dj_top

しまねこはお好き?

最近あまり編めてない・・・・さぼりニッターの日記です。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

このブログをリンクに追加する

http://shimaneko11.blog28.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.10.27(Mon) 23:02
モモコがやっと完成。

DSCN4400.jpg

パターン: 「phildar HIVER TENDANCES 2005/06」より「VESTE」
糸:  ヴァラッロ(141) 14玉
針: 8号、6号、4号

今回、初のツイード糸体験。
次々と手元に現れるネップが可愛くて、メリヤス砂漠を突き進む間も飽きなかった。

途中、思っていたのと違う様相を呈してきて泣きそうになったりもしたけど、襟を編み始めてからやっと気持ちが落ち着いたっけ。
その時初めて、私、モモコのこの大きな襟に惹かれていたんだ、と悟った。

私はどうも大き目の襟に弱いみたい。(あと、フードとか)

DSCN4395.jpg

最後に前立てと襟を縫い合わせるんだけど、この縫い合わせ方にフィルダーさんなりの一工夫有り。

襟と前立て、それぞれ長さを2倍近く違えて縫い合わせるんだ。襟側から10cm、前立て側から4cmを取って、両者を「えいやっ!」と強引に縫い合わせる。(仕上がりは前立て側に合わせて4cm)

するともちろん、編地は「つれつれ」に。

でもこのつれつれが、襟元のクルリンとしたそり返しというか丸まりを作り出すんだった。
そうじゃなきゃ、多分ここ、もっと襟が立っちゃうんだと思うんだ。(たぶんね)

DSCN4384.jpg

襟は最後、引き返し編みをして、扇のように裾が広がるデザインにされてあった。

DSCN4388.jpg
(バンドをもっと上の、ウエスト部分に合わせて締めると↑のように)

そして今回、なんと言っても課題は、前立てと襟の、身頃への縫い付け!だったよね。

襟は結局拾い目してから編んだけど、前立ては後付け方法を選択。
そしてこれが案外私には合っていた。

DSCN4386.jpg

前立ての身頃への付け方、ちゃんと写真に撮っておけば良かったね。
夢中になって忘れておった(反省)。

思っていたほど難しくなかったし、私にとっては拾い目してから編むよりバランス配分がし易かった・・・・ように思う。

DSCN4394.jpg
(バンド無しの、リラックスももこ)


無事に完成してホッとしてます。

思ったよりも軽く出来ましたb



読んで下さってありがとうございます♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ 
スポンサーサイト

Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.10.19(Sun) 22:46
モモコ、のんびり、ひっそりと進行中。
180cmのバンドを無事編み終え、残すところ前立てのバンドのみとなっている。

DSCN4205.jpg

↑の写真は片方のバンドを編み終えて前身ごろに付けたところ。

最初は襟と同じく拾い目して編むつもりだったけど、ふと、考えが変わってね。

DSCN4139.jpg
(わずかな日光も逃さない。この執念が大事)

実は私、拾い目があまり得意じゃない。
「拾い目」って聞くだけで、それとなく目がどんよりしてきちゃう程に。

どうしてだろうね、お金を拾うのはあんなに楽しいのに。

逆にとじはぎはあまり苦にならない性質。

それで思ったんだけど、もしかして拾い目して編むより、チクチク後で縫い付ける方が私には合っているのかも? ・・・そんな美しい誤解をして、新たな道を突き進んでみることにした。

フィルダーさんの指示通り、バンドを別個に編んで後で縫い付けることに。

DSCN4164.jpg

でもフィルダーさんのやり方は(語学力不足で)よくわかんないから、いつものように小瀬千枝先生の本を読んで研究してみることに。

するとね、まさにどんぴしゃの方法が紹介されていたんだ。

メリヤスの段にゴム編みの目をとじていく方法。北欧で使われている技法なんだそうな。

小躍りしつつ、さっそく試してみた。

DSCN4207.jpg

こ・・・・・これは!!
・・・楽し~~!!!

引き抜きとじにちょっと似ていて、引き抜きとじマニアの私には嬉しい技法だった。(袖付けとか結構好きなんです。下手なくせに、好きなんです。ええ、ええ)

1本目のバンドはこうして無事とじ付けることに成功。
現在、2本目のバンドも編み上がって、あとは同じ方法でとじ付けるだけ。

DSCN4134.jpg
(しましまは、いつも美しい。世界中のしま模様に、幸あれ!)

先日、その包装も解かないうちに割ってしまった素焼きのジャック。

深い悲しみと絶望に打ちひしがれていた私だったけれど、翌日、不死鳥のようによみがえって、再びハロウィーン・グッズを購入しに同店へと向かった。

そして新たに購入したのが、↓↓

DSCN4159.jpg

DSCN4162.jpg

・・・・・今、↑のおニューのジャックを見た多くの人達が、「'08ハロウィーン祭り (in しまねこ部屋)」の規模が大幅に縮小されたことを悟ったと思うんだ。

かぼちゃのジャックが、卵のジャックに。
素焼きが、プラスティックに。
黒猫の手は、木の棒に。



でも、私は!
めげずに買い直した自分を褒めてあげたい!!
例えおニューのジャックが、100円を切る、超お買い得商品だったとしても。

DSCN4151.jpg
ギロッ。・・・・誰?ケチくさいとか言ってる人は?)

現在閉店セール中の手芸店の、同系列店の他店舗に、今日パトロールに行って来た。
お店の方に、「○○店はどうなるのでせう?私、手芸教室にも参加したかったんです(涙)」って話したら、お店は存続の形で話が進んでるって聞いた。

近くに新たにテナントを借りて続ける予定、って。

う、嬉しーー!!(涙)

手芸教室に関しても、「やめないで下さいっ!!」って熱い声が多数寄せられて、そちらも絶対に続けるとのこと。
うわーい(ToT♪

ちょうど先生もお店にいらして、少しお話させていただくことが出来ました。
「教室に参加させていただいてもよろしいでしょうかっ?!」って言うと、「どうぞどうぞ、いらして下さい」って笑顔でおっしゃって下さいました。

ううっ(涙)。嬉しい。

とにかく良かった。ほんと良かった。

今夜からぐっすり眠れます。

何事も、諦めたらいかんね。
編み物を愛してるのは私だけじゃなかった~~!!(当たり前よね)



読んで下さってありがとうございます(^^


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ノラさんのマガジンが破損していた件。

「届くのを楽しみに待っていたので、破れた本を見た時は残念でした」・・・みたいなメールを送ったら、翌日すぐに返信が来て、「ごめんなさい、ご要望があればすぐにお取り替えします」って主旨のことが書かれてあっただよ。

めんどうだから(笑)、取り替えるのはもういいんだけど(破れてても編む分には関係ないし)、やっぱりメールして良かったなぁって思ったよ。

例え、わずか数行のつたないメールを書くのに1時間以上かかったとしても、やっぱり言って良かった。

そうでなきゃ、今もずうっと、「なんだよぉ」って思ってたかもしれないものね。

 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.10.13(Mon) 20:48
モモコの写真をここしばらくアップしてないような気がしたので、重~い腰を上げて写真を撮ってみた。

DSCN4006.jpg

今はベルトを編んでます。
なんと180cmも編まなくてはなりませんのよ、奥様。

今やっと150cmくらいまで進んだ。

DSCN4001.jpg

DSCN4011.jpg

実はある時期から、「モモコは失敗かもな・・・」ってそうっと思ってた。
なんて言うか・・・・イメージしていたのとは違う物になりそうな予感がビンビンして。

身頃を完成させて、とじはぎして、それで軽く羽織って鏡の前に立って見た時の衝撃はなかなかのものがあった。
これは・・・・これは・・・・・まるではっつぁんでないの!と。(←※サイズ「袖丈50cm」って何だろうな・笑)

囲炉裏端で日本酒啜りながら鮎の串焼き食べてる時のはっつあんが羽織ってそうな・・・・羽織ってそうな・・・・袖無しはんてんみたいだよ♪(顔で笑って心で泣いて)

私は山谷初男さんのことは好きだよ。
好きだけれども、じゃあ自分がなりたいかって言うとまた別なんだ。

DSCN4009.jpg

その晩、私は涙で枕を濡らしながら、「何でこんなことになっちゃったんだろう?」って1人震えていたんだった。でも翌日からはまたなんとか気持ちを切り替えて、襟に取りかかったのね。

DSCN3992.jpg

このたっぷりとした襟を編み始めてから、私の気持ちはやっと少しずつ落ち着いてきた。

はっつぁんの羽織ってそうな袖なしはんてんからやっと、本来のフィルダーの「VESTE」へと軌道修正が図られた気がして。

そうして気が付いたんだけど、私はモモコのこのたっぷりとした襟元に惚れていたんだね。
ここがモモコの肝だったんだ、って初めてわかった。

DSCN3995.jpg

この襟、私の独断と偏見に満ちたフラ語解読によると、最後に引き返し編みが入ってる。

いつも思うんだけど、引き返し編みを考えた人ってすごいよね。
こうやって途中引き返しながら編むと斜め下がりのラインが出来るって、どうやって発見したんだろう。

ノーベル編み物賞もんだ!!

DSCN3998.jpg

バンドを編み終えたら前立てを編んでフィニッシュ!・・・と行きたいところなんだけど、糸が足りなくなりそうなんで、現在追加注文中。

糸が届くまで、のんびりバンド編みします。

DSCN3988.jpg
(猫用冬ベッド、出ました)

前回の記事で、「ちょっくら手芸教室に行って習おうか♪」って前向き発言した次の日、恐るべきことが発覚した。

そのお店、閉まっちゃうみたい(涙)。

正確には、お店がテナントとして入っていたデパートが閉まっちゃう訳だけど。

ほんと、がっくりきたよね。
がっくりきたし、淋しいし、不便になるし。

ブログを更新する気力も失ったまま、私は再び涙で枕を濡らしながらこの週末を過ごす羽目になったんだった。(今日お店に行ってチラッと聞いてみたら、「なんとかお店は続けたいけれど、どうなるかはまだ本部からの連絡待ち」って状況みたい)


暗いニュースにくじけそうになった今週末、1つ、強烈に素晴らしい出会いがあった。

それは叶恭子おねえさまが書いた『知のジュエリー12ヶ月』って本なんだけど。

鳴子百合の実

とても良い本だと噂には聞いていたけど、私は正直、半分シャレだろうと思ってたのね。

でも実際手に取って立ち読みしてみたら本当に驚いちゃって、とてもシャレで済ませられるような本ではなくて、私は自分の浅はかさと傲慢を恥じつつ、「おねえさま~、あたしが馬鹿でした、許して~!!」って叫びながらレジへと駆けて行ったんだった。

叶姉妹って、(実は)あまりよく知らないんだ。恭子おねえさまについてもほとんど知らなかった。

でもこの本を読むと、恭子おねえさまがどんなに聡明で、かつ苦労された方なのかってことがよくわかるんですのよ、皆様。

特に肉親について書かれた章なんか読むと、おねえさまが壮絶な痛みでもってある種の肉親関係をくぐり抜けて来られた方なんだろうってことが、言葉の端々から忍ばれますのよ、皆様。

DSCN3980.jpg
(↑窓端にいる「ヤツ」が見えますか?今度機会があれば、このヤツとの闘いについて書きます・・・)

私は今(・・・っていうか今さら?)、恭子おねえさまに夢中なんだ。

私、恭子おねえさまについて行くことにした。みんな、止めないでね。クレンジングオイルも明日からDHCに替えるから。

ちなみにおねえさまは、男性のことを「メンズ」ってお呼びしているんですって。なので今日から私も、男性陣を「メンズ」って呼んで行くことにした。よろしくて?パソコンの前のメンズ♪(って、読んでるメンズはいないと思うけど)


私は最近、どういう訳か、立て続けに立ちションしているメンズに遭遇して気持ちがふさいでいる。
「やめろよなー!じじいっ(怒)!!」って胸の内で叫ぶばかりで、他にはどうすることも出来ないでうつむく内気な私がいた。

でも今度からは言ってやるわ。勇気を出して言ってやるわ。
「こらっ、そこのメンズ!立ちションはおやめなさいっ!!」とな。(嘘です。無理です。言えないです)

私は世の立ちションするメンズに言いたい。

おしっこくらい、お出かけ前にきちんと済ましていらっさいね。
それがこの21世紀の文明国家に生きるメンズのたしなみではなくて?

3歳の甥っ子ですらちゃんと守ってることなんだけどなー。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

あと、立ちション見られて笑うのもやめて欲しいのね。見られると百発百中笑うのね、立ちション中のメンズ。 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.10.06(Mon) 22:16
モモコ、現在2本目の袖に突入中。

ほんと、ザックザックと進む子なの。

DSCN3925.jpg

↑は両前身ごろ。

もうね、どうなだめすかしても丸まっちゃうのね。意固地に丸まっちゃうのね。なので、丸まった彼らの姿をそのままお楽しみ下さい。

DSCN3929.jpg

↑ヘビみたい?
個人的には「イチゴうなぎ」って呼んでるんだけど。


DSCN3930.jpg
(↑ボブスレーチックに楽しむ2キューピー)


モモコの袖

↑袖の方も負けじと丸まる↑

幅広だってここまで丸まれるんだぞ、とでも言わんばかりに。
俺だってメリヤス編みの端くれなんだぞ、と言わんばかりに。

袖を仕上げたらドキドキの襟と前立てバンドに移るんだけど、考えた末、やっぱりどちらも拾い目してから編むことにした。

個別に編んで最後に縫い付けなんて、今の私には無理。気持ち的に無理。

DSCN3817.jpg

タイガ殿下も「ちまー・・・ちまー・・」っと地味に進んでおります。
モモっちが思いのほか早めに仕上がりそうなので(←あくまでも予定は未定)、その後殿下に集中しようかな、と思っとります。

それにしても、このところ目が行くのはニットコートやロングカーデ等の大物ばかり。

今「編みたい物リスト」に上記の大物が5着も入っていて、でもさすがにそんなの全部編んでいた日には、春を迎える頃にはニット廃人になってそうだから、脳内妄想も程ほどにしなくては(^^;

DSCN3816.jpg

突然ですが、みなさんもう来年のカレンダーは買われましたか?

私は昨日急に思い立ってアマゾンに注文したんだけど、今年は1つ、「ニッティング・カレンダー」なるものをネタとして注文してみようと思い、ポチしました。

毎年それとなく気になっていながら、なんとなく見送ってきたヤツ。

誰か買われたことのある方、いますか?

お取り寄せで、到着まで10日~2週間かかりそうなんだけど、届いたらそうっと耳打ちレポしますね。

DSCN3838.jpg

昨日午後に出かけようとしたら、思いがけず風が冷たくて「これは上着がいるなぁ」と思って引き返したら、母が一言、「そうだよ、今日は寒いよ。外套着て行きなさい」っておっさった。

外套って・・・・久々聞いたな。

DSCN3912.jpg

ずうっとお世話になっていたビデオ屋さんが閉まり、本屋さんも閉まり、至るところ、駅前がどんどんさびれて淋しくなって行く。
郊外大型店舗みたいなのはどんどんオープンするけど・・・・そんなの、車(or免許)持ってない人間はどうするんだって感じです。

お年寄りや子供達はどうするんだ。
いろんな事情で免許を持てずに(or持たずに)いる人達はどうするんだ。

せめて、町の手芸店は守りたいなぁ。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ


 

Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.10.02(Thu) 19:45
皆様、急に涼しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?
風邪などお引きになっておられませんこと?

御簾の陰から、本家しまねこでございますわ。お久しぶりね。

DSCN3811.jpg
(ちょっと不機嫌ですわ。カメラマンがしつこいのですわ)

今日はわたくしが、人間しまねこのつまらない近況をご報告しようと思って出て参りましたのよ。

どうやらしまねこが、ある決意を固めたらしいんですの。

あたし、負けない!
(「茨の道を行きます」←大げさ&自業自得)

これ以上タイガ殿下を放っておく訳にはいかない(猫の休憩マットにされるし)、けれどもヴァラッロちゃんのことも諦めたくない・・・・そう思ったしまねこは、これから両者を日替わりで編み編みすることに決めたそうなんですの。

おほほほほほ。
自分で自分の首を絞めて。相変わらず頭がピーマン(死語)ね。

DSCN3883.jpg

DSCN3889.jpg

今日も生温かくしまねこを見守っているわたくしですけれど、ヴァラッロちゃんの方はどうやら思いのほか順調に進んでいるらしいですわ。

DSCN3699.jpg


DSCN3701.jpg
(下のシーツが皺だらけなのは見逃して欲しいんだ。それが大人の優しさだと思うんだ)



DSCN3716.jpg

後々襟元で苦労しそうな予感はあるものの、今のところは快調にぶっ飛ばしているらしいんですの。

DSCN3722.jpg


DSCN3725.jpg
(↑すぐにこうやって自分のマット代わりに使う人がいて、本当に困るんだな)

ちなみにしまねこは、またしょうもない名前をこのジャケットに付けたそうなんですの。なんでも、「ももこ」って言うらしいんですの。

ええ、ええ、しばらくは色シリーズで行くつもりなのですわ。

おほほほほ。
小さな脳みそで考え付いた安易な発想の典型ですわね。

DSCN3855.jpg

そう言えばわたくし、最近しまねこに対して非常に腹を立てていたんですのよ。
ええ、ええ、マルカさんからヴァラッロちゃんが送られて来た時の立派なダンボール箱についてですわ。

DSCN3734.jpg

聞くところによると、この立派な雄鶏社の段ボール箱を下賎なたぬきが2階で1人占めして楽しんでいたと言うではありませんか。このわたくしに内緒で。

わたくし、それを知って早速しまねこを叱りつけてやりましたの。
「わたくしのお城に住まわせてもらっている分際で、なんと言う恩知らずな!まずはこのわたくしに献上するのが筋でしょうに!」と。

DSCN3728.jpg


わたくし、あの下賎なたぬきとはあまりにも身分が違い過ぎるゆえ、城内の居住スペースを上と下とで区切って住み分けしておりますの。
ええ、ええ、あのたぬきは2階の使用人部屋でしまねことつつましく暮らしているのですわ。

DSCN3711.jpg
(ミュウ女王のお怒りを買ったたぬき)

それにしてもこの雄鶏社の段ボール箱、本当に楽しくって心はずむ逸品ですわね。

DSCN3736.jpg

DSCN3735.jpg


まあ色々と腹の立つことはございますけれど、わたくしこれからも人間しまねこのことを、湯加減35℃位の生ぬるさで見守っていこうと思いますわ。

それでは皆様、今日はこの辺で失礼致しますわね。
ごきげんよう。

ごめんあそばせ。


読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ


 

Trackback(0) Comment(6) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ひよっこknitterのあみもの雑記, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。