dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.12.27(Sun) 20:55
KimさんのNORTHを購入。
なんとなく気になって買ってみたんだけど・・・・・これが、結構じわじわくる良作だった。眺めるほどに惹かれていく~~。

とくに、ニットキャップ2点。
ネットで見たときはさほど気にとめていなかったものの、実際に本で見ると・・・・・なんかいいんだよね。何がどう好きって、はっきり言えないのがもどかしい。
どちらのキャップも輪編みじゃないんだね。輪編みが得意じゃないから助かるかも。
ハイゲージで編むアラン模様のキャップはぜひぜひ挑戦してみたい。
ダークな色で編もうかな。

アラン模様のカーディガンも好きだし、シンプルなプルも素敵。
多くのデザインが、年間を通して使えそう。

迷ったけど、買ってよかった。


 
スポンサーサイト

編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.06.29(Tue) 16:23
今日は・・・・・・残念なお知らせがあります。


こゆぴんが・・・・・・こゆぴんが・・・・

とうとう廊下に出されてしまいました。
(っていうか出しました・・・・)


DSCN1197.jpg
(・・・・・・・・)

こゆぴんが今いるその場所は、元々は、数十年前に父が購入した木彫りの熊が置いてあった場所で。

りくとくーは、木彫りの兄貴にじゃれついて遊ぶのが大好きだったのですが、爪を立てられた兄貴の体表部分から黒い塗料がはげ落ちて参りまして、それをまた2人が食したりして危ないとのことで、撤去されることになりましてん。

そこへこゆぴんがやって来た、と。

しばらくして、母が思いつめた表情で木彫りの熊を抱えて外に出て行ったので、私は内心、「何か間違いでも起こさなければいいが・・・・」と案じてはしてはいたのですが。

数十分後、念のため母の後を追ってみると・・・・・



DSCN1183.jpg
「!!!」


・・・・・木彫りの熊が、玄関先に設置されておりました。

現在、草取り用椅子として使われている旧・風呂椅子の上に設置し直した模様です。

慌てて母の元に駆けつけた私は、どういうことか説明を求めたのですが。

番犬代わりになるかと思って、玄関先に置いてみた、とのことでありました。


DSCN1192.jpg


・・・・・番犬代わりとは言いつつも、傘立ての後ろに何気に隠すように置かれているのは、「あまり外から見えると恥ずかしいから」だそうであります。

一体何がしたいのか・・・・母よ。


DSCN1189.jpg
「この家は、オレが守る!!」


今回も、母の間違いを止めることが出来なかった・・・
そんな無力感に打ちひしがれていた日曜日の午後、せめて気分を変えようと、バッグの内布を物色しに手芸屋さんに出かけることにしました。


DSCN1185.jpg
「遅くなる時は電話しろよ♪」



デパートの夏物バーゲンが始まっていたおかげで、駅前は若い女の子たちでいっぱい。

空はどんより曇り空でも、おしゃれに夢中な女の子たちの周りには、はじけるような夏の陽射しが一足先に舞い降りたよう。


ま、まぶしいっ!
若さって、こんなにまぶしかった?!

現在、ねこ貧乏街道をまっしぐらに爆走中のワタクシは、手足に残る無数の引っかき傷を勲章代わりにぶら下げて、堂々と去年の服で手芸店を目指したよね。


DSCN1200.jpg
(最近、彼らのハマっている夜遊び。本崩し)


お店に着くと、頭を空っぽにして内布選びに没頭。
木彫りの熊のこともこゆぴんを救えなかったことも、みんな忘れて没頭。

その日がポイント2倍サービスデーだったことが、こちらの気持ちをさらに盛り上げてくれたよね。

内布をゲットすると、今度はその足で本屋さんに直行。


話がぶった切りで変わるんだけど、実は先日、マガジンさんで「VK」のearly autumn号を購入して。


DSCN1209.jpg


梅雨空の下、気が向くと手に取ってパラパラ眺めては、自分の中の「あーりーおーたむ気分」を地道に高めてきたんであります。


DSCN1214.jpg


DSCN1218.jpg


DSCN1222.jpg


DSCN1225.jpg


デザインを眺めるだけじゃなく、他にもいろいろ楽しみはあって。

たとえば広告の拾い読みとかさ♪


DSCN0264.jpg
「何、その地味な楽しみ方」


私、広告の拾い読みって好きなんであります。

で、あーりーおーたむ気分でVKの広告欄を眺めていたら、面白そうな猫本を発見しましてな。

翻訳モノが出ていないか調べたら、早川から出ていることが判明。





本屋さんで立ち読みしてみたところ、なかなか面白そうだったのでゲット。

あと、そばにあった↓の本も同時に買って・・・・





さらに、どこかで誰かがおススメしていた↓↓の本も面白そうだったので買って・・・・・





家に戻って、『図書館ねこデューイ』から読み始めてみたら、なかなか面白くって。

おかげでバッグ製作が遠のいてしまわないか、ちと心配・・・・・・


って、いやいやいや!

あと少しなんだからがんばらないとっ!!



br_decobanner_20100629143334.gif
「いつか必ず元の部屋に戻ってみせる・・・いつか必ず・・・」


読んで下さってありがとうございます。 

Trackback(0) Comment(5) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.14(Tue) 22:26
先日、編みは編みでも、紐編みの本を買いました↓↓









↓↓も欲しくて探してるんだけど、近所の本屋では見つからず。




本を見ながら、「どちらもステキで大変だ~~♪」と浮かれ騒いでおります。

近所のお店では革紐類ってほとんど扱われてないのが、残念無念。
でも、眺めているだけでも楽しい本っす♪

スズを主成分とする合金を「ピューター」って呼ぶらしくて、このピューターのパーツを使ったワンダフォーなデザインが多数載っております。
『革ひも、ヘンプ~』の方はちょいワイルドでプリミティブな感じかな。

金属アレルギー持ちの私としては、実際肌に触れて持つのは難しいんだけど、まずは携帯ストラップ辺りから始めて、それでそのうちピューター以外の物で代用して、あーしてこーして・・・(←夢は広がる)

DSCN8002.jpg


それから初のキムさん本も注文。こちらこちら
今から届くのがすっごく楽しみ。
ぜひとも今シーズン中に何か編みたいわ~~。



最近ずいぶんと早起きです。

それと言うのも、またしてもスズメが部屋の近くに巣をかけて(未だどこかは突き止めておらず・・・)、朝もはよから「ジュジュジュジュジュッ!!!」って派手に盛り上がっているから。

寝ぼけまなこで時計を見ると、まだ朝の4時台ですのよ、皆さま・・・・

スズメについてまだ何も知らないおぼこ娘だった一昨年の私なら、「まあ♪そんな早くから起き出して働くなんて、スズメって勤勉なのね☆」って笑っていられたかもしれないけど、スズメの一家が夜7時頃にはそろって就寝しているらしいことを悟った今となっては(だって静かだもん)、もうそれ程きらきらした感情は湧いてこないんでした。


DSCN8000.jpg
(寝過ぎじゃない?逆に)


暖かさに誘われて、さっそくゴッキーも繰り出して参りました。
そしてさっそく死んだフリをして敵(うちの母と猫)を欺いておりました。

カメムシも出て来たね~。
カメムシのカメ吉君はうちの窓辺にもう3泊もしております。
きりたんぽを振り回して脅して追い出そうとしたけど、無駄だった。

でも、春だからね。
何事も前向きに考えようと思って。

ゴッキーだろうがカメ吉だろうが、「害虫」なんて呼ぶからますます腹も立つんであって、あえて彼らを「しまねことゆかいな仲間たち」って呼んで、みんなで春の喜びを分かち合ってみれば・・・・・どうかな・・・


明日も4時からゆかいだよ。たぶん。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村 

Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.03.06(Fri) 20:21
レベッカ春号とIK春号が届いた。

DSCN6938.jpg

今日は、両雑誌の中身写真を爽やかにアップしつつ、内容は編み物とは全く関係ない話なので、お忙しい方は文章はすっ飛ばして、写真だけお楽しみ下さい。



DSCN6939.jpg
(今回のレベッカはドイツ語版に英語の小冊子付き)


私はこれまで、他人の家の車庫の形状なんてこれっぽっちも気にかけたことは無かった。


DSCN6949.jpg

DSCN6941.jpg
(レベッカの巻頭特集はふわふわレーシー)


でも昨日はひたすら他人の家の車庫ばかりガン見(古いなw)していたよね。
なんでかって言うと、またしても家の車庫脇のブロック塀で車を派手にこすったから。

前回はバックで車を車庫に入れようとしてお尻をブロック塀にぶつけ、今回は車庫から出ようとして、車体の左わき腹をガーリガリ。

おかげでほうき星のようなあでやかにも長い傷跡が、ばっちり左後方ドアの部分に付いちゃったんだった。


DSCN6943.jpg
(これ、すごく好きだけど、編むのもすごい大変そう)

ほとんど同じ場所で、前後から2回も律儀にぶつけたりこすったりするなんて、私も隅に置けないな☆(←ショックのため壊れ気味)

これまで家のブロック塀なんて気にも留めたことなかったけど、昨日よくよく検分してみたら、うちのブロック塀はちょっと車庫側にせり出してあった。

DSCN6944.jpg


・・・・・「それがどうしたの?普通に気を付けて出れば済む話じゃない?」って言われれば、それはその通りで、私としても「キャハ♪」って笑いながらあとは内股で走って逃げるしかない。

けれども多くの未熟な人間がそうするように、私も自分のいたらなさを、なんとか自分以外のもののせいに出来ないかと目を光らせているんだな。

今回のガリガリ事件を、全てこの車庫側にせり出した邪悪なブロック塀のせいに出来はしまいかと。


DSCN6956.jpg
(こちらはIKの裏表紙。ちなみにこのパターンは載ってません。こちらのサイトの広告なのねん)

そういう訳で私は昨日、ずうっと他人の家の車庫をガン見して回ってた。
こんな呪われたブロック塀のある車庫はうちだけ・・・・そう信じたくて。

自分がこんな器の小さい人間だとは思わなかったよ。




DSCN6888.jpg
「誰?あたしはとっくに気付いてた、とか言ってる人」


これまでの私は、車をこすったのなんだのって騒いでいる人を見かけると、冷酷に笑って、「そんなことを気にするのは日本人だけなそうじゃのぉ」などと知った風なことを言って、物知りの長老みたいにフォッフォッフォと笑っていたんだった。

でもこれが我が事となるとどうだろう。

お風呂に入って一汗かいたら立ち直ったとは言え、やっぱり車をこすってからしばらくの間は落ち込んでた。

まるで全人格を否定されたかのようなショックを受けてうなだれていたよね。


DSCN6951.jpg
(IKの中身は本サイトに行くと見られるので、今回は載っている広告に注目してみた。広告も楽しくて好きなんだ♪左の黄ニット、かわいい~~)


左後方のドアに走るハレー彗星のような傷跡を見て深くうなだれた私は、その前に力なくしゃがみ込むと、次の瞬間、ティッシュ・ペーパーで傷を拭いてみるという謎の行動に出ていた。

心を込めて拭けば、消えるかもしれない・・・・・と思ったの。


DSCN6954.jpg
(これも好き↑ 他にも素敵なのがいろいろ



今日、秋田は暗く冷たい雨が降ってた。

願わくばこの雨が、哀れな車体にカミナリ模様みたいに走る傷跡をすっかり洗い流してはくれまいか・・・・そんなことをぼんやり考えつつ、昨日、梅茶漬けさんから送って頂いた「タモリ倶楽部」の総集編のテープを胸に抱えてニマニマしている私だす。


DSCN6936.jpg
嬉しい♪♪


梅茶漬けさん、本当にいろいろとありがとうございました!!

今週末はタモとひっそり過ごそうかな。



読んで下さってありがとうございますm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村


追伸。

実は車をこすってしまった原因の一つとして、他にも思い当たることがあるのね。

昨日のヤフーの占いで、魚座の開運のおまじないのところに「今日だけ、自分の好きなところにペンシルでほくろを描いてみてってあったんだけど、「出来るかっ!!」って思った私は書かなかったんだ。

あの時ちゃんとペンシルでほくろを描いてさえいれば・・・・・おそらく・・・・ 

Trackback(0) Comment(6) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.11.06(Thu) 09:10
注文していたBerrocoの小冊子が届いた。

DSCN4561.jpg

前回届いたノラさんの小冊子は表紙が破れていて落胆したけど、「破れてたよメール」を送ったのが功を奏したのか、今回は結構丁寧に梱包されてあって、傷や汚れ等もナッシングだった。

以前はむき出しのまま封筒に入れられていたのが、今回はビニール包装ありで到着。
言ってみるもんだ。

DSCN4564.jpg


お目当てのパターンは↓の2作。でも他のパターンも素敵で、あれこれ目移り中♪


DSCN4567.jpg


DSCN4569.jpg


上の写真のジャケットは、一目見たその瞬間にハートを撃ち抜かれたブツなんだけど、ちょっと前にRavelryで検索してみた時にはまだアップされてるプロジェクトが無かった。

みんな・・・・このジャケット、嫌いかい?

まだよく読んでないんだけど、両前身ごろの形が面白いよ。


DSCN4596.jpg

ケープは現在5玉目に突入。

やっと「モリゾー」と名付けはしたものの、名付けた瞬間にもう完成してしまいそうな、そんな哀しい予感が今している。あと、2段くらいで完成しまふ。


DSCN4579.jpg

前回の記事にも書いたけれど、わたくし今、教習所に通っております。

仮免のプレートを付けて路上に繰り出していく先輩達をキラキラとした羨望のまなざしで見送っている私は現在、第一段階中。日々、教習所内の暗いコースをグルグルと輪編み走行中であります。

この間の教習中、担当の教官がふとルームミラーを見上げて、そこに誰かの指紋が付いているのを発見した。教官は言ったよね。

「ミラーを指で触っちゃ駄目。こういう風に指紋が付いちゃうから」

DSCN4594.jpg

私は「はい」って愛らしく頷いたよね。
指紋を付けたのは私じゃなかったけれど、とりあえずは素直に頷いた。すると教官は続けたんだった。

「こういう風に指紋が付くと、子門真人になっちゃうから」

「・・・・」






さぶっっ!!!

私は「そうですね」って言って、教官のダジャレを冷酷にスルーした。けれども教官は子門真人さんをなかなか手放そうとしなかった。

「子門真人、知ってるの?」
「え?ああ・・・あの歌う人ですよね」
「そうそう」
「アニメの歌とか、歌う人ですよね」
「そうそう。子門真人」
「はい・・・」

DSCN4424.jpg
(ダジャレ寒気団の影響で急速に冷え込んで行く車内)

以来、その教官は私の中で「子門真人教官」になった。

私と教官はその後、子門真人さんの大ヒット曲、「およげタイヤキ君」や「ホネホネロック」の話題でア・リトル、盛り上がったりもした。
そうして先日、再び子門教官と乗車する機会があった私は、そこで衝撃の現場を目撃したんだった。

教官が、ルームミラーの鏡の部分を、思いっきり指で触りながらその角度を直していた。

ミラー部分には教官の邪悪な指紋がばっちし残っていたよね。

DSCN4512.jpg
「・・・・・・・・」

私は思わず、「あ、指紋真人だ」ってミラー部分を指差して言った(←私も寒いな・笑)。

すると教官は驚いた顔で、「え?どこどこ?」って言いながら本気で辺りを探しているんだった・・・・

DSCN4423.jpg
(教官・・・・もしかして、天然なの?)

私は今、強い疑念と共にある一つの仮説を立てている。

最初のルームミラーに付いてたあの指紋、あれ、教官本人の指紋じゃないかって。
だって最初に運転したのは教官だったし、ルームミラーもその際自分で直したと思うし。

こんなこと信じたくはないけれど、もしかして教官は自分でミラーに指紋を付けて、自分でそれを注意していたんじゃないかな。そうしてそれをダジャレに変えることで自ら昇華していたんじゃないかな・・・

子門教官が果たして天然なのか、それとも全てをわかった上で狡猾な一人芝居を演じているのか、その辺のところをこれから注意深く見極めていきたいと思っているこの頃なんだった。


読んで下さってありがとうございます!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

「ホネホネロック」は名曲よね。

 

Trackback(0) Comment(6) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。