dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.04.17(Thu) 20:00
リリーヤーンのカーディガン、両袖がやっと完成した。

緑のカーディガン、両袖完成


あとは拾い目して前立てを編んでボタン付けして完成!・・・って行きたいところだけど、今ここで足踏み状態。

本には「前立て用に70目拾いたまへ」ってあるけど、私は指定よりかなりハイ・ゲージで編んでいるので、丈も当然指定の段数より多くなってる。
なので拾い目は自分で数を考えて拾っていかねばならず、ボタンホールの数も調整しなきゃいけなくて、ちと(というより、かなり)、不安。
ううむ。

袖の先っぽは、着用して伸びると↓のようになると思われる。

緑のカーデ、袖部分


ゴム編みに切り替わる部分は珍しく何度もやり直したけど、結局よくわからないまま終了。

緑のカーデ、ウエスト部分




最近は、マガジンマートさんで購入した「VK」春夏号を毎日のようにパラパラめくってはうっとりしている。

VK春号の表紙



この号からは編みたい物がいっぱいあって、中でも特に心奪われているのが↓のtwist front topちゃん。

twist front top 写真


幾晩もtwistちゃんについて研究を重ねているんだけど、未だちゃんと解読出来てなくて、自信を持って「次はこれで行きます!」とは言えない状況。

こんなにtwistちゃんに夢中なのに、結局眺めるだけで終わっちゃうのかな。切ない。
誰か編まれている方がいたら教えてください。


wedding bells の特集もかなり素敵だったよ。めくるめくホワイトレースの世界にうっとり。

ただ、こういうのは自分に似合わないって事だけは重々承知だから、いっそのこと真っ黒な糸で編んで、魔女みたいになってやろうか、なんて屈折した夢を描いてみたり。

前庭の岩場の葉っぱ



突然だけど今朝、こちらでは地震があった。朝の4時20分頃。

そんな大きな地震じゃなくて津波の心配もなかったみたいだけど、家は結構揺れた。おそらく築年数の問題だな(笑)。

それでどうしてかわかんないけど、今朝、地震が来る前にパッと目が覚めたんだ。
1度寝たら決して朝まで起きない私が。

まだ暗い部屋の中でパッと目を覚まして、「あれ?どうして起きちゃったんだろう?」って思った直後にグラグラグラってきたから、2重の意味でびっくりした。

猫と一つの布団にくるまって揺れながら、「すごいな、私、女ナマズだな」って思った朝であった。

馬止めの石



昨晩は結局「四郎」と向き合えずじまい。
たぶん今夜も難しいな~。

週の折り返し、皆さんいかがお過ごしですか。


ヒマを見つけてはスキー坊やをいたぶっている猫をいさめつつ、ブログランキングに参加中 ↓

地震後再び眠りに就き、それからいつも通り目を覚ますと、坊やは机から叩き落され、エサ場の前に転がされてあった・・・猫よ・・・いい加減、坊やに構うのはやめないか・・・ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.04.04(Fri) 15:11
デジカメの写真をパソコンに転送出来なくなって2日が過ぎ、本日、やっと無事取り込むことに成功した。
ホッ。

デジタル機器は怖い。
きゃつらがすねると本当に怖い。こちらが無知であるだけに。
このパソコンもたまにへそを曲げる時があって、その度にドキドキだ。

叩けばテレビが直っていた時代が懐かしい。


緑のカーデ、片袖途中


半袖カーディガン、先日早起きして袖に着手して・・・


緑のカーデ、片袖完成


片袖完成。

光の加減で、これが同じカーディガンか、ってくらい色が違ってますね。

緑のカーデ、袖部分


この、ちょっと見イソギンチャクみたいな袖がお気に入り。
着ているうち伸びちゃうこと確実だから、今だけのお楽しみ。

手芸店を回ってボタンを探したけど、ピンとくる物となかなか出会えず、いまだ準備出来てません。
ボタンって、普段洋服買う時は全然注意して見てないのに、実際自分が付ける立場になると、結構迷うものだね。

あれこれ考え込みながらじーっと選んでいたら、途中から何がなんだかわからなくなった(笑)。

パンプキンパイ


↑は久々食べたパンプキンパイ。
五個入りで500円也。

甘過ぎず、食べやすくておいしいよ。

パンプキンパイ、割ったところ


いつか黒豆パイも食べてみたい。
良かったらどうぞ。


久しぶりにレピッシュを聴きながら、ブログランキングに参加中 ↓

みなさんは昔、どんなアーティストに夢中でした?もしくは今も? 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.03.31(Mon) 19:54
カーディガン、やっと身ごろが完成しました。

リリーヤーンのカーディガン、身ごろ完成


こうして見ると、なんだか深海の生き物みたい。新種のイカとか。

前にも書いたけれど、ゴム編みに切り替わる部分と裾の部分、つまり裏編み部分が、指示通り進めるとうまくいかなかった。写真の通りにならないのね。

KALにざあっと目を通してみたけど、そんなこと書いている人は誰もいなかった。
やっぱり私が何か勘違いしているのか、それとも気にする程のことでもないのか。

裾の部分は写真と若干違う感じになってしまったけれど、もはややり直す気力も気概もなく、そのままなし崩しにフィニッシュ。

はるみのプリン その2


カーディガンをちゃっちゃと完成させて、次はプリンセスアニーで何か編むんだ♪と夢想しつつ、実は編む物がなかなか決まらない。試作スワッチばかりが雨後のタケノコみたいに増えてね。

現在、フィルダー(AUTOMNE 05/06 TenDANCeS)のプルから編んでいるスワッチがあるんだけど、これがもうね、不思議で不思議でしょうがない、摩訶フシギ模様なんだ。

水仙の葉


実際の編み方を明記しないでこんなこと書くのもどうかと思うけれど・・・・

なぜ、一気に「3目減らす」なんていう大胆な減らし目政策に出て、それに1目かけ目しただけで目数がちゃんと合うのだろう?(減ってないんだ、ちっとも)

フィルダーの不思議スワッチ


わからない。
どうしてもわからない。

首を傾げる私の手元で、模様は着々と増えて行き・・・

フィルダーの不思議スワッチ その3


でもやっぱりわからない。
ブルース・リーが言ってたみたいに、「考えるな、感じろ」ってことなのかもしれないけど、やっぱりわからない。

慣れると簡単で楽しい模様ではあるんだけど。



部屋を飛び回るカメムシと闘いながら、ブログランキングに参加中 ↓

掃除機をバズーカ砲のように抱えてカメムシに迫る私に(吸い取る作戦)、励ましのクリックお願いします。 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.03.29(Sat) 18:45
先日、久々デパート回りなんぞして洋服をいろいろ見て回ったら、かわいくて色鮮やかなニットや面白いデザインの物が多数、それもかなり手頃な値段で出回っていて、なんというか・・・編み物モチベーションが一時、すさまじい勢いで急落した。

川辺の鴨カップル その2


こんなかわいい緑のカーディガンがこの価格で買えるなら、おしゃれなデザインのこのニットがこの値段で手に入るなら、一体私はなぜ、春夏糸のきしみだとか腱鞘炎のぶり返し等と闘いながら、わざわざ編み針を握り続けているのだろう・・・と、ふと頭と心が真空状態に。

真空状態のままランチバイキングに出かけて、胃袋だけははち切れんばかりに・・・

日赤跡の鳩 その2


でも翌日からふと、よくわからない情熱の炎が胸の奥で燃え出して、同時にくすぶりかけていた編み物魂に火がついて、ほっぽり出してあったカーディガンを燃える瞳で引っ張り出すとせっせと編み始めた。

糸のきしみなんて、もう気にしない(たぶん)。
猪突猛進で、↓まで進んだ。

SHORT-SLEEVED CARDIGAN、途中経過


ゴム編みに切り替わる所がパターン通りだとなんかうまく行かなくて、本の記述がエラーなのか私の読み取り方がエラーなのかよくわからないまま、何度もやり直した。

珍しく何回もほどいてチャレンジを繰り返す中、突如、家が停電。
夜中、それも2日続けて。

日赤跡の鳩 その3


幾多の苦難(大げさ)を乗り越えて、現在ゴム編みゾーンをひたすら猛進中。


今夜も編むべし。


ひと月先の桜の季節を待ち望みつつ、ブログランキングに参加中 ↓

お花見シーズン真っ盛りのみなさんは、楽しんでね。終わった方はお疲れ様っす。 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.03.25(Tue) 20:30
SHORT-SLEEVED CARDIGAN、↓まで進んだ。

SHORT-SLEEVED CARDIGAN、途中経過


少し小さめに編んで体にフィットさせるつもりが、実際当ててみるとずいぶん小さい・・・。予想以上の小ささ。
大丈夫かな。入るかな。ちょっとドキドキ。

思いの他スイスイ進むパターンで楽しいんだけれど、糸が激しくきしんで、このキュピキュピきしむ感じがどうも苦手で辛い。

毛糸が恋しいよ。毛の物が編みたい。
毛、毛、毛ーっ!って夕日に向かって叫びたい気分。

カメノコテントウ田中さん


前にも書いたけど、春夏糸で編むと自然と手がきつくなって腱鞘炎がぶり返す。
ツルツル滑る感じやきしむ感じがどうも苦手。

毛に比べると編地も重く感じて、手に負担がかかる気がするのね。技術的な問題も大きいと思うけれど。編み目の不ぞろい感も春夏糸はばっちりでるしなー。

・・・なんてことを考えていたら、「ひょえ?」って記述に出会った。


昨日も書いた、母にもらった本、昭和58年に日本ヴォーグ社から出た『はじめて編む手あみ』の中にある記述で、以下、その抜粋です。

ウールは寒い時に人間の体を暖かく守るものだと思い込んでいる方が多いでしょう。

ところがウールは、体から出る水分を吸収して外へ発散するという羊毛の毛のもつ特別な性質に加えて、外部から来る熱をさえぎり、また縮れによって皮フとの接触点も他の繊維より少ないため、暑い時にもさわやかに私たちの体を守ってくれるのです。

サマーセーターにもウール。
本当におシャレなニットファンは夏でもウールの袖なしや半袖ニットを愛用しています。



ええ~!そうなの?そうだったの?
さらに次のような記述も。


ウールは第二の皮フ、といわれ、赤ちゃんの衣類やおむつカバーにも欠かせない素材です。

赤ちゃんはまだ体温調節機能が発達していません。ちょっと暑いと汗をたくさんかきます。

そのまま放っておくと、赤ちゃんはカゼをひいてしまいます。ところがウールならいくら汗をかいても吸い取って、外へ発散させてくれるのです。

これはウールが外部の温度や湿度に応じて湿気を吸収したり発散したりする「吸湿・放湿性」をもっているからです。



な、な、な、なんと!
知らなかった。

ネットでいろいろ調べてみたら、ウールの持つこの吸湿・放湿性に注目したスポーツウエア業界が、最近では選手の衣類にウールを用いるようになったとか。

トップアスリートのウエアが、ウール。
目からウロコだった。

ウールマークのサイトでも、ウールの神秘的な特性がわかり易く説明してあった。

ならば、ならば、ウール製品ってもしかして、年間通してかなり長く着られるんじゃ?

春や秋に着るプルやカーディガンをウールで編めたら・・・それはかなり嬉しい。
見た目暑苦しくならないよう、糸選びは慎重に行わないといけないかもしれないけど。


・・・なんてことをあれこれ妄想しながら、リリーヤーンの激しいきしみと格闘中。


ブログランキングに参加中です。 ↓

おしゃれなニットファンの方、ウールって本当に夏暑くないですか?教えてくださいまし・・・

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



 

Trackback(0) Comment(5) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。