dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.06.17(Thu) 13:25
Norahさんのブックレットから「skuld」という名前のバッグを編み始めて数日。

進んでいるかと聞かれれば、あまり進んでいない。
そしてそれ程進んでいないにもかかわらず、さっそく壁にぶち当たっている感あり。


覚悟してはいたんだ。

黒糸だからこうなるだろうとある程度の予測はついた。
でも、まあ、編み進めて行くうちに何とかなるさ♪と楽観視してもいた。



DSCN0997.jpg



実は、この skuld さんには、カメの甲羅を思わせるきれいな八角形の模様が入ってる。


・・・・が!

ご覧の通り、精魂込めて入れたはずの甲羅模様が、黒で徹底的に塗りつぶされちゃって見えない。
悲しいくらい、何も見えない。



DSCN1001.jpg




襲いかかるこぐまの兄弟を腕で制しながら、文字通り血を流して編んだ模様が。
大好きな甲羅模様が。
暗黒糸の深すぎる闇に吸収されていく悲しみ。


今の私に最も似合う言葉は「徒労」の2文字かもしれない。




DSCN1010.jpg
(・・・・・・・)


この手の暗黒糸は、最後にとじはぎする際も大変・・・・・・ということもわかってる。
わかっているのになぜこの糸を選んだのかと言えば、1にも2にも在庫糸消費のため。


私もう、クローゼットを開けるたびに糸山なだれに襲われる暮らしに疲れたんだよ。



去年の今頃に買ったゴンモネ一族の黒が中途半端に5玉くらい残っていて、その子たちを糸山①のトップに載せてあったんだけど・・・・・



DSCN1026.jpg


・・・・このところ、なぜか黒ゴンモネたちが、クローゼットを開けるたびにものすごい勢いで糸山を滑り落ちて来て私の顔面を直撃するようになった。

何度積み上げ直してもしつこく滑り落ちてはこちらの顔面を直撃する、在庫糸界の狂犬、黒ゴンモネ。


これ以上、この子たちをうちのクローゼットに置いておく訳にはいかない。




DSCN1003.jpg
「ゴンモネや  ああゴンモネや ゴンモネや (編み尾芭蕉)」



だからもう編むしかない。
いくら模様がつぶれたって編み進めるしかない。


黒ゴンモネたちの帰る場所はどこにもないんだから。

少なくともうちのクローゼットにはないんだから。
そうでないと私の顔面がやばいんだから。



DSCN0327.jpg
(うっすらと虹)



ちなみに「skuld」とは何ぞや?と思い調べてみたら、北欧神話に登場する3姉妹の女神らしい。

運命の糸を編んでいるとか。







br_decobanner_20100617110943.gif
(徒労・・・・・・・)

 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(6) 
Category:バッグ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。