時に編むの?」っていう出所も不明な疑問にまだ固執してた。

レリチ、ソフトウール団子 その2


それでとうとう手芸屋さんに行って聞いたのです。編み図を見せて、「ここ、どういう手順で編めばいいんですか?」って。そしたらカウンターの人はにっこり笑って、「首を編んでから肩の所を編むんですよ」って「たた&たた夫」さんと全く同じことを教えてくれました。

いくら厚かましい私でも、「じゃあそれ、今目の前でやって見せて下さい」とは言えなかった。それで「そうなんですか、ありがとうございました」って言って帰って来ました。
そして結局肩の引き返し編みは諦めることにしたのです。
「いいじゃん、肩のラインが下がってなくたって!真っ直ぐだって平気だよ。首の減らし目だけがんばって、それで終わりにしちゃおう」と。

そして編み上がって試着してわかったことには、肩はやっぱり下がっていた方が良い(私の場合)ってことだった。
人の言う事は素直に聞くもんだ。

そうして奮起(?)して肩の引き返し編みに挑戦したのがソフトウール青のセーターなのです。やってみると以外にすんなり出来た。本当に(当たり前だけど)首を編んでから肩を編めばオッケーだった。なぜ素直になれなかったの、私・・・

なのでこのセーターには結構愛着があります。
例え、もう毛玉だらけでも。
その後何度も猫の爪とぎに使用されようとも。 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.02.08(Fri) 18:38
マガジンマートさんに注文していたRebecca(春夏号)とPhildar(冬号)が到着しました。

レベッカとフィルダー 表紙 その2



到着したのは3日前。以来頭の中は春物の構想or妄想でいっぱいです。

phildarの新しい号は買い逃しちゃった。本国サイトで中を確認して、「いいな、欲しい!」と思ったらすでに売り切れてしまってました。今(っていうかいつも)金欠だから、まあ良かったのかも。再入荷を待とう。

春先に着られるプルがずーっと欲しかったんですよね。春って言っても私の住んでる所では東京の真冬並みの気温だったりするから、春物の服をそのまま着るとまだ寒い。春物のジャケットだけでは夕暮れ時や夜になってから震えるほど寒かったりするから、ウール混やアクリル混の糸でプルを編んでジャケットの下に着る、もしくはショールを編んで首に巻くとかすると良いんじゃないかな~・・と去年から思っていて今年になったのです。

今現在、いろいろと候補糸やパターンを模索中。ローワンのウールコットンで何か編んでみたいな。

Rebeccaから編んでみたいのは↓の物。

レベッカのケーブル・サマーセーター その2


レベッカのロングニットカーデ その2


Phildarからはこれ。

フィルダーのプル その4


秋になったら編んでみたいと妄想しているのが↓のジャケット。

フィルダーのニットジャケット その2


その前にまずはがんばって解読に励まないと。 

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2008 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。